週明けは歴史や名言に学ぼう!

Reading Time: 2 minutes

歴史的な人物の名言や現代ではあまり知られていない出来事などを紹介しています。
地上波ではあまり放送されない時代劇のことなども紹介していきます。
『鬼平犯科帳』(おにへいはんかちょう)は、池波正太郎による日本の時代小説。略称は鬼平。

長谷川平蔵名言集

梶芽衣子さんへの絶賛が次々と…

Reading Time: 2 minutes 中村吉右衛門さんが主演で未だに”鬼平”復活論がありますがその”鬼平”で重要な役割、平蔵の密偵”おまさ”。その”おまさ”を演じたのは梶芽衣子さんですね。出演した鬼平シリーズが終了し、演技以外での絶賛されていますね。

女優・梶芽衣子「『女囚さそり』のヒット、 婚約者からのDVがなければ、結婚してすっぱり引退していた」

ビデオオンデマンド・BS・CS情報

春日太一の木曜邦画劇場

鬼平の言葉 鬼平犯科帳

Reading Time: < 1 minute 昭和の時代劇を語る上で絶対的な存在であった能村庸一氏。その能村庸一氏を師匠と言っている春日太一さんの記事を紹介 […]

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉「消えた男」鬼平犯科帳第十巻より

長谷川平蔵名言集

Reading Time: < 1 minute 〔蛇骨(じゃこつ)〕の半九郎一味わずか2年間のあいだに、江戸市中から近郊にかけて押し込み20件、殺傷68名という非道なことをしていた兇賊であった。
火盗改メの任についている堀帯刀組(先手・弓の第1組)の同心・高松繁太郎(25,6歳)は、〔蛇骨〕一味の盗人宿のありかを聞きだすべく、一味の女賊お杉と接触、彼女へ与える逃走資金30両を組へ申請し、拒否された。

週明けは歴史や名言に学ぼう!

発言する人によって評価が違うんですね。

Reading Time: < 1 minute 発言する人によって評価が違うんですね。
有名人だけでなく同じ発言でも全く違う評価と言うか受け取り方が違うもんですよね。今回はタモリさんの下ネタが名言になっているそうです。
タモリが発した下ネタ名言を引用してオリジナルに展開してみよう

長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉 鬼平犯科帳第九巻「鯉肝のお里」より

Reading Time: < 1 minute 鯉肝のお里と異名をとる女賊がいる。腹が減ってふらふらの炬燵やぐら売りの男に飯を食べさせるが、店の女房にあらぬ勘ぐりをされ、腹立ち紛れに一両の小判を叩き付けて店をでた。その話が平蔵の耳に入る。引っかかりを覚える平蔵は、その女を見張らせる。

見張りは大滝の五郎蔵とおまさ。この二人、見張っている間に男と女の関係になってしまった。しかし、これこそ平蔵の計らいでしたことである。