お節介オヤジの呟き

吉本「闇営業問題」二人の島田さんの意見 影響はどちらが大きい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレビ局は盗撮の常習犯?
Reading Time: 2 minutes

 



 

吉本「闇営業問題」二人の島田さんの意見 影響はどちらが大きい?

未だに吉本「闇営業問題」が世間を騒がせていますが、吉本と言うか芸能界を引退した「島田紳助」さんの発言が注目されていますね。一方で吉本を止めたり戻ったり現在は何故かオスカーに所属している「島田洋七」さんは全く違う意見を言っていますね。この騒動に乗っかって様々な意見を言っている芸人さんが多い中でナインティナイン岡村隆史さんはご自身の意見を述べています。こういう岡村さんの意見は説得力があると感じました。皆さんはどうお考えですか?

島田紳助氏、吉本騒動でさんまに8年ぶり連絡「知らん顔したらあかんと思った」

SANSUPO.COM 2019.7.25 11:38配信記事より引用

吉本「闇営業問題」二人の島田さんの意見 影響はどちらが大きい?

25日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・0)は、闇営業問題に端を発した吉本興業の一連の問題を特集。番組は暴力団との交際で引退した元所属芸人の島田紳助氏(63)に取材し、同氏のコメントを紹介した。

島田氏はカメラを回さないことを条件に取材に応じたといい、そのやりとりをナレーターが吹き替える形でVTRを放送。島田氏は騒動を収束させるため2人のキーマンと連絡を取っていることを明かし、大崎会長と「しゃべってますよ。うまくやろうね、誤解を解いてやろうねって。誤解、解きたいじゃないですか。皆、フラットな気持ちで話そう。ちゃんと言葉で伝え合おうぜ。喋るのが商売なんやし。そうすれば誤解もほぼ解けるってそう言って話していたんです」とコメント。

また、お笑いタレント、明石家さんま(64)とも「連絡しました。8年ぶりぐらいに。まあ、僕も仲がええから、爆笑しながらしゃべってましたよ」と具体的な内容には触れなかったが、「あいつもみんなもそうですよ。これは一大事だと思うから、知らん顔したらあかんと思って。皆、個人事業主じゃないですか、タレントって。皆知らん顔をするんだけど、これはしたらあかんと思って、皆熱くなっているから素晴らしいね」と語っていた。

島田洋七、吉本社長の会見「8割うそ」 弁護士の呼び方「あれが本性」

SANSUPO.COM 2019.7.24 15:41配信記事より引用

吉本「闇営業問題」二人の島田さんの意見 影響はどちらが大きい?

お笑いコンビ、B&Bの島田洋七(69)が24日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に生出演。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら所属芸人11人が反社会勢力から金銭を受け取っていた闇営業問題で、吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日に東京都内で行った会見に苦言を呈した。

島田は会見の内容について「大失敗でしょうね。会社にしては下手やしね。目はあっち行くし」と内容や社長の振る舞いをバッサリ。さらに「ときどき恫喝してましたよね。弁護士を呼ぶときに『小林ぃ!』って。あれが本性ですよ、彼の。テレビ的には『宮迫くん』とか(呼んでいたけど)『くん』をつけたくなかったと思う」と推測し、「もう、(芸人が)かわいそうなくらいキツかったよねあの会見」とぼやいた。つづけて「5時間半も要らないじゃない。全部話をすりかえるし。8割はうそでしょうね」と私見を述べた。

岡村隆史「吉本興業」退社保留の加藤浩次は「やめません」 闇営業問題の騒動化に本音

ORICON NEWS 2019-07-26 01:09配信記事より引用

吉本「闇営業問題」二人の島田さんの意見 影響はどちらが大きい?

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、25日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(深1:00)に出演。経営陣が刷新されなければ、所属する吉本興業を辞めると明言しているお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次について言及した。

番組冒頭で「何か面白いことありませんかね。なんか、楽しいことってなんかないですかねって思っていますよ」と切り出すと「この1週間もうなんか、なんやこれはっていうことが起きましてですね。いろんな方々がいろいろおっしゃっていますけど、なんとなく僕の番が回ってきなと、何も言うことないっちゃなかったりするんですけど、今一度みなさん冷静になりましょう」と呼びかけた。

続けて「落ち着いてください。ちょっと感情的になりすぎているといいますか。わちゃわちゃってなっているなと。日にちが経つにつれ、話がすり替わっていっているんですよ。なので、僕…その分みなさん冷静になった方がいいんじゃないですかって。僕は(コメントするまで)時間ありましたからね。冷静になってくださいということです」と率直な思いを吐露。「言葉選ばんとえらいことなるから、恐る恐るしゃべりますけど、最初にね、やっぱりこれは一貫して言ってきていますけど『お金をもらっていない』と言ったことが原因で、それは宮迫さんもわかっていると思います。すべてはそこなんですよ。それはアカンところなんです」と語った。

その上で「会見をした。宮迫さんと亮が。謝罪会見やったと思います。していたけども、世の中の人は『正直に話してくれてありがとう』となったんですけど、それができたら最初に正直に言わなアカンかったんです。そこホンマに最初に言っておけば、こんな事にならなかったんじゃないか」と指摘。「そこから加藤浩次が『上が変わらなければやめます』と。ちょっと待てと。加藤浩次がやめる必要性はどこにもない。勝手に言いますけど、加藤浩次はやめません。そして、おそらく現場の人間もやめさせないと思います」と言葉に力を込めた。

加藤とも直接やり取りをしたようで「感情的になったらあかんと言いました。オレは冷静やと言うねんけど。極楽とんぼでやってきて、山さん(山本圭壱)がああいうことになり、復帰に向けてやってきましたけど、いろんな思いがあるんでしょう。なかなか会社としてはいかへんということで、ジレンマにあった中で、そういう思いもわかる。その気持ちもわからんでもないけど、それと同じように若手の方々がギャラ問題とすり替わって。加藤浩次の思いと若手の方々の思いを一緒にしてはいけない」と話した。

その上で「加藤浩次のああいう、あそこの男気、あそこが加藤浩次やと思う。でも、そんなこと言うなと。吉本興業にいないといけない人間やし、いなくなったら困る。オレらも仲間やし。ずっと一緒にやってきたから、やめると言ったら嫌なんです。絶対やめると言っても、やめさせません」ときっぱり。「すぐに言うた時に連絡しました。それは。確かにしゃべったら冷静やねん。加藤さんの思いはあるねん。それは山本さんの一件やねん。別にええやん、やめる言うたちゃんかっていうけど、やめませんで(笑)。吉村(崇)だけやめたらええのちゃうかな」と笑いを交えながら思いを口にしていた。

加藤は22日放送の日本テレビ系『スッキリ』で、特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で、吉本興業との契約解消処分となった宮迫博之(雨上がり決死隊)と、謹慎中の田村亮(ロンドンブーツ1号2号の)が20日に行った謝罪会見についてコメント。取締役ほか経営側の刷新を求め、同社の「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」と、強い口調で訴えた。

その後、23日に吉本興業の大崎洋会長と話し合いを行い、翌24日放送の『スッキリ』で「平行線のまま」「合致点がなかなか見つからない」として、同社退社はいったん保留としたことを報告。「平行線で3時間話すことになって。結果としてやっぱり一回大崎会長は『持ち帰えらせてくれ』という形になって。まだ平行線のままですね」と現状を伝え「これからさらに話す機会を持ちながら」と明かした。

岡村隆史、会見前の宮迫博之と電話「オレの好きな宮迫さんやった」 ラジオに『ガキ使』藤原寛氏も同席

ORICON NEWS 2019-07-26 01:09配信記事より引用

吉本「闇営業問題」二人の島田さんの意見 影響はどちらが大きい?

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、25日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(深1:00)に出演。吉本興業所属の芸人らが振り込め詐欺グループの宴会に出席し、金銭を受け取るなどした「闇営業」問題を巡る騒動について、雨上がり決死隊の宮迫博之と電話を行ったことを明かした。

 ロンドンブーツ1号2号の田村亮とともに行った会見の前日に、宮迫から電話があったそうで「楽屋帰ってきた時に(着信履歴を)見たら宮迫さんやってん。仕事全部終わってから、電話かけて『大丈夫なんか』と。『ごめん、申し訳ない』と。なんでこうなったかという話をしてくれたんですね。そこは聞くしかなかったし、腹くくったんやったらしゃーないなと、わかりましたと言いました」と告白。「会見のことも言うてたから、腹くくったんやったらそこでちゃんとやったらええのやないのと言うたら、最後に『蛍原を頼む』と言うた。オレが好きやった宮迫さんやなと思った。もともとはそういう人やったと思うねん」と思いの丈を口にした。

 続けて「会見の前の日にそういうことがあって、オレひとりでは抱えきれんというか。どうしてええかわからへんから、さんまさんに電話しました」と回顧。「(さんまが)『預かるという風には思っている』と。それを聞いて、ちょっと安心する部分はあって。そこでいろいろこうしようということは言いはって、その時は手伝えって言われたから、わかりましたと言いました」とさんまとの電話会談の様子を明かした。

 宮迫との電話を通して感じる部分があったようで「ずっと昔遊んでいた時の、どこかから変わってしまったのが戻ったというか。これからも問題はあるけども、やったことはアカンけど、ちょっとなって思っていた気持ちがちょっとこれでちゃんとした、やってきたこととかを反省して、やってくれるんちゃうかなって思ったりもしています」とコメント。

 日本テレビ系大みそか特番『笑ってはいけない』シリーズでおなじみの吉本興業の藤原寛副社長も、この日の放送に立ち会っているようで「怖い顔で藤原副社長が見ているんですけど、なんかメモとか取っているんですか」と冗談交じりにチクリ。「藤原さんだけですよ。何も持ってこないの。なんで僕が藤原さんにグミ渡さなあきませんのん。変わっていきましょう」と前向きに呼びかけていた。

関連記事:「加藤の乱」も島田紳助さんは「加藤はやめへんよ、心配せんでも。」と発言

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー