長谷川平蔵 名言

週明けは歴史や名言に学ぼう!

週明けは名言ではじめよう 「心を支える日本人の名言」

Reading Time: 2 minutes 言葉には力があります。いつまでも心の奥底に残り、自分を支え、励まし、背中を押し、時にはあなたの人生すら変えてしまう力を持つ、そんな言葉を私たちは「名言」と呼びます。
SNSの普及によって言葉があふれる現代は、言葉の価値が不安定になり、言葉に振り回されやすい時代です。だからこそ、時代を超えて語り継がれる、本質的な価値を持つ名言が心を支えるのだと、明治大学文学部教授・齋藤孝先生は言います。齋藤先生が上梓した『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』を一部抜粋し、再構成し、その秘密を探ります。

ビデオオンデマンド・BS・CS情報

次の鬼平は誰?次回作はあるのか?

長谷川平蔵名言集

Reading Time: 2 minutes 鬼平こと長谷川平蔵は実際に実在した人物でした。この長谷川平蔵を世に知らしめたのは、故池波正太郎先生原作の”鬼平犯科帳”です。原作を読んだことがない方も時代劇「鬼平犯科帳」は、見聞きしたことがあるのではないでしょうか?長年、長谷川平蔵こと鬼平を演じてきたのは、人間国宝の中村吉右衛門さんです。その後に誰が”鬼平

ビデオオンデマンド・BS・CS情報

春日太一の木曜邦画劇場

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: 1 minute 昭和の時代劇を語る上で絶対的な存在であった能村庸一氏。その能村庸一氏を師匠と言っている春日太一さんの記事を紹介 […]

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「鬼平犯科帳 第六巻 盗賊人相書」より

長谷川平蔵名言集

Reading Time: 2 minutes 深川・熊野町の蕎麦や〔東玉庵〕に盗賊が押し入った。東玉庵には、主人の清太郎と女房のおしのと、四人の奉公人がいたが、盗賊が押し込んだ際に、清太郎と女房を含む五人が殴り殺し、有金をすべて奪って逃げた。事件の時に一人の奉公人が生き残った。名前をおよしといい、腹をこわして、便所にいたことで助かっている。およしは、便所で異常な物音に気づき、様子を伺おうと扉を開けた時、一人の賊の顔を見た。火付盗賊改方・同心の木村忠吾は、東玉庵に押し入った盗賊の人相書を作るため、およしを連れた、深川の北森下町に住む石田竹仙宅に向かった。