スポーツで熱くなろう!

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

アジアで初めて開催される「ラグビーワールドカップ」開幕まであと4日になりました。日本でラグビーを有名にしたと言ってもいいドラマは「スクールウォーズ」でしょう。「スクールウォーズ」と言えば山下真司さんが主演で小沢仁志さんや松村雄基さん伊藤かずえさん他が出演したドラマですね。ワールドカップ前に見直してみたいところですが、現在、配信中はTBSチャンネル(CS)とParavi(パラビ)となっていますね。(共に有料)有料で見るのはちょっとと躊躇してしまう方にはせめて名セリフと写真で「スクールウォーズ」を振り返って頂き、ラグビーW杯を盛り上げていきましょう!

※Paravi(パラビ)の初月は無料視聴可能。詳しくは公式HPをご覧下さい。

 

「スクール・ウォーズ」胸アツの名ゼリフ発表!

シネマトゥデイ2016年6月24日配信記事より引用

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

滝沢賢治の名言:お前らゼロか? ゼロの人間なのか? 何をやるのもいい加減にして、一生ゼロのまま終わるのか? それでいいのか? お前らそれでも男か? 悔しくないのか!!(第8回『愛すればこそ』より)

ブルーレイボックスの発売が決定した熱血スポ根ドラマの金字塔「スクール・ウォーズ」。今もなお熱烈な支持を集め続ける本シリーズの名ゼリフを振り返ってみた。

かつて全日本の名フランカーとして名を馳せた山口良治氏をモデルに、京都伏見工業高校ラグビー部が全国大会優勝を果たすまでをつづった馬場信浩の小説「落ちこぼれ軍団の奇跡」をドラマ化した本作。ラグビー元全日本メンバーの滝沢賢治(山下真司)が、校内暴力で荒れる川浜高校に赴任し、“信は力なり”をモットーに問題児の指導に奔走し、弱小チームだったラグビー部を全国大会優勝に導いていく。1984年10月6日から1985年4月6日まで、TBS系にて毎週土曜21時に放映された本作は、校内暴力・学園荒廃が社会問題となっていた当時猛反響を呼び、続編となる「スクール・ウォーズ2」(1990~1991)が放送され、2004年には照英主演の映画『スクール・ウォーズ HERO』が公開された。

「スクール・ウォーズ」の魅力と言えば“泣き虫先生”こと滝沢のアツさ! ライバル・相模一高に109対0で負けた際に「お前らゼロか? ゼロの人間なのか? 何をやるのもいい加減にして、一生ゼロのまま終わるのか?」と滝沢が叫んだ伝説のシーンを筆頭に、危機に直面した生徒たちに呼びかける彼の魂の叫び。そして、恩師・藤山(小笠原良智)の「相手を信じ、待ち、許す」や、大木大助(松村雄基)、森田光男(宮田恭男)、水原亮(小沢仁志)、イソップこと奥寺浩(高野浩和)ら生徒たちの胸アツの名ゼリフの数々は30年以上経っても色あせない。(編集部・石井百合子)

泣き虫先生の7年戦争 スクール ウォーズ / DVD BOX / HDリマスター版 TBSオリジナル特典付き 送料無料 8枚組 / 山下真司 岡田奈々 松村雄基 伊藤かずえ 岩崎良美 ソフト【TBSショッピング】

価格:29,160円
(2019/9/16 06:47時点)
感想(0件)


「one for all、all for one」

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

元オールジャパン監督・大北達之助の名言(回想シーン):ラグビーにおいて最も基本的な心がまえは、「one for all、all for one」。一人一人がチームのために己を捨て、各々の責任を全うしてこそ初めて勝利がうまれてくる。そのために最も必要なものは勇気である。その勇気の源は使命感であり、仲間への連帯感。使命感と仲間を信じる心から奇跡は生まれてくるのだ(第1回『それは涙で始まった』より)

ラグビー オールジャパンで活躍した滝沢賢治は、現役を引退し川浜市教育委員会に勤務する傍ら少年達にラグビーを教えていた。
そこに偶然、川浜高校の校長 山城が通りがかり賢治の練習風景を見る。山城の勤務する川浜高校は、校内暴力のはびこる県下一の札付きの問題校。
賢治のコーチぶりに惚れ込んだ山城は、賢治を川浜高校に迎えようと賢治の元を訪れる。最初は乗り気でなかった賢治だが、来る日も来る日も訪れる山城の熱意に次第に心が揺らいでくる。賢治の妻 節子は、賢治に秘密で川浜高校を訪れるが、そこで校内暴力の現場を見てしまう。不良達は授業中の教師を2階の窓から外に放り出してしまった挙句、警察が出動する事態となってしまったのだ。
翌日、居酒屋で酒を飲む山城の元を賢治が訪れる。山城は賢治に校内の問題に警察が介入したことを悔いて職を辞する事を告げるが、賢治は自らが川浜高校の教師となる決意を伝え山城と共に闘う事を誓う。

お前らゼロか? ゼロの人間なのか?

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

お前らがやったことは裏切りだ…。

いいか、早朝練習に出るお前たちの為に、毎朝早く起きてくれてご飯を作ってくれたお母さんたち、汚れたジャージを毎日毎日洗ってくれた山崎君、仕事を休んでまで応援に駆けつけてくれた人々、そういう、陰で支えてくれた大勢の人々の信頼を、お前たちは手ひどく踏み躙ったんだ!俺はそのことを言ってるんだ!

俺は、他人を顧みない優等生よりも、お前らのが好きだ! しかし今日のお前ら最低だっ! それはラグビーを舐めているからだ!

生きるって事を馬鹿にしてる!今自分のやっている事をひた向きにやらないで、この短い人生で一体何が出来ると思ってんだっ!

よく考えてみろ、相手も同じ高校生だ、同じ年、同じ背丈、頭の中だってそう変わらんだろ!それが何で109対0なんて差が付くんだっ!

お前らゼロか?! ゼロの人間なのかっ?!何をやるのもいい加減にして、一生ゼロのまま終わるのか?!それでいいのか、お前らそれでも男かっ、悔しくないのかぁ!! 」

俺たちを裏切るのはかまわんが、お前は、お前は自分を自分で裏切ろうとしているんだ

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

脳腫瘍に侵され命の危機に晒されるイソップ。賢治はそのことを本人にもラグビー部員にも言い出せなかった。そんな時、監督の勝俣の計らいにより相模一高との練習試合が決まり、ラグビー部は色めき立つ。

しかし、ひょんなことから自分の本当の病名を知ったイソップは絶望し、行方不明となってしまう。部員総出でイソップを探すが見つからない。そうこうしている内に相模一高との練習試合の時間が迫る。

「イソップ! 最後にこれを見ろっ!こいつをデザインした時、お前はどういう思いを込めたっ?!

どんなことがあっても戦おう、そういう願いだろっ!だから俺たちはこいつを採用したんだっ!ところが、本人のお前がそれを裏切ろうとしている!
俺たちを裏切るのは構わんが、お前は、お前は自分で自分を裏切ろうとしてるんだっ!

お前なんか…お前なんか惨めなドブネズミだっ!(滝沢賢治)」

大木、もうノーサイドにしろ

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

全国大会予選の県大会が始まり、大木をキャプテンとした川浜高校ラグビー部は順調に勝ち進んで行ったが、賢治は大木の不調が気に掛かった。

そんな折、富田圭子の本当の父親である名村謙三が彼女を訪ねてやってくる。賢治は大木のことを考え、謙三に近付かないよう頼むが、意外なところで彼らは顔を合わせてしまう。

お母さんの手術代を出してくださったのは名村さんだ。名村さんは十分苦しまれた。その名村さんを殴れば、試合が終わった相手を殴るのと同じだ。大木、もうノーサイドにしろ

ラグビーは人生そのものだ。

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

卒業を控えた大木は地元の川浜電機に就職が決まっていたが、突如として川浜電機のラグビー部が解散となり、それに伴って大木も
採用取り消しになってしまう。

一方、大木からキャプテンの座を譲り受けた平山率いる川浜高校ラグビー部は来るべき新人戦に備え、練習試合を重ねたが、その結果は思わしいものではなく、賢治は自分の指導方法に行き詰まりを感じてしまう。

ラグビーは人生そのものだ。ボールに対する執着心が勝利を呼ぶように、最後まであきらめない執着心が人生には必要なんだ(第22回『勝ってから泣け』より)

人間には失敗する権利があります。

2019ラグビーW杯開幕まであとわずか スクールウォーズの名言を振り返る

川浜高校ラグビー部は、コーチにウェールズ出身のマークを向かえ国体に出場したものの、決勝戦で城南工大高に引き分けに持ち込んだが、それは惜負に近いものであった。

このスランプを脱しようと、賢治は下田大三郎が作った商店街ラグビーチーム“浜っ子クラブ”の練習を参考にするが、清川だけは著しい不調を脱しきれずにいた。

確実にミスしない方法が一つだけあります。何もしないことです。でもそれは死んでるのと同じことです。生きてて何かすればミスをするのは当たりまえです。人間には失敗する権利があります。さあ、どんどんミスをしてのびのびとプレイをしましょう。

 

<<<スカパー!公式HPはこちら>>>

 

関連記事:ラグビーワールドカップ2019日本大会 全試合4K放送はJSPORTS

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー