ビデオオンデマンド・BS・CS情報

Jリーグを世界へ!地域とのつながりを再構築と、社会貢献活動が目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



Jリーグを世界へ!地域とのつながりを再構築と、社会貢献活動が目的

日本のプロ野球とJリーグの違いで言えば、プロ野球は親会社主体、Jリーグの場合は、地域密着という点だと思いますが、このところ地域密着という点が薄れてきている様な気がします。そんな中で『Jリーググローバルアンバサダー』をおき、Jリーグの素晴らしさや価値を世界にPRすると共に地域とのつながりを再構築と、社会貢献活動が目的という。日本代表が強くなるには「Jリーグ」が強くならないといけないと思うので『Jリーググローバルアンバサダー』の4名にはPRを頑張ってもらうと共に地域密着を再構築して頂きたいですね。

 

Jリーグを世界へ! ジーコ、ブッフバルト、ドゥンガ、洪明甫がアンバサダーに「本当に光栄」

SoccerKing 配信記事より引用

Jリーグを世界へ!地域とのつながりを再構築と、社会貢献活動が目的

Jリーググローバルアンバサダーに就任したジーコ氏(右)とブッフバルト氏(左)、中央は村井チェアマン [写真]=J.LEAGUE

Jリーグは27日、過去に日本でプレーした経験を持つジーコ氏、ギド・ブッフバルト氏、ドゥンガ氏、洪明甫氏の4名が『Jリーググローバルアンバサダー』に就任したことを発表。同日、ジーコ氏、ブッフバルト氏、村井満Jリーグチェアマンが出席して、会見が行われた。

同アンバサダーは国内外で影響力のあるレジェンドとの継続的な関係性を再構築することでJリーグの素晴らしさや価値を世界にPRしてもらうことや、過去在籍クラブにおいて、地域とのつながりを再構築すること、社会貢献活動を目的としている

1994年から97年までは選手として、2004年から06年までは監督として、それ以外にもスタッフとして浦和レッズに在籍していたブッフバルト氏は、「今回のお話をいただいた時、すぐにお手伝いをさせてほしいと思いました。Jリーグのグローバル化は早く取り組んでほしかったですし、ドイツではDAZNのおかげでJリーグを見られる環境にあります。私もドイツで見ているんです」と、即決だったこと、そして欧州やアメリカ大陸で展開されているDAZNの影響力を生かすタイミングであることを主張。

「ジーコさんと一緒に就任ということも光栄に思います。ブラジルサッカーについて、非常にリスペクトしていますし、本当に光栄」と喜びも口にすると、「Jリーグの魅力を世界どんどん伝えていくべきだと思うので、ぜひお手伝いをさせてほしいです」と意気込んだ。

1991年から94年まで鹿島アントラーズ(住友金属含む)でのプレーと99年に代行監督経験を持ち、2002年から06年まで日本代表も率いたジーコ氏も、ブッフバルト氏同様「一生懸命取り組んでいきます。今はブラジルにもDAZNが進出していて、Jリーグがブラジルでも見られるようになりました。常にブラジルの選手たちとも話をしていますよ」と、影響力が拡大していることを主張すると、「Jリーグは私にとっても非常に大切な存在ですし、何か私にできることがあるのであれば、何でも相談してください」と、全面的な協力を約束してくれている。

村井チェアマンは「(2017年末に開催された)マラカナンでのチャリティマッチにジーコさんからご招待いただきました。馴染みのセレソンの選手たちが数多く集まっていました。ジーコさんがOB、レジェンドをとても大切にしていて、それがすごく財産だなと感じました」「大変多くの外国籍選手がJリーグでこれまで活躍しており、ネットワークをしっかりとし、Jリーグの現在を発信していくのは可能ではないかと考え、外国人選手のOB会についてジーコさんに相談したのが発端です」と、グローバルアンバサダーを新設した理由を説明。

世界的に知名度がある4名をまずは起用することとなったが、「(Jリーグは)世界で視聴される状況にもあります。皆さんには発信のお手伝いをしていただきたいと思っています。Jリーグは現在、多言語化を進めていますが、グローバル化していくJリーグの橋渡しをしていただきたいです」と、今後の活動にも期待を寄せている。

Jリーググローバルアンバサダーとなった4名は今後、全世界で広くJリーグをPRしていく。また、今後は4名以外にもレジェンドをアンバサダーとして起用していく予定となっている。

「良い意味で非常に驚いた」「浦和は正直すごかった」、ブッフバルト&ジーコは浦和のACL大逆転8強入りに感嘆

ゲキサカ 19/6/27 18:45配信記事より引用

Jリーグを世界へ!地域とのつながりを再構築と、社会貢献活動が目的

ギド・ブッフバルト氏とジーコ氏がACLを語る

Jリーググローバルアンバサダーの就任記者会見に出席したジーコ氏とギド・ブッフバルト氏は、トークセッションの中でそれぞれが所属していた鹿島アントラーズと浦和レッズについて触れた。

アジア王者の鹿島はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦で広島との日本勢対決に挑み、第1戦は1-0で勝利したが、25日の第2戦は2-3で敗戦。しかし、アウェーゴール差により薄氷の8強進出となった。

一方、浦和も同じく1回戦で蔚山現代と対戦し、第1戦は1-2で敗戦。しかし背水の陣で挑んだ26日の第2戦で3-0の勝利を収め、大逆転でベスト8入りを決めていた。

ブッフバルト氏は1994年から97年まで浦和でプレーし、04年から06年までに浦和の指揮官も務めた。古巣の大逆転を目の当たりにし、「良い意味で非常に驚いた」と笑顔。「レッズはJリーグで10位にいるが、蔚山はKリーグで3位。その中で落ち着いて集中してプレーした。Jリーグのレベルが上がっていることの証明になった」とリーグ全体のレベルの高さの証明になったことを挙げた。

ジーコ氏は91年に住友金属工業蹴球団に加入し、92年から鹿島の選手として94年の現役引退までプレー。99年には鹿島の総監督に、昨年からはテクニカルディレクターとしてチームに関わっている。鹿島と広島の試合には「正直いうとタフな試合でした」と苦戦を認め、「広島も非常に強いチーム。鹿島は有利でしたが、ゴールチャンスはそんなにつくれなかった。鹿島らしいサッカーではなかった」と内容を振り返る。FW鈴木優磨を始め、負傷中の選手が多いことにも触れ、「とりあえず良い結果を残していますけど、この先がちょっと心配です」と不安も語った。

さらにジーコ氏は浦和戦にも言及。「正直、浦和はすごかった」と逆転勝利を称賛し、「(鹿島と浦和が)ともに進むことができて本当に嬉しく思っています」と喜びを口にした。

(取材・文 石川祐介)



関連記事:サッカー中継はDAZN一択?日本代表戦もDAZN

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー