iPhone・MVNO

J:COMが本気になった?「J:COM MOBILE」がサービス強化 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



ケーブルテレビ大手のJ:COMが今も提供している携帯電話サービスを大幅にテコ入れを発表しました。料金プランもさることながら、所謂、スマホセットの端末、中でもiPhoneについてははっきりいって型遅れのiPhoneを提供してきましたが9/17からiPhone SE(第2世代)の提供が始まる。しかもプランによっては実質無料で提供される。大手キャリアからてもいいかも知れませんよ!

「J:COM MOBILE」がサービス強化 1GBで月額980円、iPhone SEが実質0円~ 石川社長は「MNO並み」と自信

ITmedia配信記事より引用

ジュピターテレコム(J:COM)が9月15日、MVNOサービス「J:COM MOBILE」のサービス強化を発表。ジュピターテレコムの石川雄三社長が、新生J:COM MOBILEの狙いや意気込みを語った。

9月17日から月額料金は据え置きで、0.5GBプランのデータ容量を1GBに、3GBプランのデータ容量を5GBに増量する。月額料金は1GBプランが980円(税別、以下同)、5GBプランが2980円、10GBプランが3980円、20GBプランが4980円。5~20GBプランについては、「スタート割」を適用すると、12カ月間1000円を割り引く。さらにSIMのみ契約で5~20GBプランを選ぶと、スタート割に加えてWeb割として6カ月間600円が割り引かれる。

1GBプランの月額980円は期間限定ではないことから、「ずっと980円は他社にないレンジ」と石川氏は自信を見せる。

J:COM MOBILE

改定したJ:COM MOBILEの料金プラン

さらに、17日から10GBと20GBのプランでは、データ容量超過後の通信速度を200kbpsから1Mbpsに増速する。石川氏は、Netflixが最低接続速度を0.5Mbpsとしていることを引き合いに出し、1Mbpsあれば動画をスムーズに見られるとアピールする。

余ったデータ容量は翌月に繰り越せるため、例えば10GBプランで5GB余ったら、翌月は15GBまで高速通信が利用できる。

公衆Wi-Fiスポットも強化する。現在はWi2 300の6万スポットを利用できるが、10月1日以降はau Wi-Fi SPOTを含めた10万箇所以上に拡充する。

J:COM MOBILE

公衆Wi-Fiスポットを10万箇所以上に拡充する

対面時間の許容時間として約半数が「10分以下」を希望するという調査結果もあり、9月24日からオンラインストアも強化。J:COM未加入のユーザーでも申し込めるようにする。「UIも磨き込んで、本人確認もスムーズな導線で申し込めるように作り上げた」(石川氏)という。

セット端末をよりお得に買い替えられるよう「スマホmoreプログラム」という施策も展開している。キャリアも導入している端末購入補助と同様の仕組みで、48回払いで購入して24回分を支払うと、残り24回の支払いが免除される他、割引価格で新端末を購入できる。

J:COM MOBILE向け新機種として「iPhone SE(第2世代)」を9月17日に発売する。価格は64GBが5万400円、128GBが5万7600円、256GBが6万7200円。新規契約で48回払い、10GBか20GBプランを選ぶと割引が適用され、月々の端末代金は64GBが0円、128GBが150円、256GBが350円となり、スマホmoreプログラムを適用すれば24回分の支払いで済む(128GBは計3600円、256GBは計8400円)。さらにApple Care+ for iPhoneを367円×24回で同時に申し込める。

J:COM MOBILE

割引を適用したiPhone SEの価格

5Gについては「しかるべき時期に導入したい」(石川氏)とのことだが、当面提供していく4Gサービスのセット端末は、「リーズナブルで高機能」なものを選んでいくとした。

1GBが月額980円で、5GB以降は(半年間は)月額最大1600円が割り引かれるという料金の安さに、データの繰り越し、1Mbpsで使い放題、端末代金の免除施策などを加え、石川氏は「MVNOの料金でスペックはMNO並み」とアピールした。通信品質については「MVNOの中ではかなりいい品質を維持できていると思うが、大半時にMNO並みになるのは難しい」とのこと。

J:COM MOBILEでは訪問営業やスマホ教室、遠隔サポートなどを提供していることから、シニア層からの支持が大きく、60代以上のユーザーが約6割を占めるという。

一方で、スマートフォンの買い換えで重視するのは「端末価格」と「通信料金」というシンプルな調査結果も出ており、モバイルデータ通信は年々増加している。そこで料金プランを改定し、端末をお得に運用・機種変更できる施策を充実させた。これによって若年層にも訴求していく考え。従来のJ:COM MOBILEとはテイストの異なる「J:COMモバイル ルンルンルン♪」といったポップなキービジュアルも用意する。プロモーションも「今までにないくらい強化する」(石川氏)という。

J:COM MOBILE公式HPはこちら

関連記事:ケーブルテレビ大手J:COMの携帯サービス大幅刷新!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー