未分類

あの伝説のドラマIWGPが無料視聴可能!U-NEXT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes

IWGPとは?

池袋ウエストゲートパークより引用

『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)は、石田衣良の連作短編小説集シリーズ。略称、『I.W.G.P.』。第1篇「池袋ウエストゲートパーク」が第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞、『オール讀物』への連載を経て、文藝春秋より1998年から2010年にかけて第1シーズン10巻が刊行された。3年半を経た2014年から第2シーズン既刊7巻が刊行されている。

後にテレビドラマ、コミック、ミュージカル、舞台、テレビアニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

作風

東京の池袋西口公園近くの果物屋の息子・真島 誠(マコト)は、“池袋のトラブルシューター”とも呼ばれ、依頼された難事件を次々と解決し、住民の幸福と秩序の維持を目指す。

文体は1人称小説であり、主人公マコトの回想録の形態である。ほぼ全ての作品において、冒頭で謎めいた述懐が読者に語りかけられた後、事件の展開を追うという構成を取っている。舞台となるのは主に池袋で、登場人物は主役脇役を問わず、多くがいわゆる「負け組」や「サイレント・マイノリティ」に分類されるような、周縁的な存在である。

本作は1冊分のエピソードを四季に分け1冊ごとに1年経過する設定になっているが、長期連載で第1シーズンで10年経過してしまい第2シーズンより一度リセットし再スタートをかけている。

外伝として、本編に登場する「サル」が、マコトではない主人公と共に活躍する『赤(ルージュ)・黒(ノワール)』、タカシを主人公にした第2シーズン設定の前日譚にあたる『キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇』がある(第1シーズンでは本作と矛盾する描写が存在する)。番外編としては、コミック「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載30周年記念企画の一環としての小説版に、「池袋⇔亀有エクスプレス」が収録されている。

あらすじ

池袋ウエストゲートパークマコト

(真島誠)は工業高校卒業後、母親が営む池袋の青果店を手伝っている。大学生のマサ(森正弘)、デザイン学校生のシュン(水野俊司)と池袋西口公園でつるんでいると、ギャルのヒカル(渋沢光子)、リカ(中村理香)に声をかけられ、一緒に遊ぶようになる。池袋のラブホテルで女子高生絞殺未遂事件が二件発生。その後リカが絞殺されたとの知らせが入り、マコトは刑事の吉岡の取り調べを受ける。リカの葬式のあと、ヒカルはマコトにリカが「センセイ」と呼ぶあやしい男とつきあっていたと打ち明ける。マコトはシュンにセンセイの似顔絵を描かせ、池袋のGボーイズのキング・タカシ(安藤崇)に連絡。池袋に似顔絵が配られ、ボーイズたちによるストラングラー(首絞め魔)大捜索が始まる。4週間後、ついにマコトたちは似顔絵の男を捕まえる。だが、男は窒息プレイは認めたものの、リカ殺害は否認する。マコトはヒカルを呼び出し、リカを殺したのはヒカルだと言い当てる。ヒカルはリカに男をあっせんしていたが、怖気づいたリカがマコトに打ち明けようとしたので、マコトの同級生・山井に命じて殺させたのだという。ヒカルは幼いころから父親に性的虐待を受けていた。マコトはヒカルの父親を待ち伏せし、袋叩きにして自分の気持ちにけりを付ける。その後ヒカルは父親をナイフで刺し、施設に入所。マコトはヒカルの聞いていたクラシック音楽を青果店店頭でかけるようになった。

エキサイタブルボーイ

前回の事件から池袋のトラブル解決が舞い込むようになったマコト。タカシが持ち込んできたのは暴力団・羽沢組組長の愛人の娘・天野真央行方不明事件。マコトは真央の付き人サル(斉藤富士男)と真央を探す。マコトは真央行きつけのセブンイレブンを監視するひきこもりの森永和範に気付く。和範のメモで真央を拉致した黒いバンが判明。サルは犯人の岡田春彦を縛り上げ、マコトとバンで所沢に向かい、山中で真央の遺体を発見。サルは岡田と決着をつけるため、マコトを徒歩で帰らせる。真央は消息不明のまま、岡田は婦女暴行罪で逃走中となった。

オアシスの恋人

マコトはシュン、ケンジ(砂岡賢治)と秋葉原で中古のマッキントッシュを購入。風俗嬢の千秋からは、恋人のイラン人・カシーフの捜索を依頼される。カシーフは千秋に覚せい剤を売りつけた売人・ヘビーEとトラブルになり、暴力団・天道会から追われる身となっていた。マコトはカシーフを店に匿う。マコトはシュン、ケンジ、機械に詳しいラジオと盗撮カメラを用意し、ヘビーEの覚せい剤売買を盗撮し、天道会との電話を盗聴。警察に匿名で通報し、証拠品を送りつける。ヘビーEら池袋の売人が一斉検挙され、カシーフは不法滞在で強制送還となった。

サンシャイン通り内戦(シヴィルウォー)

