サッカー日本代表

ビデオオンデマンド・BS・CS情報

世界2位の快挙から20年…当時の気持ちを語る 中田浩二編

Reading Time: 3 minutes 中田浩二選手とユーティリティー性が高い選手というイメージですね。そのユーティリティー性を高めたのがフィリップ・トルシエ監督によってセンターバックにコンバートされた訳ですが、提供高校時代はボランチで全国高校サッカー選手権で準優勝のレギュラーメンバーだった。当然、自信があったはずですがコンバートされた時の気持ちなども語ってくれています。

ビデオオンデマンド・BS・CS情報

世界2位の快挙から20年…当時の気持ちを語る 南雄太編

Reading Time: 2 minutes サッカー選手の中でよっぽどの事がない限り選手交代がないポジションはゴールキーパーでしょう。世界2位の快挙をあげた当時の正ゴールキーパーとしてゴールを守った南雄太選手。その後も日本のゴールを守ると思いきやなかなか日本代表のゴールを守ることはなかった。その後Jリーグで自陣にオウンゴールを決めるという珍プレーをしてしまった。それも、自ら豪快にボールを投げ入れる。それでも現役でプレーを続けている南選手。20年前の快挙を語っています。

お節介オヤジの呟き

世界2位の快挙から20年…当時の気持ちを語る 小野伸二編

Reading Time: 3 minutes 今から20年前、1999年に日本サッカー界に歴史的な快挙をあげたメンバーがいる。「黄金世代」と言われた、小野伸二、播戸竜二、遠藤保仁、中田浩二など当時の気持ちを語っている。久保建英選手がレアル移籍でサッカーの話題もつきないわけですが、久保選手が生まれる前に歴史的な快挙をあげたサッカー選手たちがいたことを忘れてはいけないですよね。

ビデオオンデマンド・BS・CS情報

2019年はラグビーW杯ですが6月はサッカーがアツい!

Reading Time: 3 minutes 2019年はオリンピックの前の年というだけでなくラグビーW杯が日本で開催される年でもあるのですが…そんな2019年6月はラグビーだなくサッカーがアツい!んです。と言っているでしょう!  U-20日本代表 、U-22日本代表、なでしこジャパン、そしてA代表のキリンチャレンジカップ2019、コパ・アメリカと1ヶ月にカテゴリーは違えどこれだけサッカーの試合があるなんて”アツい”といっていいですよね?