ビデオオンデマンド・BS・CS情報

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 3 minutes



予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

毎月の映画館での映画鑑賞はU-NEXTポイントで観ている訳ですが、観る映画の本編の前にこれから上映される映画の予告映像が流れるのはご存知のとおりです。その予告映像でこれは絶対!観なくてはと思ってしまったのは「ダンスウィズミー」です。矢口史靖監督といえばウォーターボーイズ、スウィングガールズ、ハッピーフライトなどがありますね。その矢口史靖監督の作品、当然、面白いに決まってますよね。

ハッピーな気分を誘うミュージカルで三吉、やしろ、chayの魅力が炸裂!

AEON CINEMA ENTRTAINMENTより引用

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

ハッピーな気分を誘うミュージカルで三吉、やしろ、chayの魅力が炸裂!

ウォーターボーイズスイングガールズを手がけた矢口史靖監督の新作が完成!約500人の中からヒロインに選ばれた三吉彩花をはじめ、やしろ優、chayモオーディションで役を手にしたと言う。

三吉
実は周りから言われるほど歌と踊りが得意ではなくて。でも本作を経験したら、もうどんな役があっても怖くないです(笑)
やしろ
私は持ちネタでもある倖田來未さんの(キューティーハニー)を歌って踊ったんです。ハニーフラッシュを監督に浴びせたら、監督はひいてて(笑)これは落ちたなと思ってました
chay
私は演技が未経験だったので、自分が得意な歌でアピールしました。

三吉が演じる催眠術により音楽を聞くと勝手に踊り歌い出す静香。やしろは催眠術のサクラだった千恵、chayは訳ありのミュージシャンに分している。

三吉
静香は、普段と歌踊る時では明らかに表情が違うしとにかく表情が漫画みたいにコロコロ変わるんです。表情の違いを出すため多い時は20テイク任されました
やしろ
私はマネージャーからやしろにぴったりだと思う訳があるからオーディションに向けてと言われていた通りで自分自身を出したらオーケーが出ました(笑)
chay

私も!そのままで演技しなくていいと言われましたし、わりと素なんです。叫ぶシーンは大声が出るまで苦労したけど映画を観て意外にもここで泣く人もいると聞きました。破天荒だけど憎めないキャラです。

初対面から意気投合したと言う山には取材中も和気あいあいでとても仲良し。

三吉

ミュージカルは練習を含めて本当に大変でしたが似たもの同士の3人で助け合って撮影を乗り越えました。本当に楽しい作品になってます!

「ダンスウィズミー」三吉彩花&やしろ優、イメージしたのはC-3POとR2-D2?

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

映画.COM2019年7月18日 20:36配信記事より引用

矢口史靖監督の最新作「ダンスウィズミー」の完成披露試写会が7月18日、都内で行われ、主演を務める三吉彩花、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、矢口監督が出席。客席通路で華麗なダンスを披露し、ファンを盛り上げた。

怪しげな催眠術によって「音楽が流れると、歌って踊らずにいられない」体質になってしまったミュージカル嫌いの静香(三吉)が、街中のBGMからスマホの着信音まで、日常のあらゆるメロディに翻ろうされる音楽コメディ。デイミアン・チャゼル監督の「ラ・ラ・ランド」に刺激を受けた矢口監督が、脚本も手がけており「ミュージカルの暗黙のルールを破りたかった。(ミュージカルが)苦手だなと思う人にこそ楽しんでもらえれば」と話していた。

約500人が参加した「矢口監督作史上最大級」のオーディションを経て主演に抜てきされた三吉は、「クランクインの2カ月前から、歌とダンスの練習をしたが、自分のスキルが追いついていないんじゃないかと、プレッシャーと葛藤があった」と回想。共演するやしろとの“デコボココンビ”ぶりは、「スター・ウォーズ」シリーズのC-3POとR2-D2から着想を得ており、当のやしろは「そんなにデコボコしています?」と苦笑いだった。

念願の矢口組初参加を果たしたムロは、「ミュージカル経験があると言っているのに、そういうシーンがほとんどなく、アピールしても、監督がかたくなに僕の目を見てくれなかった」と恨み節。一方、ベテラン俳優の宝田は「しっかり絵コンテを渡してくれて、ご自分の頭にちゃんとモンタージュができている。だから、現場が揺るぎないんですね。例えれば、成瀬巳喜男監督、黒澤明監督、それに岡本喜八監督もそうだった」と重みのあるコメントで矢口監督を絶賛し、「やがて、世界に名だたる監督になると思います」と太鼓判を押していた。

「ダンスウィズミー」は、8月16日から全国で公開。

三吉彩花、オーディションで勝ち取ったヒロイン役「すべて大変だった」葛藤明かす<ダンスウィズミー>

ModelPRESS2019.07.18 21:28配信記事より引用

映画「ダンスウィズミー」(8月16日公開)のジャパンプレミアが18日、都内で行われ、主演の三吉彩花、共演のやしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、メガホンをとった矢口史靖監督とともに出席した。

三吉彩花「すべて大変だった」葛藤明かす

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

三吉彩花 (C)モデルプレス

本作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が、構想に16年かけて“ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?”をテーマに、奇想天外でまったく新しい笑えるミュージカル映画を作り出した作品で、子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いだったが、催眠術のせいで音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった静香(三吉)が、術を解くため日本中を奔走する姿を描く。

キャスト・監督の面々は客席の間から登場し、ダンスを披露して観客を盛り上げ、直後に登壇した三吉は「ちょっと踊って息が上がって喋りづらいですけど、今日は楽しんでいただければと思います。ついにこの日を迎えられて嬉しく思います」と感慨深げにコメント。

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

宝田明、三浦貴大、やしろ優、三吉彩花、chay、ムロツヨシ、矢口史靖監督 (C)モデルプレス

約500人のオーディションからヒロインの静香役を勝ち取ったが「すべて大変だったような気がします」と言いつつも、「ただ、この作品は矢口監督の最新作であるということと、日本で初めてのミュージカルコメディー映画を作るということで、たくさんの方から完成する前からいい期待をたくさん持っていただいていた作品でした。自分が主演を務めるということにプレッシャーを感じたり、2ヶ月前くらいからダンスと歌の練習が始まったんですけど、ミュージカルの映画と打ち出すにはスキルが全然追いついていないんじゃないかと、毎日葛藤しながらやっていたので、撮影に入ってからというよりは、撮影に入るまでの準備期間がハードではありました」と告白。

「こうして映画が完成して、海外で先に上映していただいて、いろんな方に評価していただいているというのは、少しずつですけど、この作品を届けるに当たって自信に変わっていっていることも実感しているので、頑張ってよかったなと思います」と晴れやかな表情を見せた。

やしろ優、三吉彩花とのコンビに自信「あの名コンビに負けないくらい」

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

三吉彩花、やしろ優 (C)モデルプレス

また、三吉との出演シーンが多いやしろは、監督が2人と『スターウォーズ』のC-3POとR2-D2のコンビをイメージしてキャスティングしたことが明かされると「そんなに凸凹してます?」と首をひねり、「誰もが知っている名コンビなので、ちょっとプレッシャーもありましたけど、彩花ちゃんとはすぐ打ち解けて、初めて会うシーンも『仲良すぎな感じが出ちゃってる』って言われるくらいでした。あの名コンビに負けないくらいの感じが出たんじゃないかなと思っております」と胸を張った。

chay「ダンスウィズミー」で女優デビュー

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

chay (C)モデルプレス

さらに、本作で女優デビューとなったchayは、監督からブラックな一面を見出されたそうで、役と自身の共通点を尋ねられると「このキャラはだいぶ強烈で、初作品にしてこんな強烈なキャラを演じられるのかなと思ったんですけど、楽しく演じさせていただきました。今まで皆さんが知っているchayとは真逆な感じが出ているんですけど、(ファンが)ちょっと減っちゃうかもしれない…」と呟き、「共通点は、ミュージシャン役なんですけど、路上ライブをするシーンがありまして、実際にデビュー前にずっといろんなところを路上ライブをして回っていたので、そこのシーンに関しては、演じるというよりは懐かしいなと思いながら、素でやらせていただきました」と答えた。

加えて、ダンスシーンを感動して見て泣いたというchayは「(自分以外の)他のシーンは台本でしか読んでいなかったんですけど、完成して試写会に行ったときに、初めて皆さんが踊っているのを見て、三吉ちゃんとやしろ優ちゃんが、あんなにも踊っている姿を見て、知らないところでこんなにも頑張っていたんだなと思ったら泣けてきました」と明かし、矢口監督から「それは親心みたいなもんじゃないの?」と声を掛けられると、「完全に親心ですね」と目を細めた。

ムロツヨシ「僕は歌って踊るシーンがほとんどない」

予告編を観たら絶対観たくなる映画「ダンスウィズミー」矢口監督の過去作品も

ムロツヨシ (C)モデルプレス

今回、初矢口組となったムロは「念願の矢口組でしたし、監督は原作も脚本も書かれていますから、僕も用意はしていったんですけど、初めて参加して思ったのは、1シーン終わるごとにOKをもらうんですけど、『では次はこういう風にやってみましょう』とか、OKは出ているんですけど、何通りも答えを持っていて、準備することもそうだけど、監督に言われたことをやって行くと、新しいものが生まれると思いました。それがすごく楽しかったですね」と笑顔を見せつつも、「ただ1つ、僕はミュージカルに人生で3回出ているんですね。それで監督に『僕はミュージカルに出たことありますよ。歌も踊りもやったことがありますよ』って言ったんですけど、僕は歌って踊るシーンがほとんどないんですよ。絶対に採用してくれなかったんです」とボヤいて笑いを誘った。

さらに、クランクインの日に私服で矢口監督を待っていたというムロは、矢口監督と会ったときに「その服いいですね」と言われ、私服が採用されてラストシーンで着ていることを報告。MCから「役柄は小ずるい調査員ですよ」と声をかけられ、ムロは「私服が小ずるい調査員の格好だったんでしょうね(笑)。ちょっと言っていること失礼ですけどね」と口をとがらせつつも、「慣れているので全然大丈夫です」と笑顔を見せた。

最後に、矢口監督と三吉が締めのコメントをし終えると、突然、矢口監督は「このあと、ムロさんが今日一面白いことを言います」とコメントし、無茶振りをされたムロは「えーっと。まもなく本編が上映されますけど、僕はまだ見ていません。DVDで来たんですけど、ちゃんとお客さんと見たいと。喜劇というのはお客さんの笑い声が入って初めて完成するものですので…って今日一面白いこと、言えるわけございません!」と大汗をかきながら無茶振りに答え、温かい拍手を浴びた。(modelpress編集部)

 

 

矢口史靖監督作品

アドレナリン・ドライブ

ヤクザから2億円を奪った男女の、笑いありアクションありのドタバタ逃避行

  • 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督らしい肩の凝らないコメディ。ナース姿の石田ひかりや、ヤクザ役の松重豊など、絶妙なキャスティングも見事。
  • レンタカー屋で働く悟は、ある日ヤクザのジャガーに車をぶつけてしまう。事務所に連れて行かれ、金銭を要求される悟。ところが、その瞬間に突然ガス爆発が発生。生き残った彼は、偶然居合わせた看護婦・静子とともにヤクザの金を奪って逃げることになり…。
    2020年7月8日 23:59まで配信©1999アドレナリンドライブ製作委員会

ハッピーフライト

2008年|432円

航空業界のビックリ仰天な裏側教えます!豪華キャスト共演で贈る痛快コメディドラマ

  • 「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督が、綾瀬はるか、田辺誠一ら人気俳優共演で撮った群像コメディ。ANA全面協力のもと描かれる航空業界の舞台裏は、臨場感満点。
  • 機長への昇格を目指す副操縦士の鈴木は、最終訓練でホノルル行きの便に搭乗。同じ機内にはこれが国際線デビューとなる新人CA・悦子も搭乗していた。同じ頃、空港カウンターや整備士たちもそれぞれの仕事に追われながらフライトの準備に尽力していたが…。
    2020年3月31日 23:59まで配信©2008 フジテレビジョン/アルタミラピクチャーズ/東宝/電通

ロボジー ROBO-G

2011年|432円

ロボットの中身は老人だった!?個性派キャストの競演も楽しい矢口史靖監督のコメディ

  • 突然踊り出し、男子トイレで用を足すなど「最先端ロボット」と「老人」というミスマッチな組み合わせが笑いを誘う。濱田岳、吉高由里子ら個性派キャストの競演も見もの。
  • 家電メーカーの落ちこぼれ社員3人組は、社長から博覧会に向けて二足歩行ロボットの開発を命じられる。ところが、博覧会直前に開発中のロボットが大破。やむなく3人はロボットの中に人間を入れてごまかそうとする。そこで選ばれたのは一人暮らしの老人で…。2020年3月31日 23:59まで配信©2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常

『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』の監督が贈る笑いと感動の青春物語!

  • 直木賞作家三浦しをんの小説『神去なあなあ日常』を青春コメディの才人、矢口史靖監督が映画化。染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明らのアンサンブル演技は笑って、泣ける。
  • 大学受験に失敗した勇気は偶然見かけたパンフレットの女性にひかれて、1年間の林業研修プログラムに参加。軽い気持ちの彼が連れてこられたのは三重県神去村。携帯も繋がらない山奥で荒っぽい先輩と想像を超える重労働に怖気づいた勇気だったが…。
  • あぜ道走って、軽トラにピョン。1カットで行う伊藤英明の身体能力にはびっくり仰天。

2019年9月27日 23:59まで配信©2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会



関連記事:2019年(令和元年)初の選挙前に公開の「新聞記者」に引きよされたのは?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー