長谷川平蔵名言集

Reading Time: 2 minutes
長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「泥鰌の和助始末」より

長谷川平蔵名言集

Reading Time: 2 minutes 鬼平の言葉 現代を生き抜くための100名言より 冬が来ると、一年一年、死ぬ日が近づいて来るようなおもいがする。 松岡重兵衛は平蔵にとって剣術の先輩であり、恩人でもあった。若いころ、平蔵と剣友・左馬之助は盗賊にそそのかされ、盗みを手伝おうとした。寸前で重兵衛が諫めてくれた。その松岡が盗賊として、平蔵の前に現れた。 

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「馴馬の三蔵」より

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: 2 minutes 口に出しては味ない、味ない 鬼平犯科帳 第十八巻 馴馬の三蔵より 大滝の五郎蔵や小房の粂八のように、改心して盗賊から密偵になったものは多い。盗賊たちからは狗(いぬ)と蔑まれ、ときにはかつての仲間を売らねばならない。平蔵の […]

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「深川・千鳥橋」より

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: < 1 minute 男の約束というものだ。 鬼平犯科帳第五巻 「深川・千鳥橋」より これはな、酒井。 男の約束というものだ。 相手が将軍様(うえさま)であろうとも、もと盗賊であろうとも、おれにとってはかわらぬことよ。 盗賊 大滝の五郎蔵は平 […]

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「むかしなじみ」より

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: < 1 minute 人のこころの奥底にはおのれでさえわからぬ魔物が棲んでいるものだ、ということだ 鬼平犯科帳第十巻「むかしなじみ」より 密偵・相模の彦十は二十年ぶりに「網虫の久六」に出会う。久六は労咳の息子のために大仕事をするという。助っ人 […]

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉 鬼平犯科帳第二巻「蛇の目」(くちなわのめ)より

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: 2 minutes 鬼平の言葉 鬼平犯科帳第二巻「蛇の目」(くちなわのめ)より 痺れる名台詞、寸鉄人を刺す格言、心を打つ人生訓。2700万部のベストセラー時代小説から名言・金言を総ざらい!池波正太郎 鬼平の言葉 現代(いま)を生き抜くための […]

長谷川平蔵名言集

【長谷川平蔵名言集】霧の七郎(なごのしちろう)

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: < 1 minute 最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』 霧の七郎(なごのしちろう) 原作あらすじ 江戸に出てきた上杉周太郎は、渋谷村の金王(こんのう)八幡宮境内で6人もの無頼どもを瞬時に倒した。これを見た霧の七郎は、そのみすぼらし […]

長谷川平蔵名言集

【長谷川平蔵名言集】麻布ねずみ坂

Reading Time: < 1 minute 最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』 麻布ねずみ坂 原作あらすじ 娘おみよの病と妻お初の薬料の支払いに、同心・山田市太郎は苦慮していた。 去年、二人の病気が相当危険だったとき、治療代に困って、山田市太郎は、本所の […]

長谷川平蔵名言集

【長谷川平蔵名言集】妖盗葵小僧

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: < 1 minute 最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』 妖盗葵小僧(ようとう あおいこぞう) 原作あらすじ 粂八の経営する船宿「鶴や」に来た不審な客・吉野屋治兵衛、京屋善太郎の会話から、妖盗葵小僧のしわざを知った平蔵は、その探索を […]

長谷川平蔵名言集

【長谷川平蔵名言集】本所・桜屋敷

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: < 1 minute 最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』 本所・桜屋敷 天明八年、小正月も過ぎた或る日のこと、逃走中の小川や梅吉の人相書きとそっくりの男を、本所・南割下水で見かけたという情報が、密偵岩五郎から佐嶋忠介を経て平蔵にもた […]

長谷川平蔵名言集

【長谷川平蔵名言集】血頭の丹兵衛

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: < 1 minute 血頭の丹兵衛 原作あらすじ 天明八年春、[小川や梅吉]らの処刑がすんで間もなく、別の役目へ昇進させようという老中松平定信のはからいで、長谷川平蔵は、いったん盗賊改方を解任された。 後任者として盗賊改方となた大崎源四郎は、 […]