ビデオオンデマンド・BS・CS情報

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 3 minutes




 

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

浜田麻里さんと言えばお節介オヤジが若い頃から女性ボーカリストとして活躍していました。歌声もそうですがビジュアルも相変わらずの美しさですが実際の年齢は1962年生まれですからお節介オヤジよりも年上ですよ。本当に凄い!その浜田麻里さんが26年ぶりに日本武道館で単独ライブを行った。そのライブをWOWOWで独占放送されます。浜田麻里さんの歌声を聞いたことがない方も昔を懐かしく思い出して観るのもいいでしょう!

Gracia (初回限定盤 2CD+DVD) [ 浜田麻里 ]

価格:4,527円
(2019/7/9 19:20時点)
感想(10

Light For The Ages -35th Anniversary Best~Fan’s Selection- [ 浜田麻里 ]

価格:3,780円
(2019/7/9 19:49時点)
感想(2件)

浜田麻里、約26年ぶりの武道館ワンマンで見せた進化の証

BARKS 2019.7.9 12:21配信記事より引用

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

Photo:Yoshika Horita

浜田麻里が4月19日に開催した、デビュー35周年のアニバーサリーイヤーを締めくくる東京・日本武道館公演<The 35th Anniversary Tour “Gracia” 日本武道館>の模様が、7月27日にWOWOWで独占放送される。放送に先駆けて、同公演のライブレポートをお届けする。

1983年4月のデビュー後、そのハイトーンヴォーカルを武器にヒット曲を連発し80年代を駆け抜けた浜田麻里。昭和から平成へ時代が変遷する中でも、彼女は自らの理想の音楽を追い求め続けた。国内外の屈強なミュージシャンとのセッションで構築した鉄壁のサウンドプロダクション。“伝えること”を大切にしたメッセージ性の強いコトバとメロディ。極限に迫るクオリティは、彼女の作品に時代を超える普遍性を与えている。

去る4月19日に開催された彼女の35周年アニバーサリーツアーファイナルは、実に約26年ぶりとなる日本武道館公演。チケットは即日完売し、満場のオーディエンスは祝福モードで彼女の登場を待ち焦がれていた。

オープニング映像の後にイントロが流れ、ドレスに身を包んだ浜田麻里がステージに登場する。1曲目は最新アルバム『Gracia』収録の「Right On」だ。立ち塞がる壁を越えて、涙を吹き飛ばして歌う。まさに自らの生き様を歌ったアンセムに客席が熱く呼応する。続く2曲目も『Gracia』収録のへヴィなナンバー「Disruptor」。曲名の意味は“破壊者”。ここでも冷笑する常識に挑む自らの姿勢を示す。冒頭からテンション全開で歌い上げる彼女を鉄壁なバンドサウンドが支える。

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

Photo:Yoshika Horita

MCで感謝の言葉を伝えた後は、昨年のファン投票で1位を獲得した名ロックナンバー「Blue Revolution」と30年前のこの日にリリースされた「Return to Myself ~しない、しない、ナツ。」、そして「Nostalgia」を披露する。ファンと共に歩んできた彼女の歴史を彩る代表曲だ。

その後、彼女は自らの矜持である“精進すること”の意味をステージから語りかける。彼女は身を削る覚悟で真っ向から音楽表現に挑んできた。その切なくも熱くイノセントな想いが込められたのが、アコースティックギター1本の伴奏で歌われた「Promise In The History」と「Canary」。ヴォーカリストとしての魅力が想いに重なる素晴らしい熱唱だった。

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

Photo:Yoshika Horita

ステージ中盤、MR.BIGのベーシスト、ビリー・シーンがステージに登場する。彼女と何度も共演してきた超大物の登場に武道館中のハートが着火する。前作アルバム『Mission』収録の「Sparks」そして「In Your Hands」。二人のベーシストによるバトルも交えたセッションでボルテージは最高潮に。続く『Gracia』収録の「Dark Triad」「Black Rain」そして「Orience」。爆走するメタルナンバーの連発に会場の興奮はレッドゾーンを振り切っていた。

本編最後は約30名のオーケストラ演奏が加わった「Zero」。シンフォニックなサウンドと彼女の歌声が混ざり合い、極上の音楽空間が武道館を包む。至福に満ちた大きな余韻が残る中、彼女はステージを降りて行った。

熱いアンコールを受けて、ステージに戻ってきた彼女はTシャツと短いデニム姿。1988年のシングル「Forever」、デビューアルバム収録曲「All Night Party」、大ヒット曲「Heart and soul」とメドレーで歌う。大切な何かを優しく抱き締めるかの様に歌う彼女と、感慨深げにステージに声援を贈るオーディエンス。お互いの歩みを確かめあう様な共鳴が武道館にこだましていた。ダブルアンコールの最後に彼女は名バラード「Tomorrow」を歌い上げ、コンサートの幕は閉じた。

平成最後の彼女のステージは、新旧織り交ぜたセットリストながら新しい時代のはじまりさえ予兆させていた。最新アルバム『Gracia』収録ナンバーが多く演奏されたのは、彼女が今も進化し続けていることの証と言えるだろう。

普段メディアにほとんど登場しない彼女は、音楽を通じてのみ自らを表現してきた。作品とステージのみがその存在を照らす。彼女ほどストイックで真摯なアーティストは例を見ない。全てを音楽に賭け戦い続けた彼女の軌跡(奇跡)は、日本のロック史の中でさん然と輝いている。

日本が世界に誇る孤高のロックアーティスト浜田麻里。その魅力を番組を通じて体感して欲しい。

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

Photo:Yoshika Horita

 

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

Photo:Yoshika Horita

浜田麻里 The 35th Anniversary Tour “Gracia” at 日本武道館

2019年7月27日(土)午後5:10[WOWOWライブ]
番組サイト:https://www.wowow.co.jp/mari/(プロモーション映像公開中)

本格派女性ロックボーカリスト、ヘヴィメタルの女王としての地位を確立している浜田麻里。デビュー35周年の集大成、26年ぶりとなる日本武道館公演を独占放送!

1983年にメジャーデビュー。1989年にリリースした「Return to Myself ~しない、しない、ナツ。」がオリコンチャート1位を獲得し、幅広い音楽ファンにハードロックのサウンドを浸透させた浜田麻里。そんな彼女が2018年にデビュー35周年を迎え、約2年6カ月ぶりとなるオリジナルアルバム『Gracia』をリリースし、同作を引っ提げての全国ツアー「The 35th Anniversary Tour “Gracia”」を展開してきた。
そして、このツアーのゴールとして設定されたのが、彼女にとって26年ぶりとなる日本武道館公演だ。WOWOWは、4月19日に行なわれるこの武道館のステージの模様を独占放送する。“女王”の武道館再降臨への期待は大きく、発売早々にチケットは完売し、まさにプレミアムなライブを予感させる。多くの後進がその背中を追った、女性ハードロック・ヘヴィメタルの“頂点”が見せる圧巻のパフォーマンスに期待だ。

  • 収録日・収録場所 2019年4月19日/東京 日本武道館

【浜田麻里 The 35th Anniversary Tour “Gracia” at 日本武道館】直筆サイン入り武道館パンフレット

 

WOWOWで独占放送デビュー35周年日本武道館単独ライブ浜田麻里

1983年にメジャーデビュー。1989年にリリースした「Return to Myself ~しない、しない、ナツ。」がオリコンチャート1位を獲得し、幅広い音楽ファンにハードロックのサウンドを浸透させた浜田麻里。そんな彼女が2018年にデビュー35周年を迎え、約2年6カ月ぶりとなるオリジナルアルバム『Gracia』をリリースし、同作を引っ提げての全国ツアー「The 35th Anniversary Tour “Gracia”」を展開してきた。
このツアーのゴールとして設定されたのが、彼女にとって26年ぶりとなる日本武道館公演だ。WOWOWは、4/19に行なわれたステージの模様を独占放送する。

放送を記念して、浜田麻里の直筆サイン入り武道館パンフレットを、抽選で3名様にプレゼント!
たくさんのご応募お待ちしております。

【賞品】直筆サイン入り武道館パンフレット  3名様



関連記事:懐かしい…話題になるのも当然。変わらない歌声の浜田麻里


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー