ドラマあれこれ

「監察医 朝顔」セカンドシーズンでなくてもイイので続編を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



『監察医 朝顔』セカンドシーズンでなくてもイイので続編を!

レギュラー放送は9月23日の放送で終了した『監察医 朝顔』。”月9らしくない””こんな上野樹里見たことない?””最終回詐欺”など視聴者から賛否両論がある『監察医 朝顔』ですが、9月30日に『監察医 朝顔 特別編~夏の終わり、そして~』が放送されます。あくまでも個人的な意見ですが、映画化とかセカンドシーズン等のシリーズ化というよりも”北の国から”の様に年に1~2回のスペシャル版で時事ネタを織り交ぜたスペシャルドラマ化を期待したいですね。

北の国から’02遺言をご覧になりたい方はこちら

『監察医 朝顔』フジテレビの“時代に寄り添う”手腕が発揮? 高視聴率を獲得した理由とは

RealSound 2019.09.30配信記事より引用

 

先週最終回を迎え、本日9月30日に特別編が放送されるドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)。原作の同名漫画では、主人公の母親が阪神淡路大震災で亡くなっているが、ドラマでは、それを東日本大震災で行方不明と置き換え、また、朝顔(上野樹里)を新人の監察医として描くなどのいくつかの変更も見られた。

全11話で視聴率2桁を維持、平均視聴率は12.6%という高視聴率を獲得した本作(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。これまでの「月9」のテイストとは異なる作風だが、今期ドラマの中で非常に高い満足度を獲得した作品のひとつと言えるだろう。高い評価を得た理由について、ライターの木俣冬氏はこう分析する。

「東日本大震災から8年という月日が経ちましたが、8年経ったからといって解決していないこともまだまだあります。“忘れてはいけない”という空気が今の日本にはあって、『監察医 朝顔』は、そんな日本人の気持ちに寄り添う内容になっていたのではないでしょうか。未曾有の大震災であり、震災後すぐにはショックが大きくてなかなかドラマの中では描けなかったり、また、過去に震災があったことを示唆するようなドラマはありましたが、主人公自身も被災者であり、家族の1人が今も見つからず、それが今の自分の生き方に影響を与えているというところまで踏み込んだ作品は、本作が初めてだったのではないでしょうか」

「監察医 朝顔」セカンドシーズンでなくてもイイので続編を!
朝顔が新人法医学者として遺体と真摯に向き合うパートと、父・平(時任三郎)、パートナー・桑原(風間俊介)とともに生活を送り家族を築くパート。本作は2つの軸でストーリーが展開されたが、それも成功の要因のひとつだ。

「法医学はじめ、医療ものや刑事もののドラマが今流行っていますが、その多くは、働いている職場の様子が中心になっていて、主人公の生活面や家族についてはあまり触れないことがほとんどです。その中で、本作は仕事と生活を半分半分で描いており、新しい試みだったのではないでしょうか。

朝顔が新人監察医からスタートし、結婚して子供が生まれて成長して……とドラマの中で実はかなり長い時間が経っています。日常シーンの取り入れ方や、“女性の主人公が家庭を維持しながら仕事している”という点も含めて、朝ドラ的な印象もありました。特におっ!と思ったのは、朝顔が入籍前に、三つ指ついて父親に『今まで大切に育ててくれて、ありがとうございました』と言ったシーンです。以前『みんなの朝ドラ』(講談社現代新書)という書籍を書いた時に『なつぞら』の脚本家でもある大森寿美男さんに『朝ドラにルールはあるんですか?』と聞いたら、『嫁ぎの儀式は必須』とおっしゃっていて。もともと、朝ドラは日本にある家庭の儀式的なものを取り入れてきましたが、ドラマの潮流としても、今ホームドラマに回帰してきている部分があるかもしれません。

「監察医 朝顔」セカンドシーズンでなくてもイイので続編を!

今までの月9は食事のシーンがあっても、外でみんなが集まって溜り場的なところで一杯やるっていうのが多かったんですが、今はみんなあまり外に飲みに行かず、家でみんなでご飯食べましょう的な流れがある。そんな世間の流れに敏感なところもフジテレビらしさではないでしょうか。たくさんの人の心に応えるものを作ろうとする姿勢を感じました」

上野樹里と風間俊介の相性の良さ

上野樹里、時任三郎、風間俊介という3人のメインキャストの演技にも絶賛の声が寄せられた。特に上野樹里は、『のだめカンタービレ』(2006年)以来13年ぶりの月9主演となり、当時とはまたイメージの異なる朝顔というキャラクターを真摯に演じた。

「上野さん、時任さん、風間さんは3人ともしっかりお芝居ができる人で、スター性を全面に押し出すことなく、役にすっと入れる役者だと思います。また職場の人たちも中尾明慶さんや志田未来さんなど若いながらもお芝居のうまい方たちが揃っていて、そこに山口智子さんが違う角度で入ってきたり、平岩紙さんも巧いし、全体のバランスも含めてなかなか得難いキャスティングだったと思います。

「監察医 朝顔」セカンドシーズンでなくてもイイので続編を!

特にやっぱり上野さんは本当にすごい方だなと。『のだめ』にはつい振り切れたイメージを抱いてしまいますが、のだめは本来、天才でピアノに真面目に向き合っていて圧倒的な力を発揮するけど、それ以外の時はおとぼけキャラという人。それを上野さんはしっかりやっていて、当時から力のある人だなと感じていました。また、最近それほどたくさんの作品に出ていたわけではなかったのもよかったかもしれませんね。先入観もいっさいなく、視聴者も朝顔として受け止められる。物語と企画的な意図にしっかりはまっていたと思います。また、風間さんとも相性がよかったのではないでしょうか。最初のほう、朝顔が我慢しているところを桑原が代わりに泣くシーンがありましたが、脚本においてもうまく役割分担ができていて、2人の繋がりも出るし、ゆくゆくは結ばれて家族になっていくに値する関係性が序盤から描かれていました。脚本の根本ノンジさんは、最近だと『サ道』や『フルーツ宅配便』(共にテレビ東京系)も手がけています。ベタベタしないヒューマンドラマをしっかり書ける方で、ドライな目線もありつつ、生きている人のリアリティや生々しさを描いていて、個人的にも注目しています」

今夜放送の特別編では、本編のその後を描き、新たな事件が起こる一方で、朝顔と桑原の出会いも明かされるという。震災のあの日から一歩踏み出した朝顔たちのその先に待つ未来にも注目だ。

(文=若田悠希)

上野樹里、月9ドラマ『朝顔』13.3%で有終フィニッシュも「2つの詐欺」に視聴者ズッコケ!

日刊サイゾー2019/09/25 11:45配信記事より引用

「監察医 朝顔」セカンドシーズンでなくてもイイので続編を!

上野樹里主演のフジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』の最終話が23日に放送され、平均視聴率13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。月9ドラマとしては、2年ぶりに全話視聴率2ケタ超えとなった。

しかし、視聴者からは「予告編詐欺」「最終回詐欺」との声が続出しているという。

「前回の放送では、上野樹里演じる朝顔の夫である桑原真也(風間俊介)が土砂崩れの下敷きになり、土砂から結婚指輪をした彼の腕だけが伸びているという衝撃のシーンで終了。原作でも真也が死亡していることから、多くの視聴者は朝顔が最愛の夫の遺体を解剖する涙の展開を予想していた。しかし、最終話で桑原は救出されてあっさり生還。視聴者をズッコケさせました」(テレビ誌ライター)

しかも、翌30日に「特別編」が放送されることも発表され、これには余韻に浸っていた視聴者から「余計なことをするな」「最終回で完結させておけ」とのブーイングが飛び交っている。

「昨今、ドラマがヒットした場合、テレビ局はそのコンテンツを骨の髄までしゃぶりつくして利益につなげようとするのがトレンドになっている。しかし、月9では4月期に放送された『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』も翌週に2時間の特別編が放送されたものの、その実態は『総集編』だったため、苦情が殺到したものでした。『朝顔』も新しいストーリーがないのであれば、逆効果になるかもしれません。ともあれ、一部で『トレース~科捜研の男~』の続編が内定していたところ、主演の錦戸亮がジャニーズ脱退でお蔵入りになったといわれています。そのため、フジはその穴埋めとして『朝顔』を猛プッシュすることにしたのかもしれません」(テレビ誌ライター)

風間を生かしたままにしておいたのも、続編のためだったのだろうか?



<<フジテレビ公式動画配信【FODプレミアム】公式HPはこちら>>

関連記事:「監察医 朝顔」最終回直前 上野樹里の演技力と最終回予測

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー