映画は映画館で?自宅でも楽しめる映画

あの「マトリックス」が帰ってくる『マトリックス4』の製作が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



あの「マトリックス」が帰ってくる『マトリックス4』の製作が決定!

マトリックスの第1作は1999年ですから20年も前になるんですね。きっと若い方はご覧になっていない映画でしょう。Netflixに登録をする際に好みの作品(カテゴリー)を登録する訳ですが、その際に「マトリックス」を登録して何年かぶりに観たのですが、全然古さを感じない映画でマトリックス、マトリックス リローデッド、マトリックス レボリューションズと続けて観てしまいました。その「マトリックス」が新しい映画として『マトリックス4』の製作が決定!日本での公開日などはまだ発表になっていませんが、今から楽しみでしかたありません。

『マトリックス4』の製作が決定!キアヌ・リーヴスとキャリー=アン・モスがカムバック

IGNJAPAN 2019年8月21日配信記事より引用

「マトリックス」の第4作が製作されることが決定し、チームのほとんどがカムバックすることが明らかとなった。Varietyによると、ワーナー・ブラザースはキアヌ・リーヴスとキャリー=アン・モスがそれぞれネオとトリニティ役で続投し、ラナ・ウォシャウスキーが脚本&監督を務めるという。

ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ・グループのトビー・エメリッヒ会長が、「まさにラナは先見の明があり、非凡で独創的な映画監督です。我々は彼女が『マトリックス』ユニバースにおける新作で脚本と監督、そしてプロデュースを手掛けることにワクワクしています」と声明を発表した。

「マトリックス」シリーズはラナと彼女の姉妹リリー・ウォシャウスキーによって製作され、第1作は20年前となる1999年に公開された。瞬く間に同作は映画史に輝く金字塔となり、続編となる『マトリックス リローデッド』と『マトリックス レボリューションズ』(両作ともにウォシャウスキー姉妹が脚本&監督を手掛ける)、アニメ映画『アニマトリックス』といったスピンオフを生み出した。

ウォシャウスキーは声明で、「20年前にリリーと私が現実について模索した多くのアイディアは、さらに現代で現実味を帯びています。これらのキャラクターが再び私の人生に戻って来て、素晴らしい仲間と仕事ができる新たなチャンスを与えられたことに感謝しています」とコメントしている。

『The Matrix 4(原題)』はウォシャウスキーに加えてアレクサンダー・ヘモンとデイヴィッド・ミッチェルが共同脚本を担い、グラント・ヒルがプロデュースを手掛ける。続編のクリエイティブ・チームにリリー・ウォシャウスキーは名を連ねていない。

「マトリックス」3部作でコンセプト・デザイナーを務めたジェフ・ダローが第4作に続投し、オリジナルキャストのほとんどとスティーヴ・スクロースがストーリーボード・アーティストとしてカムバックするとTwitterで明かしていた。

Varietyの関係者によると、2020年上旬に『The Matrix 4』の撮影が開始されるとのことだ。

第4作が製作されるという噂はここ10年ほどハリウッドで囁かれており、最近では今年上旬に『 ジョン・ウィック:パラベラム』でメガホンを取り、「マトリックス」シリーズでスタント・コーディネーターを務めたチャド・スタエルスキが、ウォシャウスキー姉妹が「マトリックス」の新作に取り掛かっていると明かしていた。「ウォシャウスキー姉妹が「マトリックス」に取り組んでいるだけでなく、ファンが愛する作品を拡大していることが本当に嬉しい」と述べていたが、後にスタエルスキの代理人がその発言は“仮定”に対するコメントであり、続編を認めた訳ではないと主張。その1カ月後にウォシャウスキー姉妹が再び新作で監督を務め、マイケル・B・ジョーダンが出演するかもしれないとも伝えられていた。

ジョーダンの出演についての報道はないが、少なくとも最近報じられたニュースや噂のほとんどが真実であることが判明している。続編決定は『マトリックス』の20周年記念に相応しいタイミングで発表され、すでにワーナー・ブラザースはアメリカで8月30日から9月5日まで、チェーン映画館AMCのドルビー・シネマで1999年に公開された『マトリックス』を上映して記念日を祝うことになっている(すでにイギリスとスペイン、ウクライナでは一部の映画館で公開)。

第4作の製作にワクワクしているか、それとも3部作が独り立ちすることを望んでいるだろうか? どんな感想を抱いたかコメント欄で教えてほしい。

第4作が公開されるまでに続編について論じることになると思うが、とりあえずは20年前に戻り、下の動画で『マトリックス』の予告編を楽しんでほしい。

https://www.ign.com/videos/2015/11/17/the-matrix-official-trailer

マトリックスを観直してみよう!

マトリックス

キアヌ・リーブス主演で、仮想現実空間を舞台に人類とコンピュータの戦いを描いたSFアクション。プログラマとしてソフト会社に勤務するトーマス・アンダーソンは、ネオという名で知られた凄腕ハッカーでもあった。ある日、トリニティと名乗る美女から接触を受けたネオは、彼を探していたという男、モーフィアスと会う。モーフィアスは、人類が現実だと思っている世界が実はコンピュータにより作り出された「マトリックス」と呼ばれる仮想世界であり、本当の現実世界でネオをはじめとした人間たちはコンピュータに支配され、眠らされているという驚きの真実を明かす。モーフィアスの誘いに乗り、本当の現実世界で目を覚ましたネオは、ネオこそが世界を救う救世主だと信じるモーフィアスやトリニティとともに、コンピュータが支配する世界から人類を救うため戦いに乗り出すが……。香港アクション界の雄、ユエン・ウーピンをアクション指導に招いて取り入れたワイヤーアクションや、バレットタイムと呼ばれる撮影法により革新的なアクションシーンを生み出し、世界的大ヒットを記録した。監督は「バウンド」のウォシャウスキー兄弟。製作20周年を迎えた2019年の9月には、20周年を記念して4D(体感型上映システム)で2週間限定上映。

1999年製作/136分/アメリカ
原題:The Matrix
配給:ワーナー・ブラザース映画
日本初公開:1999年9月11日

マトリックス リローデッド

革新的な映像表現で世界的大ヒットを記録した「マトリックス」(1999)続編で、全3部作の第2部。救世主として覚醒したネオは、コンピュータの支配から人類を解放するため戦いを続けていた。しかし、人間たちが暮らす最後の都市ザイオンに、ロボット兵セインチネルが25万もの大軍で押し寄せていることがわかり、ザイオンの滅亡は目の前に迫っていた。ザイオンを救うには、ネオがマトリックスの「ソース」に到達しなければならず、そこへ通じる道を開くことができるのは、「キー・メーカー」という人物だけだと知る。ネオやモーフィアス、トリニティーは、キー・メーカーに会うためマトリックスへと侵入するが……。本作と完結編の「マトリックス レボリューションズ」は同時に撮影され、半年の間を置いて公開された。見せ場のひとつでもある高速道路上でのカーチェイスシーンは、約2.3キロにおよぶ高速道路を建造して撮影。本作から登場するジーは、アリーヤ(「ロミオ・マスト・ダイ」)が演じていたが、01年9月に飛行機事故で他界。「レボリューションズ」の撮影が終わっていなかったため、ノーナ・ゲイが代役として演じることになった。

2003年製作/138分/アメリカ
原題:The Matrix Reloaded
配給:ワーナー・ブラザース映画

マトリックス レボリューションズ

人気SFアクション「マトリックス」シリーズ3部作の完結編。ソースに達して精神と身体が分離した状態になったネオは、メロビンジアンの忠実なしもべであるトレインマンが支配する空間に閉じ込められていたが、モーフィアスとトリニティーがオラクルの助言に従ってメロビンジアンのアジトに乗り込み、ネオを解放させることに成功する。センチネルの総攻撃が迫るザイオンを救うため、一行は急いでザイオンに戻らなければならないが、そんな中、ネオはひとり機械の街(マシン・シティー)に向かうことを決意する。

2003年製作/129分/アメリカ
原題:The Matrix Revolutions
配給:ワーナー・ブラザース映画

関連記事:スポンジ・ボブが英語教材に!Huluのリアルタイム配信
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー