2019年8月12日

お節介オヤジの呟き

日航機墜落から34年 クライマーズ・ハイのモデル上毛新聞の取材

Reading Time: 2 minutes 日航機墜落から34年、まずは520名もの死者が出てしまった航空事故。この悲惨な事故を忘れない為にも、事故のことを振り返ってみたい。中でも現地での取材を行った地元の群馬県の新聞、上毛新聞での記事に注目したい。

34年前と言えば、携帯電話もインターネットもなかった時代の事故。そんな時代の航空機事故。真夏の夕方に発生した航空機墜落事故、墜落場所が長野県なのか群馬県なのか?お盆休みに入っており新幹線が満席で123便に乗って事故にあってしまった方も多かったと思います。そんな大惨事のことを描いた「クライマーズ・ハイ」は群馬県の上毛新聞では?と言われています。その上毛新聞の取材記事をまとめてみました。

お節介オヤジの呟き

2019夏休みの宿題に?近場で真夏の天体ショーを楽しもう!

Reading Time: 2 minutes 夏休みの宿題に?近場で真夏の天体ショーを楽しもう!お節介オヤジの子供の頃、夏休みの宿題で一番困ったのは「自由研究」でした。最近は「自由研究」の宿題がない?なんて聞いた事があるのですが…実際のところ、子供がいないので分からないわけですが、「自由研究」の課題に天体ショーを楽しんで宿題のひとつとして、ペルセウス座流星群をご覧になっては如何ですか?13日に極大を迎える、ペルセウス座流星群を山で見たい!

週明けは歴史や名言に学ぼう!

週明けは名言ではじめよう 「心を支える日本人の名言」

Reading Time: 2 minutes 言葉には力があります。いつまでも心の奥底に残り、自分を支え、励まし、背中を押し、時にはあなたの人生すら変えてしまう力を持つ、そんな言葉を私たちは「名言」と呼びます。
SNSの普及によって言葉があふれる現代は、言葉の価値が不安定になり、言葉に振り回されやすい時代です。だからこそ、時代を超えて語り継がれる、本質的な価値を持つ名言が心を支えるのだと、明治大学文学部教授・齋藤孝先生は言います。齋藤先生が上梓した『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』を一部抜粋し、再構成し、その秘密を探ります。