池袋で尾崎京一率いるレッドエンジェルスとG-ボーイズの抗争が激化。マコトは抗争を取材するビデオジャーナリスト・松井加奈と恋仲になる。マコトはレッドの幹部・磯貝と知り合う。抗争はついに死者を出す事態となり、マコトも何者かに襲撃される。池袋に羽沢組と対立する京極会進出の噂が入る。マコトは加奈がレッドを撮影したビデオをこっそりダビングし、横山署長に調べてもらう。磯貝が京極会の構成員であることが判明し、マコトはシュン、ケンジ、和範と一緒に磯貝をマーク。磯貝が京極会吉松組組長とホテルに入る様子を盗撮。マコトはタカシと京一が一対一でタイマンするとの噂を広める。ウエストゲートパークにレッドエンジェルスとG-ボーイズのメンバーが集まり決闘を待つ。立会人になったマコトはシュンたちに大スクリーンを広げさせ、磯貝と京極会の映像を見せる。磯貝は取り押さえられ、抗争は終結。京一はダンサーになるため池袋を去る。マコトは恋が終わった加奈から雑誌のコラムの仕事を紹介され、連載をはじめた。

池袋ウエストゲートパーク (テレビドラマ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E8%A2%8B%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E) より引用

真島 誠(マコト)演 – 長瀬智也

ソース画像を表示

通称「池袋のトラブルシューター」。血液型O型。常に帽子を被っている。地元・池袋の工業高校を卒業後に「プータロー」(フリーター)となり、実家の果物屋を手伝ったり賭けボウリングで小遣いを稼ぎながら、池袋西口公園=池袋ウエストゲートパーク(IWGP)で過ごしている。元は有名な不良だったが、性格は意志の強い正義漢で、池袋では名の知れた存在。そのため、マコトの家にはしばしば困難な依頼が持ち込まれるが、「めんどくせぇ!」の口癖からも分かるように面倒臭がり屋であり、当初は断ろうとするも、持ち前の好奇心と人の良さから結局首を突っ込む羽目になり破天荒な方法で解決する。 ボウリングが異様に上手く、俳優の川崎麻世と歌手の矢沢永吉の熱狂的なファン。いつも母親に悪態をついているが、店を手伝ったり母親が窮地に陥りそうな時は奮起するなど、実際は母親思いの青年であり、好物である焼きそばも母親の得意料理ということからも分かる。初体験を風俗嬢に強引に奪われた経験を持ち、それが原因で勃起障害になった。

渋沢 光子(ヒカル)演 – 加藤あい

マコトの彼女。お嬢様学校の生徒で、よく池袋に遊びに来ている。父親(池田成志)は交響楽団の指揮者、母親の和子(杉田かおる)は茗荷谷の大学勤務で、実家は裕福だが両親とも不在がち。マコトの女関係でやきもちを焼き、すぐ泣く。中学生時代にマジックマッシュルームと騙されてしいたけを食べてハイになったことから、あだ名は「しいたけ」(しいたけの回)。時折、別人のように恐ろしい表情を見せる時があり、マコトはその時の光子を「双子」と思っている。事件の全貌が明らかになった際、警察署の屋上から飛び降り自殺をはかるも、奇跡的に一命を取り留める(士の回)。 療養中に書いた小説がベストセラーとなり、サイン会を実施する(スープの回)。

安藤 崇(タカシ)演 – 窪塚洋介

ソース画像を表示

池袋を勢力下に置く、黄色を自身らのパーソナルカラーとして用いるカラーギャング集団「G-Boys」(ギャング・ボーイズの略、士の回では「ギリギリ・ボーイズ」の略と明かす)・「G-Girls」(ギャング・ガールズの略)の通称「キング」。血液型A型。飄々としたトリッキーなキャラクター性と非常に残忍かつサディスティックな嗜好を持ち、暴力と独特のカリスマ性で不良少年たちをまとめ上げている。喧嘩の実力は池袋最強。マコトとは高校の時の同級生で、高校卒業までは気弱な少年だった。マコトの資質に注目し何度も勧誘しては断られているが、親衛隊と呼ばれる配下と共にマコトの依頼に協力することも多い。 Black Angelsとの抗争の後、チームを解散し会社にした後 「ラーメン食いたいからラーメン屋やるなり~」と言って西口にラーメン屋を開店させる(スープの回)。 なお、タカシ役の窪塚は2020年に放送されたアニメ版の最終話にて依頼人役を演じている。

山井 武士(ドーベルマン山井)演 – 坂口憲二

池袋で最も切れている男。血液型AB型。凶暴で孤独、鼻と耳のピアスをチェーンで繋げているのがトレードマーク。マコトやタカシとは高校の時の同級生だが3回留年しているため、マコトたちより3歳年上。高校時代にドーベルマンと決闘し勝利して以降「ドーベルマン殺しの山井」と呼ばれていた。タカシに決闘を挑むも完敗。一時G-Boysの一員とされたが、薬物の売買に手を染めて破門され、後に尾崎京一と意気投合し、Black Angelsの一員になる。ヒカルを自分と同種の人間と認識しており、彼女に強い好意を持っている。

森 正弘(マサ)演 – 佐藤隆太

マコトの相棒の大学生。血液型B型。白に近い金髪。ボウリング場でアルバイトしながら、いつもマコトとつるんで池袋西口公園で遊んでいる。友人のシュンや電波くんにも彼女が出来たにもかかわらず自分一人は彼女が出来なかったり、やっと出来た美人の彼女・マドカ(山口あゆみ)が女子高生であったがために、彼女の友人達であるガングロギャルにリンチ後に、恐喝されかけ(洋八の回)、更には何かと手を焼いていた工藤雫(森本ゆうこ)もマコトに興味を持ってしまう(スープの回)など女運がない。シュンが殺された際は、G-Boysのメンバーとなった(十手の回・士の回)。

水野 俊司(シュン)演 – 山下智久(〜士の回)

ソース画像を表示

マコトの友達で、イラストが得意な専門学校生。血液型B型。アニメオタク(特に「ラムちゃん」が好き)だが、その事に触れられると不機嫌になる。マコトやマサとは本屋で万引きをするのを見つかったことから知り合いで、「いけふくろう」像を盗んだ時からマコトたちのグループと一緒に行動するようになる。内気で人見知りが激しいがマコトにはなついている。G-BoysとBlack Angelsの抗争に巻き込まれ、死亡。彼の死によって、G-Boysは徹底抗戦を開始するようになる(九州の回)。

森永 和範演 – 高橋一生(みかんの回〜)

ソース画像を表示

マコトの中学の時の同級生。当時は学年一番の秀才だったが、現在は完全な引きこもりで過ごしていた。マコトとの再会をきっかけに家を出ることに成功し、「姫」の捜索の際手がかりを提供する(みかんの回)。コンピューター技術に長け、後に情報屋となるが、引きこもり時代の反動から、再度引きこもってしまうのを恐れて自宅に戻れない「逆引きこもり」となり、寝る時以外は24時間営業のファミリーレストランで過ごすようになる。その後、情報屋をやりつつ、インターネットカフェをオープンさせる(スープの回)。

斉藤 富二夫(サル)演 – 妻夫木聡(みかんの回〜)

ソース画像を表示

池袋を仕切る暴力団「羽沢組系氷高組」の構成員で、羽沢組組長(村松克己)の娘である「姫」こと天野真央(麻倉かほり)の付き人。血液型O型。マコトの中学の時の同級生だが、高校時代まではいじめられっ子で、その反動でヤクザになる。小柄な体躯だが非常に闘争心が強く冷静な判断力も持ち合わせている。行方不明の姫の捜索をマコトに依頼し(みかんの回)、その一件以来マコトに恩義を感じて、情報の提供などで便宜を図っている。その後出世し、シンヤ(河原雅彦)、巨漢の二人(大黒坊弁慶、アブドーラ小林)といった舎弟ができる。

横山 礼一郎演 – 渡辺謙(〜士の回)

東京大学卒のキャリアを持つ、池袋西署の署長。連続女子高生絞殺未遂事件(池袋のストラングラー事件)を解決するために急遽配属となった吉岡刑事の後輩で、駆け出し時代の通称は「ハンサム」。マコトとはボウリングで愛車のBMW3シリーズを賭け、負けたこと(イチゴの回)をきっかけに知り合う。過去に自分の妻が犯罪者に傷つけられ歩けなくなって以来犯罪者(特に暴力団や不良グループのような「群れでしか行動できない連中」)を心底憎んでいる。署長になった現在でも自ら現場に関わろうと行動する真面目な男性だが、犯罪を潰すためならどんな手段(無関係の市民を冤罪に陥れる、反社会的勢力と取引をする、故意にカラーギャング抗争を誘発する等)でも使う冷酷な面もある。どこにも属さず行動を起こすマコトを危険視している部分があるが、その一方でマコトの才覚にも気付いており、彼に協力する場合もある。ギャング抗争の後、全責任をとって警察を辞め、探偵事務所を立ち上げる(士の回)。

池袋ウエストゲートパーク を見るなら無料トライアル実施中!<U-NEXT>

無料トライアル

お申込みから31日間、月額プラン利用料が無料でお試しいただけるキャンペーンです。
また、特典として、最新作のレンタルやマンガの購入に使える600円分のポイントもプレゼントしています。

※新規会員登録による無料トライアルはおひとり様1回までです。複数回のご利用は特典対象外になりますのでご注意ください。

  • トライアル期間は、登録日を1日目とし31日目までです。
    ※トライアル期間終了後は自動継続となり、月額プラン利用料が発生します。
    ※トライアル中もレンタル、購入は有料です。
  • トライアル終了後の料金は、登録日を1日目とし32日目に初回の月額プラン利用料(2,189円(税込))が発生。以後毎月1日に当月分の月額プラン利用料が発生します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサー