お節介オヤジの呟き

記者会見が演技だとしたら?これが誰かが書いた絵図だとしたら…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



記者会見が演技だとしたら?これが誰かが書いた絵図だとしたら…

本当に後出しじゃんけんで申し訳ないと思いますが、宮迫博之さんと田村亮さんの記者会見を見た感想としては、宮迫博之さんは「演技が上手だから…」記者会見の台本を書いた構成作家さんがいるのでは?という感想をアップしようとしていた中、吉本興業社長岡本昭彦さんのダラダラ会見があり、その後にOBの島田紳助さんのインタビュー記事などがあったので、「演技が上手だから…」記者会見の台本を書いた構成作家さんがいるのでは?と思った記事UPを止めていたのですが…

宮迫博之、吉本解雇も”俳優”で復帰案「演技力は折り紙つき」唐沢寿明が救いの手か

日刊サイゾー2019/07/20 12:00配信記事より引用

吉本興業が7月19日付で、雨上がり決死隊・宮迫博之を契約解除したことを発表した。

宮迫は、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)にて反社会的勢力相手の「闇営業」が報じられていたが、7月19日発売の同誌に金塊強奪グループとの「ギャラ飲み」をしてことをスッパ抜かれ、自ら引退を申し出たという。

「同日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、 同局の玉川徹氏が『もう(反社と)密接交際者である可能性も疑われる。法律ではなく条例なんだけど、付き合っている一般人も責任を問われる状況。もう仕事ないでしょ、今後。テレビも使えないでしょ』とコメント。一方で、お笑いコンビの飛石連休・藤井ペイジは『一人の人間を社会的に抹殺するほどのことか?』と疑問を呈すなど、反応はさまざま。ネット上でも宮迫の引退を惜しむ声も聞こえてきます」(テレビ誌ライター)

すでに、吉本興業のサイト内の公式タレントプロフィールには「雨上がり決死隊 蛍原徹」とあり、コンビ解消となっている。そんななか、宮迫の今後を芸能関係者はこう予測する。

「俳優に絞れば、芸能活動を続けていくことができると思います。そもそも吉本とは契約書を交わしておらず、移籍しても芸人でなければ“圧力”も効かない。法に触れたわけでもないですから、ほとぼりが冷めれば映画やネットドラマであれば起用したいところも出てくるはず。親交のある唐沢寿明が手を差し伸べるのではとの観測もある。もともと宮迫は俳優志望だった芸人。松田優作に憧れて演技の勉強をするためにお笑い世界へ入ったのは有名な話で、その演技力は折り紙つきです。獲得に手を挙げる俳優系の事務所があるのではないでしょうか」

「闇営業」では他の芸人たちが“芸”を見せていた中、一人だけ“カラオケ”をしていた宮迫。芸がないなら俳優で復活を目指すのは正解かもしれない。

宮迫博之、「ギャラはなかった」以外にもついていた”芸人としてのウソ”

日刊サイゾー2019/07/24 12:00配信記事より引用

記者会見が演技だとしたら?これが誰かが書いた絵図だとしたら…

どうやらこれも…嘘?

不祥事が出て釈明するも、ウソがバレて窮地に陥り、ダメ押しの不祥事が飛び出してクビ宣告されるも、“神風”が吹いてクビは取り消しになり……ここ1~2カ月、天国と地獄を行き来している雨上がり決死隊の宮迫博之。お笑い芸人から続々と援軍が現れ、首の皮がなんとかつながりそうな雲行きだが、気になるのが彼の妻だ。

宮迫といえば、代表番組の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)や『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で見せる鋭いツッコミが持ち味だが、そんな彼のもうひとつの顔が「恐妻家」というアットホームな一面だ。

過去には、「疲れ果てて帰ってきたのに、掃除をするよう命令した」「天津飯を作ったら『カレーが食べたい』と言われ、作り直した」などの家庭的なエピソードを披露してきたが、果たして今回の一連の騒動を“鬼嫁”はどう見ているのか? お笑い業界に詳しい芸能ライターが証言する。

「宮迫の妻は、売れない時代から彼を支えてきた年上の女性ですが、本当に鬼嫁なのかは疑わしいところです。宮迫は2017年に不倫騒動を起こし、『オフホワイト』というセリフが話題になりましたが、実は11年にも不倫をスクープされています。しかも、宮迫は時計が趣味で、“芸人時計部会長”を自称しており、ファッション雑誌で披露した時計コレクションの総額は3,000万円にも上ります」(芸能ライター)

2度にわたって不倫を報じられた上、趣味へ数千万円をつぎ込む人間に恐妻をアピールされても、確かに説得力はゼロ。不倫についていえば、「バレたのが2度も? 恐妻家というより亭主関白では?」と考えるのが自然だろう。なぜ彼は恐妻家をアピールするようになったのか?

「元来、生真面目な宮迫は、キツめに見られることを気にしており、以前はハゲの自虐が持ちネタでした。しかし、薬用シャンプーのCMに起用されたことでハゲネタは封印となり、代わりに捻り出したのが芸人として生き残るための恐妻家ネタです。当時、北斗晶やジャガー横田らの“鬼嫁ブーム”が起こり、お笑い芸人の間でもノッチ(デンジャラス)やモンキッキーなどが恐妻家ネタでバラエティに出るようになったので、それに乗っかった形です」(同)

ちなみに恐妻家ネタについては、こんな声もある。

「鬼嫁ネタで今も大人気の北斗晶ですが、夫の佐々木健介は新日本プロレス時代、獣神サンダー・ライガーや船木誠勝らと並んでイジメやシゴキがひどいことで有名でしたから、古くからのプロレスファンは『あの健介が恐妻家?』と鼻で笑っています。ちなみに、ジャガー横田の夫も過去に愛人の存在が報じられており、『実際は亭主関白』というのが定説です」(格闘技担当記者)

もともとは「ギャラがもらっていなかった」というウソが騒動を大きくした宮迫。騒動をきっかけに、“恐妻家”というウソも封印したほうが身のためのようだ。

宮迫博之、謝罪会見でもウソ? 金塊強奪犯の新証言で「明石家興業」入りは頓挫か

日刊サイゾー2019/07/26 12:00配信記事より引用

記者会見が演技だとしたら?これが誰かが書いた絵図だとしたら…

もし記者会見が嘘だとしたら…亮さんは演技とは思えないので吉本バッシングの絵図を書いた人がいたとしたら?吉本「闇営業問題」二人の島田さんの意見 影響はどちらが大きい?

「引退」せずに済むのかは、いまだ不透明な状況だ。

『スポーツニッポン』が雨上がり決死隊の宮迫博之が“明石家興業”での出直しを希望していると報じ、話題を呼んでいる。

「明石家さんま自身は吉本興業所属ですが、税務対策として個人事務所『オフィス事務所』を構えており、騒動後、一早く個人事務所への受け入れを申し出ていました。吉本は契約解除を撤回していますが、宮迫本人は『新たな場所でやっていきたい』という気持ちになっているそうで、さんまを後ろ盾に復帰を目指したい考えのようです。松本人志もさんま同様、『松本興業』を立ち上げて、受け入れようとしていましたが、大崎洋会長、岡本明彦社長ほか経営陣の大多数が“ダウンタウン一派”である現体制こそが、“松本興業”そのもと気付いたのかもしれませんね」(芸能ライター)

そんななか、7月26日売りの「FRIDAY」(講談社)が、前号に続いて半グレ金塊強奪犯との“ギャラ飲み”を追撃。それによると、宮迫が謝罪会見でウソをついた可能性もあるという。

「先日の会見で、宮迫は半グレとのギャラ飲み疑惑については『トイレがから出てきたところで無理やり撮影させられた』『ギャラは受け取っていない』と反論していました。今回、『FRIDAY」は当事者の野口和樹被告を獄中インタビュー。『無理やり席に連れてきていない』『(自分の)入れ墨ははっきり見えていた』との言質を引き出しています。また、前号で登場した目撃者もあらためて『宮迫さんは同席者から現ナマで5万~10万円を渡されていた』と断言しており、宮迫がここでもウソをついていたとなると、今度こそ、さんまもかばいきれなくなるでしょう」(週刊誌記者)

芸人の反社繋がりや闇営業の問題が社長のパワハラ問題みたいにすり替わった感があるが、一周まわって世間の空気も「宮迫は引退やむなし」となっていくかもしれない。

宮迫の処分撤回の撤回も…吉本発表ににじむ困惑、異例の記載

ディリー2019.07.26配信記事より引用

記者会見が演技だとしたら?これが誰かが書いた絵図だとしたら…

これも演技か?

吉本興業は26日、雨上がり決死隊・宮迫博之の契約解消処分を撤回すると表明した件について、一部報道が事実ならば、再び宮迫の処分撤回を撤回する可能性を公式ホームページで発表した。

宮迫は19日発売の「フライデー」で金塊強奪事件の主犯格とされる人物との会合に出席し、金銭を受け取っていたと報じられた。宮迫は田村亮と行った20日の会見で、「金銭は2000%受け取ってない」と強く否定。吉本も宮迫の言葉を信じ、22日の岡本昭彦社長の会見で、宮迫の処分撤回を表明した。しかし、26日発売の「フライデー」で再び金銭授受の証言が報じられた。

吉本がこの日発表した公式HPでの文面には、宮迫の発言への不信感も行間ににじむ。

「宮迫氏は7月20日に国民の皆様の前で行われた田村亮との記者会見の場において、金銭受領の否定を強く主張されており、弊社のヒアリングに対しても『絶対に受け取っていない。2,000%受け取ってない。』とも主張されております。」と宮迫が今回の報道について金銭授受を強く否定したことを説明。

その上で当初、宮迫が振り込め詐欺グループの宴席に同席した際に100万円を受け取っていたとする報道について認めず、後輩芸人たちにも口裏を合わせるよう指示した事実があることから、「弊社が行った『反社会的勢力主催パーティ参加の真偽確認』の際にも、宮迫氏より虚偽報告を受けていることから」と明記した上で、「弊社としてもどちらを信じていいのか、困惑しております」と記した。

そして、「弊社としましては、宮迫氏の主張を疑うことなく信じておりますが、万一にも、一部報道が事実であれば、先日、会見の場で発表させて頂いたマネジメント契約解消の撤回についても、再度検討せざるを得ない状況です」と異例の記載。一方で、「しかし、我々としては宮迫氏の主張を信じ、同じテーブルについて頂けるよう、引き続き打診を続けていきたいと考えております」と宮迫の主張を信じたい思いとの板挟みであることを明かしている。

関連記事:芸能界の「闇」「言いたいことはあるが言えない」小出恵介さん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー