ビデオオンデマンド・BS・CS情報

まだ観てませんか?『人間の証』フェイクドラマとは思えない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



まだ観てませんか?『人間の証』フェイクドラマとは思えない!

フジテレビの深夜枠で放送されていた『人間の証』。放送時間が平日の深い時間に放送されていました。飲んで帰ってきてテレビをつけたら『人間の証』を観たら…え!マジ!と引き込まれてしまうことは間違いないフェイクドラマです。でもフジテレビの日曜日に放送されている「ザ・ノンフィクション」があるだけに本当のことかと思ってしまうと思います。『人間の証』の前半から”ありえそう”という感じがありましたが後半はもの凄い”リアル感”です。まだ『人間の証』をご覧になっていない方はFODプレミアムでご覧になって頂きたいですね。

小倉優香がポルノ女優だったら…鼻水たらし号泣する演技に視聴者「やられた」

クランクイン 2019/7/6 18:31配信記事より引用

女優の小倉優香が2日放送のフェイクドキュメンタリー『人間の証』(フジテレビ系)の最終回に出演し、鼻水をたらしながら号泣する迫真の演技で、多くの視聴者たちが騙された。

この番組は、気鋭の映画監督・三浦大輔が、さまざまな女性にインタビューするという形式で進んでいくフェイクドキュメンタリー。今まで橋本マナミや手島優、今泉佑唯らが出演し、演技の向こうの“リアル”が垣間見える番組として話題になっている。今回のテーマは「もしも小倉優香がポルノ女優だったら…?」。

ところが、今回は冒頭から三浦監督が小倉と打ち合わせするシーンが放送される。というのも、小倉が三浦監督の要求する水準の芝居ができなかったため、急きょ今回に限り「フェイクドキュメンタリー」ではなく、そのメイキングまで見せていく「リアルドキュメンタリー」にすることが決まった、というのだ。

三浦監督は撮影中、カメラを止めると小倉に対して、「シーンの意図、分かってます?」「セリフに自分を乗せていくって分かる?」と厳しい言葉を浴びせていく。小倉は「何がダメか分かんないです」と困惑。三浦監督からは小倉のいないところで「最終話にしてミスキャストっていう…」と言葉まで飛び出す始末だ。

さらに三浦監督が「小倉さん(この番組)やめた方がいいと思います」と本人に話すと、小倉は「自分じゃない人をやり続けると本当の自分を否定しているみたいで…」と涙ながらに語る。しかしその後も小倉の演技が改善されることはなかった。

ラストシーンは、マネージャーに対して本音を語るシーン。小倉は鼻水をたらしながら号泣して思いの丈を語ったが、ここで突然、三浦監督から「はい、カットー!」の声。

花束を受け取った小倉が「ここでフェイクのフェイクが終わったってことですよね?」。三浦監督が「小倉さんの下手な演技は」と問いかけると、小倉は「演技です」。三浦監督が「上手い演技も」と問うと、小倉は「演技です」と笑顔で返していた。最終回は「フェイクドキュメンタリーを諦めたリアルドキュメンタリー」という設定で、やはり「フェイクドキュメンタリー」だったのだ。

SNS上では「やられた…ちょっと悔しい」「小倉優香凄いな、舐めてたわ」「女って怖いわ~」など、小倉の演技に騙された視聴者の声が多く寄せられた。

手島優が派遣嬢に?「人間の証」で見せた演技力の高さにカン違いした人続出!

6月25日深夜放送のフェイクドキュメンタリードラマ「人間の証」(フジテレビ系)に主演した手島優。手島が与えられた設定は、芸能界を引退して、大人の夜のサービスをする派遣嬢になるというもの。

実年齢36歳の手島は28歳と偽り、「てじまゆう」の真ん中の2文字を取って「まゆ」という源氏名で、実はすでに派遣嬢とタレントとの二足のワラジを履いているが、ドラマの終盤では両親に「芸能界を引退して」派遣嬢の「1本に絞る」との決意を涙ながらに告げにいくという内容だった。放送後、手島はツイッターを更新。〈ヤバイ。笑笑 友達からも〉派遣嬢になったのかと〈めちゃ連絡くる!〉と綴ったり、〈ドラマですよー! これはフェイクドキュメンタリードラマですよー!! 全部セリフなのですよー!!〉などと説明。それでも誤解コメントを送ってくるファンに対し〈あの私、芸能界引退しないですよー みなさん!! 【人間の証】はドラマですよー!!フェイクドキュメンタリードラマですよー!!〉と返信するほどの大反響となった。

「手島の演技は実にナチュラルで真に迫っていて、ドラマや映画で主演を張っていても演技が“棒”な女優たちに見てほしいほどでした。もともと手島は10歳の時に劇団に入り活動を開始。08年3月公開の映画『ダーク・ラブ~Rape~』ではダンカンに襲われるヒロインを果敢に演じ、大人気ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』(テレビ東京系)では、コミカルなゾンビを演じるなど、女優としても活動していました。しかしグラビアタレントとしての印象が強く、ドラマや映画に出演しても演技力を問われる役どころより肌見せの多い役どころばかり。バラエティ番組でもヨゴレ役を担っていました。ですが、演技力には定評があります。この『人間の証』をきっかけに同じ事務所の先輩である菜々緒のように、本格女優へと活動の場を変えてほしいものです」(テレビ誌ライター)

同ドラマのオフショットシーンでは、三浦大輔監督に「今度、映画出してくれるんですよね。証人もいっぱいいるし」と言っていた手島。ぜひとも三浦監督によるスパルタ指導で本格的な女優を目指してほしいものだ。

関連記事:人間の証はフェイクドキュメントとは思えないリアル感

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー