ドラマあれこれ

話題沸騰!山田孝之ドラマ『全裸監督』森田望智が熱演も話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 3 minutes



話題沸騰!山田孝之ドラマ『全裸監督』森田望智が熱演も話題に

Netflixオリジナルドラマ『全裸監督』はもうご覧になりましたか?タレントの有吉弘行さんもイッキ観してしまったとツイートされていましたが、実際観始めると本当にイッキ観してしまいそうになります。時間がある方は是非、イッキ観しては?そんな話題沸騰中の『全裸監督』ですがNetflixオリジナルドラマという事で世界180カ国配信されるといいます。主演の山田孝之さん以上に森田望智さんの演技も話題になっていますね。まだ『全裸監督』をご覧になっていない方は早めにご覧になった方がイイと思いますよ!

山田孝之“伝説のAV監督”ドラマ「1話1億円」「まるで本物のAV」が世界180カ国配信へ

日刊サイゾー2019/03/05 17:00配信記事より引用

Netflixで今夏放送予定のドラマ『全裸監督』の全貌が明らかになってきた。

本橋信宏のノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)をベースに、山田孝之が“伝説のAV監督”村西とおるを演じるとあって、注目が集まっているが、すでに撮影はクランクアップ。予想以上の過激な内容になっているという。

「物語は全8話予定。村西がAV業界で成り上がっていく様を描いていますが、1話あたり1億円という潤沢な制作費でハワイロケを敢行するなど、並の邦画では太刀打ちできないスケールの作品になっています。一世を風靡したAV女優の黒木香役には、西武鉄道のCMで土屋太凰と共演している森田望智が、母親役に小雪、他にも玉山鉄ニ、リリー・フランキーをはじめ、豪華なキャスティングとなっています」(ドラマ関係者)

やはり気になるのはその中身。肝心のAV撮影シーンはどんな仕上がりになっているのか。

「山田は体重を増量する熱の入れようで、村西監督の体型に似せ、トレードマークの白のブリーフも似合っていました。黒木役の森田も、撮影に際しムダ毛を処理せず、トレードマークの腋毛を生やして現場に臨むなど気合が感じられました。肝心の絡みは一部のスタッフを除いて、スタジオからシャットアウトするなど、本物のAVのような緊張感の中で行われましたが、体位を変えながら、AV顔負けのハメ撮りシーンが展開され、スタッフも息をのむ迫力でした」(同)

全世界180カ国に配信予定という同作。AV黎明期からバブル狂乱時代を駆け抜けた村西監督の生き様と、山田の演技が世界にどう受けとめられるのかも興味深い。

山田孝之ドラマ『全裸監督』完全レビュー前編~流通を制して裸の帝国を築いた村西とおる伝説~

日刊サイゾー2019/08/20 22:00配信記事より引用

話題沸騰!山田孝之ドラマ『全裸監督』森田望智が熱演も話題に

Netflixオリジナルドラマ『全裸監督』の配信が8月8日より始まった。“AV界の帝王”として名を馳せた村西とおる監督の半生を、山田孝之の主演作として、『百円の恋』(14年)の武正晴監督、『下衆の愛』(16年)の内田英治監督らが連続ドラマ(全8話)化したものだ。8月16日には早くもシーズン2の製作が発表されるなど、大きな話題を呼んでいる。

CMスポンサーの顔色や企業コンプライアンスを気にしすぎる余りに過剰に規制しがちな地上波ドラマに比べ、CMのない有料配信ドラマだけに女優のヌードや大胆な絡みのシーンがあることでも注目を集めているが、『全裸監督』の面白さはエロ描写だけではない。ビニ本やアダルトビデオといった1980年代に人気を博した新しいメディアに、村西をはじめとする主人公たちが異様なまでに情熱を注ぐ姿に引き込まれてしまう。

「ナイスですね」「ビューティフルです」などの怪しい英語交じりのトークでおなじみの村西監督が、いかにしてアダルト業界で伝説の男へと覚醒していくかを『全裸監督』は描いている。村西はもともとは英語教材のセールスマンだった。高額な教材を売るために、ユーモラスな英語交じりのトークで訪問相手の心をつかむ。“応酬話法”と呼ばれる村西のトークスキルは、セールスマン時代に培われたものだった。いわば修業時代に身に付けた話術を武器に、村西はアダルト業界でも女性モデルたちを口説き、心の扉まで開かせることになる。

村西が成功を収めた要因は、個性的な話術だけではなかった。やがてセールスの仕事に見切りをつけた村西は、ビニ本業界へと進出する。正規のルートでは販売できない過激な内容のビニ本を、村西は印刷所から販売店まで次々と買収し、「北大神田書店」グループを立ち上げて売りさばく。「北大神田書店」は北海道を中心に48店舗が出店され、さらに各地で「九大神田書店」などと名前を変えて、全国展開されることに。ビニ本・裏本を製造・流通・販売まですべて自社で手掛けることで、莫大な収益が生じた。村西はAV界の帝王と呼ばれる前に、ビニ本界の覇者として君臨する。

山田孝之が主演した『全裸監督』は性表現のタブーに挑んだ村西監督の伝記ドラマであると同時に、ビジネスドラマとしても見応えがある。どんなに面白いコンテンツを製作しても、流通ルートを持っていなければヒットさせることは不可能だ。その点、村西は「北大神田書店」という独自の販売網を持つことで、アングラカルチャーの寵児となっていく。TBSの「日曜劇場」では決して描かれることのない、アダルト産業の実録系企業ドラマとして物語は展開していく。

今回のドラマ版では割愛されているが、エネルギーほとばしる村西監督はビニ本の製作・販売だけでは満足できず、出版社を立ち上げたことが本橋信宏氏の原作本『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)ではかなりの紙面を割いて紹介されている。新しい出版社の名前は「新英出版」。大手出版社の新潮社と集英社にあやかったネーミングだった。AV女優たちの名付け親にもなった村西監督は、「北大神田書店」といい、ネーミングにも独特のセンスがある。

新英出版では、1983年に写真誌「スクランブルPHOTO」を公称30万部という触れ込みで創刊。「北大神田書店」の販売ルートを使って売り出すなど、新しいメディアを生み出すことに貪欲だった。後には通信衛星放送事業にも関わり、自前のメディアを持つことにこだわった。ちなみに写真誌の先駆けとなった新潮社の「フォーカス」に対抗して創刊した「スクランブル」だったが、わずか10号で廃刊となってしまう。この短命に終わった写真誌「スクランブル」の初代編集長を務めたのが、当時26歳だった本橋氏だった。その後も両者は付かず離れずの関係が続き、本橋氏は村西監督がカリスマ化していく過程を間近で目撃することになる。

 

■笑いとペーソスで描く、新しい体位誕生秘話

ドラマに話を戻そう。第2話で早くもビニ本界の帝王となる村西(山田孝之)だが、出る杭は打たれる。アダルト業界での既成利権者であるポセイドン企画の社長・池沢(石橋凌)は、村西がチンピラのトシ(満島真之介)やビニ本の編集者・川田(玉山鉄二)らと組んで好き勝手にビジネスしているのが許せない。滝沢と懇意にしている警視庁の刑事・武井(リリー・フランキー)がガサ入れを行ない、「北大神田書店」は解散へと追い込まれる。猥褻画図販売の罪によって、村西も刑務所送りとなってしまう。

やがて池沢と村西の闘いは、第3話からAV業界を舞台にした第2ラウンドへと突入する。ここでも池沢は「ビデ倫」を発足させ、村西たちの新規参入を拒もうとする。「ビデ倫」の認可がないため、第4話から登場するレンタルビデオ店の店長(ピエール瀧)は村西たちが面白いビデオ作品を作っても店に並べることができない。やはり『全裸監督』は流通をめぐるリアルな企業ドラマだといえるだろう。

もちろん、エロ描写も抜かりはない。シリーズ前半で白眉といえるのが、第3話で刑務所から出てきたばかりで所在のない村西が、小さな飲み屋に立ち寄るエピソードだ。この店は未亡人の陽子(大谷麻衣)がひとりで営んでおり、村西も未亡人も同じ福島出身ということで意気投合する。閉店後、孤独さを分かち合うかのように、2人はお互いの体を求め合う。このとき、未亡人は亡くなった夫がいつもしてくれた懐かしい体位をしてほしいと村西に懇願する。亡くなった夫は駅弁売りだった。村西は裸の未亡人を抱きかかえ、「美味しい、美味しいお弁当はいかがですか」と連呼する。後に村西作品で一世を風靡する「駅弁ファック」の誕生だった。

タイトルそのままに全裸になった山田孝之と『娼年』(18年)でも過激な濡れ場を演じてみせた大谷麻衣の熱演によって、笑いとエロスが複合した珠玉のシーンとなっている。市井の人々の性生活をありのままに伝える、これぞ村西イズムの醍醐味だろう。レビュー後編では、伝説のわき毛女優・黒木香(森田望智)と村西が出会うことでエロ度がますますヒートアップするシリーズ後半を紹介したい。

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』
原作/本橋信宏 監督/武正晴、内田英治、河合勇人
出演/山田孝之、満島真之介、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、吉田鋼太郎、板尾創路、余貴美子、小雪、國村隼、玉山鉄二、リリー・フランキー、石橋凌

森田望智が熱演『全裸監督』完全レビュー後編~ 黒木香と村西監督との遭遇がSEX革命を呼んだ~

日刊サイゾー2019/08/21 00:00配信記事より引用

話題沸騰!山田孝之ドラマ『全裸監督』森田望智が熱演も話題に

山田孝之主演のNetflixオリジナルドラマ『全裸監督』が、世界190カ国で現在配信中だ。バブル時代へと向かっていた1980年代の日本で“AV界の帝王”と呼ばれた村西とおる監督の破天荒な半生を描いたものだが、アダルト業界が舞台なだけに女優のヌードシーンなど過激な描写が多い。武正晴総監督をはじめ、スタッフ&キャストがそろってクランクイン前にセクハラ防止の講習会に参加するなど、トラブルが起きないよう充分ケアした上での撮影だったという。そんな努力も功を奏し、従来の地上波ドラマとも予算が限られた邦画とも異なる、スケール感のある大人向けの連続ドラマ(全8話)に仕上がっている。

レビュー前編では村西監督が独自の流通網を持つことでビニ本業界の覇者となったことを紹介したが、レビュー後編は「サファイア映像」を立ち上げた村西(山田孝之)が“AV界の女王”となる黒木香(森田望智)と邂逅することになる第5話を中心に触れていきたい。

ベータとの規格戦争に勝利したVHSが主流となり、1980年代には一般家庭へとビデオデッキがいっきに普及していった。ビデオデッキの普及には、AVの存在が大きく貢献した。黎明期のAV男優は股間を前貼りで覆い、卵白とミルクを混ぜた手づくりのスペルマを注射器で飛ばすという疑似本番が主流だったが、村西は男女がガチンコでせめぎあう“本番”にこだわった。そのため、競合社・ポセイドン企画の池沢社長(石橋凌)の肝いりで発足した「ビデ倫」から締め出されてしまう。

窮地に陥った村西の前に、救世主が現れる。それが黒木香だった。知的で清楚な雰囲気を漂わせる女子大生の黒木だが、村西によって快楽の扉を開かれた彼女はベッドの上で別人へと変身する。名作AV『SMぽいの好き』の撮影シーンを、第5話は長回しを多用してたっぷりと再現する。

1986年に発売された『SMぽいの好き』は、画期的なAV作品として語り継がれている。作品とキャストは消耗品扱いされるAV界にあっては、これは異例のことだ。監督である村西自身が男優となり、黒木の相手を務めた。男女の結合部分はモザイクで隠されているも、黒木は快感の度合いに応じて笛を吹いた。絶頂度が高まるにつれ、笛がピーピーと鳴る。あまりのコミカルさに『SMぽいの好き』を初めて観たユーザーは唖然としたが、黒木が鳴らす笛の音はSEXをタブー視する時代は終わったことを告げる新時代到来のファンファーレだった。
日陰の存在だったAVがメジャー化し、SEXそのものがカジュアル化する、SEX革命の始まりだった。それまで自宅で抑圧された性生活を送っていた黒木の表情が華やいでいく。

黒木役を演じた森田望智は1996年生まれの22歳。武監督がオーディションで見いだした逸材だ。オーディションの際に森田はわきにマジックペンでわき毛を描いて臨んだという。また、人気絶頂期にはテレビ番組に引っ張りだこだった黒木香の「わたくし、主張するヴァギナでございます」などの独特のトークも完璧にコピーしてみせている。SEX革命を起こした黒木香の人格とわき毛が、まるでそのまま森田に乗り移ったかのようだ。黒木香が瞬く間にAV界の女王となったように、我々は配信ドラマという新しいメディアから森田望智というニューヒロインが誕生した瞬間を目撃することになる。

 

■カルト教団さながらの合宿生活だった村西軍団

黒木香という至高のミューズを得て、相手役を務めた村西監督もそのユニークなキャラが知れ渡り、時代の寵児となっていく。時代はまさにバブル。第6話では村西軍団を率いてハワイロケを敢行するなど、村西監督の無軌道ぶりにますます拍車が掛かる。その一方、米国のポルノ女優の視点から辛口の村西像、日本のAV作品の評価が語られるのも、世界市場をターゲットにしているNetflixだからこそだろう。

本橋信宏氏の原作本『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)には、バブル期の村西軍団の暮らしぶりについても描かれている。全盛期には年商100億円を稼ぎ出していたものの、村西監督をはじめスタッフは全員会社に寝泊まりし、取り憑かれたかのようにAV作品をひたすら撮り続けた。スタッフは男優も兼ね、専属女優たちと撮影中に本番を行った。寝食だけでなく、SEXパートナーも共有するという、カルト教団さながらの合宿生活を送っていた。

やがてバブル経済は弾け、村西監督は総額50億円もの負債を抱え込むことになる。このとき、黒木香は村西監督に映像業界を離れ、新興宗教の教祖になることを勧めたと原作には記されている。黒木は巫女役を務めるつもりだったそうだ。もし、村西監督がこのとき応じていたら、とんでもないSEX教団が誕生していたに違いない。バブル時代は見方を変えれば、バブル社会に適応できない人々の心のすき間に、カルト宗教が忍び込もうとした時代でもあったのだ。

親バレや顔バレによってそれまでの生活をすべて失ってしまうAV女優や裏ビデオを介した裏社会との繋がりなど、AV業界のダークな部分にもきっちりと触れた『全裸監督』第1シリーズは、昭和が終わり平成という新しい時代の到来と共にエンディングを迎える。第2シリーズでは、バブル期に栄華を極めた村西軍団が地獄のドン底へと転落していく崩壊劇が描かれるはずだ。

巨乳ブームを巻き起こした松坂季実子をモデルにした女性キャラクターは第1シリーズには姿を見せなかったが、もし登場するならば誰が演じるのか。第1話でセールスマン時代の村西にビジネスの極意を伝授した小野(板尾創路)は再登場することになるのか。そして何よりも莫大な借金を背負いながらも生命力旺盛に生き続ける村西を、Netflixという格好の居場所を見つけた山田孝之がどう演じ切るのか。アダルト業界を舞台にした大河ドラマとして、『全裸監督』第2シリーズにも期待したい。

『全裸監督』黒木香役・森田望智に”土屋太鳳越え”の期待! 迫真艶伎に業界内でも絶賛相次ぐ

日刊サイゾー2019/08/18 12:20配信記事より引用

話題沸騰!山田孝之ドラマ『全裸監督』森田望智が熱演も話題に

Netflixで放送されている山田孝之主演のドラマ『全裸監督』が芸能人たちの間で話題だ。

ナインティナイン・岡村隆史や爆笑問題・太田光はラジオで「めちゃくちゃ面白かった!」「最高」と大絶賛しているが、そんななか、8月11日に放送されたラジオ番組では有吉弘行も同ドラマにハマったことを明かした。

「有吉が心を揺さぶられたのは、伝説のAV女優・黒木香を演じた若手女優・森田望智(もりたみさと)。彼女の熱演を『凄いですよ』と絶賛すると、『頑張ってたっていうのは生意気かもしれませんけど、ああ、こういうのが体張って演技することなんだなあっていうふうに思いましたね』と感動を覚え、すぐにツイッター探してフォローしたことを明かしています」(芸能ライター)

現在22歳の森田は、土屋太鳳らが所属するソニー・ミュージックアーティスツに所属。今回は演じられる女優が見つからないとスタッフもあきらめかけていたところに森田がオーディションに参加。その体当たり艶技は脱ぎっぷりがどうのこうのというレベルではなく、AV撮影での貝笛を吹くシーンなどはまさに黒木香を完コピ。ネット上では『羞恥心吹っ切る女優魂』『マジでスゴかった』『必然性があれば脱げる女優さんはやっぱ強い』と視聴者の称賛コメントが飛び交っています」(芸能記者)

現在は主演級の女優になった吉高由里子、真木よう子、満島ひかり、二階堂ふみ、清野菜名もヌード作品がその後の飛躍につながっている。『全裸監督』は世界190カ国に配信されるため、森田には今後、国内外からオファーが殺到する可能性も。

あっという間に土屋を追い越すことになるかも?

ヌード作品がその後の飛躍につながっている。

吉高由里子 蛇にピアス



吉高由里子が映画初主演にして大胆な濡れ場を披露!世界の蜷川幸雄が放つ衝撃ドラマ

  • 20歳で芥川賞を受賞した金原ひとみの同名小説を、世界的演出家の蜷川幸雄が映画化。吉高由里子による濡れ場シーンが話題を集め、バイオレンス描写でも物議を醸した問題作。
  • 蛇のように舌先が割れた“スプリット・タン”を持つ男・アマと出会った19歳のルイ。アマの紹介で彫り師のシバとも知り合った彼女は、自らの舌にピアスを開け、背中には入れ墨を彫る。痛みと快楽に身を委ねるルイだったが、どこか満たされぬ思いを抱え…。
  • 小栗旬、唐沢寿明、藤原達也ら“蜷川組”の豪華俳優陣が特別出演しているので、注目を。
    2019年12月31日 23:59まで配信 R15+©2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ

真木よう子 ベロニカは死ぬことにした



余命わずかの女性が愛と生への欲求に目覚めていく姿を描いたヒューマンドラマ

  • パウロ・コエーリョのベストセラー小説を、舞台を日本に置き換えて映画化。ヌードも披露している主演の真木よう子をはじめ、イ・ワンほか実力派俳優陣が見せる演技に注目。
  • 退屈な人生に絶望して自殺を図ったトワ。気がつくと彼女は風変わりなサナトリウムに入院していて、院長に「あと7日間の命」だと宣告される。変わった患者たちと過ごすことになった彼女は、絵描きの夢を忘れられず言葉を失った男・クロードと出会う。
    2020年3月27日 23:59まで配信R15+ ©2005フィルム・コミッティ・ベロニカ

満島ひかり カケラ



満たされない気持ちを抱えるヒロインの出会いと成長を描いたガールズラブ物語

  • 桜沢エリカの人気コミックが原作。満島ひかりと中村映里子が共演。自分の中の隙間を埋める欠片を探す心理、女性の赤裸々な日常など、剥き出しにされた描写は見応えあり。
  • 夢や目標もなく、なんとなく日々を過ごしている女子大生・ハル。ある日、ハルはミステリアスな雰囲気の女性・リコに声を掛けられる。「素敵だなと思う人とすれ違うことってない?」それ以降、ハルはリコと交流を重ねていき、心の安らぎを感じるようになる。
    2020年7月8日 23:59まで配信©2009 ゼロ・ピクチュアズ

二階堂ふみ リバーズ・エッジ

話題沸騰!山田孝之ドラマ『全裸監督』森田望智が熱演も話題に

リバーズ・エッジをご覧になりたい方はdTV

  • 若者たちの欲望と焦燥感を描いた岡崎京子の同名漫画を原作に「ナラタージュ」の行定勲監督が実写映画化。今どきの女子高生ハルナといじめられっ子の同級生・山田、摂食障害のモデル・こずえは、河原で発見した死体の秘密を共有し、歪んだ絆を築いていくが……。出演は「SCOOP!」の二階堂ふみ、「銀魂」の吉沢亮、「一週間フレンズ。」の上杉柊平、「赤い玉、」の土居志央梨、「恋と嘘」の森川葵。脚本を「アズミ・ハルコは行方不明」の瀬戸山美咲が務める。
  • 自由に生きる今どきの女子高生・若草ハルナ(二階堂ふみ)は、カレシの観音崎(上杉柊平)が執拗にイジメている山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、「僕の秘密の宝物、教えてあげる」という山田に誘われ、夜の河原で腐りかけた死体を目にする。そんななか、宝物として死体の存在を共有しているという摂食障害のモデル・吉川こずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは異なる歪んだ絆で親しくなっていく。一方、父親のわからない子どもを妊娠するハルナの友人・小山ルミ(土居志央梨)と、同性愛者であることを隠した山田に好意を寄せるクラスメイト・田島カンナ(森川葵)は過激な愛情を膨らませていく。そしてある日、また新たな死体が生まれてしまい……。

関連記事:もうご覧になりましたか?『全裸監督』芸能人がSNSで絶賛

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー