ドラマあれこれ

実際には結婚した阿部寛が「まだ!結婚できない男」10月8日スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



実際には結婚した阿部寛が「まだ!結婚できない男」10月8日スタート

阿部寛さんと言えばモデル出身でシリアスな演技からコメディーまで演じることができる俳優さんのひとりですよね。「結婚できない男」が放送された当時、阿部寛さんも結婚されておらず、ドラマなのか実生活なのか?なんて思ってしまった視聴者も多かったのではないでしょうか?その「結婚できない男」の続編の放送が決定!タイトルは「まだ!結婚できない男」その主題歌はEvery Little Thingの『スイミー』で阿部寛さんの奥様がELTのファンで主題歌を要望したという。放送開始が楽しみですね。

阿部寛 続編主演にあった異例直訴「妻の好きな曲を主題歌に」

 

実際には結婚した阿部寛が「まだ!結婚できない男」10月8日スタート

「続編の実現は、阿部さん自身が強く希望していたこと。だから前作と同じスタッフが制作することになったと聞いて、大喜びだったといいます。同時に『もう13年か……』と言って、当時を感慨深げに振り返っていたそうです」(ドラマ関係者)

10月8日からスタートする阿部寛(55)の主演ドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)が早くも話題を呼んでいる。

06年に放送された「結婚できない男」の続編となるこのドラマ。前作で阿部は“40歳になっても結婚できない男”をコミカルに演じ、平均視聴率17.12%を記録。最終回では、22%もの高視聴率を記録していた。

そんな人気ドラマの続編とあって、局側の期待も高まっているという。だが前回放送されたのは13年も前。その間に芸能界も大きく様変わりしているため、キャスティングに頭を悩ませることもあったようだ。

「前作で阿部さんのライバル役だった高知東生さん(54)は、16年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けています。スタッフも続編内でどう扱えばいいか、困り果てていました。結局、役名だけをSNSのやりとりに登場させて乗り切ることになりました(苦笑)」(前出・ドラマ関係者)

当時の阿部は役柄同様、40歳を過ぎても独身だった。だが放送翌年の07年に、15歳年下女性との結婚を発表。会見では「『結婚できない男』が結婚することになりました」とコメントしていた。

その後、妻との間には2人の女の子を授かった阿部。そんな彼が今回、制作側に強く熱望していることがあった。

「前作の主題歌はEvery Little Thingの『スイミー』でしたが、阿部さんは『ぜひ今回も同じ曲にして下さい』と懇願したそうです。というのも、阿部さんの奥さんはELTの大ファン。特にこの曲が好きで、よく鼻歌で歌っていたそうなんです。それを知っている阿部さんは、奥さんへの“感謝のサプライズ”として主題歌続投を提案したのでしょう」(別のドラマ関係者)

その結果、続編の主題歌は前作の主題歌をアレンジした「まだスイミー」に決定。Every Little Thingのボーカル・持田香織(41)がソロで歌い上げる“特別バージョン”に仕上がったという。

曲の出来栄えについて「改めて聴くと、自分も『あ、ここに帰ってきたな』と思える」と語っているという阿部。放送の日を、妻も心待ちにしていることだろう。

まだ!結婚できない男 第1話2019.10.08 ON.AIR

カンテレHPより引用

“結婚できない男”桑野信介(阿部寛)が帰ってきた!50歳を過ぎても、相変わらず独り身を謳歌する桑野は、今度こそ結婚するのか、しないのか!?

桑野信介(阿部寛)は腕のいい建築士。ルックスもさることながら収入も人並み以上だが、「メリットがない」という考えから結婚の経験はなく、さらに、偏屈で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強いので、恋人を作ることもなく、気楽なシングルライフを送っていた。母の桑野育代(草笛光子)と妹の中川圭子(三浦理恵子)は、そんな“結婚できない”桑野の性格を嘆くが、唯一、義弟の中川良雄(尾美としのり)だけは良き理解者。さらに、かつての部下で、現在は共同経営者の村上英治(塚本高史)も、長年の付き合いから桑野の性格を熟知していた。

実際には結婚した阿部寛が「まだ!結婚できない男」10月8日スタート

そんなある日、日課のエゴサーチで、桑野を非難している“やっくんのブログ”の検索ランキングの順位が上がっていることに気がつき、桑野は怒りをあらわにしていた。近所でたまたま事務所を構えていた弁護士の吉山まどか(吉田羊)に相談するが、例のごとく、偏屈な発言を連発する桑野の言動に、まどかは戸惑いつつも「敵を作りやすい」とチクリ。しかし、嫌味など意に介さない桑野は、後日、まどかの弁護士としての実力を測るべく裁判所を訪れ、驚くまどかをしり目に離婚裁判を傍聴するのであった。

実際には結婚した阿部寛が「まだ!結婚できない男」10月8日スタート

まどかは、夫からの離婚の申し出に同意しない妻・岡野有希江(稲森いずみ)の代理人で、この日は原告である夫の浮気が争点に。しかし、浮気を決定づける証拠はなく、有希江は圧倒的不利な状況。閉廷後、偶然トイレで原告の夫と弁護士の話を聞いてしまった桑野は、「お金よりも平穏な暮らしがしたい」と和解の提案を受け入れようとする有希江に「和解はどうかな…」と、余計な口出しをしてしまう。

一方、桑野が暮らすマンションの隣の部屋には、若い女性、戸波早紀(深川麻衣)が引っ越してきた。桑野は早紀の荷物をジロジロ見て話しかけたり、大音量でクラシックを聴いたりするが、そんな桑野に早紀は…?

実際には結婚した阿部寛が「まだ!結婚できない男」10月8日スタート

結婚できない男

実際には結婚した阿部寛が「まだ!結婚できない男」10月8日スタート

主人公・桑野信介は腕のいい建築家。その能力は評価され、仕事も多く人並み以上の収入を上げている。しかし性格的には偏屈で独善的、そして皮肉屋。パッと見、女性を引きつけるものを持っているが、実際に付き合ってみると、女性は彼のキャラに辟易し、すぐに彼の元を去ってしまう。そんなことが何度も続くうちに信介は自分には恋愛も結婚も必要ないと思うようになり・・・。ところが、そんな彼が一人の女性と出会う。この女性・早坂夏美は、それまで信介が会ったことのない、ある種の強さを持った女性だった。信介のキャラと向き合っても、彼をすぐに否定はせず、かといって肯定もせず淡々と向き合う夏美。信介は女性とのそんな関わり方は初めてで、戸惑うのだった。しかし、それがきっかけとなり、膠着(こうちゃく)していた信介の人間関係がにぎやかに。※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上、お楽しみ下さい。

<<【FODプレミアム】公式HPはこちら>>

関連記事:『結婚できない男』続編、10月期放送

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー