お節介オヤジの呟き

芸人さんの「闇営業問題」どこまでが本当?嘘?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 1 minute



芸人さんの「闇営業問題」どこまでが本当?嘘?

 

サバンナ高橋 芸人たちのウソは「入江がすごいスピードで解雇された」恐怖からと推察

ディリー 2019.06.25.配信記事より引用

芸人さんの「闇営業問題」どこまでが本当?嘘?

サバンナの高橋茂雄(43)が25日、フジテレビ系の生番組「直撃LIVE グッディ!」で、振り込め詐欺グループとの闇営業で金銭を受領していたことが判明した雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら芸人11人が所属する吉本興業から謹慎処分を受けた問題で、芸人たちが金銭授受について当初ウソをついていたのは、闇営業を主導していたカラテカ・入江慎也(42)のスピード契約解除から来る恐怖があったのではと指摘した。

高橋も11人と同じ吉本興業所属で、処分された芸人には先輩も後輩もおり、レイザーラモンHG(43)は同学年、天津・木村卓寛(43)は同じ1976年生まれだ。

キャスターの安藤優子(60)から「例えば、こういう形で金銭の受け取りがあった時に、これ5年前ですよね、覚えてないってことってあるんですかね?意図的にウソをついたんじゃなくて、本当に覚えてないことってあり得るんですか?」と聞かれた高橋は「例えば、飲み会の延長でパッと行って、その後で入江が支払ってくれたっていう認識、宮迫さんがおっしゃっていたような形やったら、僕は覚えてへんっていうこともホンマにあるやろうし、5年前の一個の仕事のいくらもらったかまでは覚えてへんというのもあることなんかなとは思うんですけどね」と、数年前の金銭授受の記憶が曖昧であることはあり得ると説明。

その上で「結果的に、最初に聞き取り調査された時にはたぶん思い出してると思うので、その時にもらってないってハッキリおっしゃったっていうのはウソにあたるのかなと思いますね。気持ちを思うと、(亮が)保身という言い方をしてはりましたけど、今回、入江がすごいスピードで解雇されたんで、お金もらったと認めてしまうことが自分の解雇につながるっていうふうに思って怖くなるという気持ちはちょっと分かりますけどね。それが結局はウソになって信用を失ってしまったということなんでしょうけど」と、入江がスピード契約解除されたことへの恐怖が、保身のため芸人にウソをつかせたと推察した。

高橋は「(一報である)フライデーの記事が出る前に入江が解雇されるっていうニュースが出た。前例のあるケースじゃないんで、どこが解雇のラインなのかが、みんな分からなかったと思うんですよね。そうなった時に、自分がお金もらってたということをちゃんと伝えられへんかったという。まさに保身につながってしまったんやろうなと思います」と、沈痛な表情で分析していた。

「謹慎」田村亮、“唯一のウリ”の「いい人キャラ」も崩壊で冷ややかな声が続々!

Asagei+ 2019年6月27日 14:00配信記事より引用

 

芸人さんの「闇営業問題」どこまでが本当?嘘?

 

芸のない彼には今回の騒動はあまりに致命的!?

詐欺グループ相手の闇営業に参加し、金銭を授受していたことが発覚、吉本興業から活動休止の謹慎処分が発表されたロンドンブーツ1号2号の田村亮に厳しい声が向けられている。

この騒動で亮や雨上がり決死隊・宮迫博之ら11人が謹慎処分となっており、いずれの芸人たちも口裏を合わせたように相手が反社会的勢力であることを全く知らなかったことと、金銭の受領を当初は否定。

しかし、最新のコメントで亮は〈特殊詐欺グループの開いた会に、私ロンドンブーツ1号2号田村亮が参加した件で、金銭の受け取りがございました。自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます〉と、自身の立場が苦しくなることから虚偽の報告をしてしまったことを明かしている。また、具体的な活動休止期間は明かされていないものの、〈謹慎期間を通して、自分を見つめ直し二度とこんな行動をしない人間になるようにします〉と、自身がとった行動を悔やんでいる。

しかし、亮の謹慎処分について、世間からは「宮迫はともかく、亮はいなくても、番組的にはあまり影響ないだろ」「唯一のウリ、いい人キャラが崩壊しましたね」「おもしろくなくてもいい人だと思ったから応援してたけど、残念だわ」「これを機会に地道に暮らしてみては?」など、芸人としては屈辱的なコメントが多数ぶつけられている。

「宮迫は“間接的に”ギャラを受領していたと、お得意のアイマイな表現を使っているのに対し、しっかりと虚偽の説明をしていたことを認めているぶん、亮の方がまだマシといった声が一部で上がっているように、正義感が強いイメージがある亮。実際、世間の中では『亮がいるぐらいだからこれはシロだろう』と思う人がいるぐらいでしたし、その“いい人キャラ”が今回で崩壊してしまったのは残念なところ。それにロンブーの2人がレギュラー出演する『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)を見ていても、主な進行や欠かせない存在であるのは田村淳であることは誰が見てもわかること。実際、問題となった反社会勢力の忘年会でも亮は特に芸を披露することなく、他の芸人のパフォーマンスを見ているだけという何とも微妙な役どころでしたから、亮が出演しないところで『ロンドンハーツ』が今までと変わらないクオリティーのものに感じられる可能性も高いはず。実際、処分発表後の6月25日には、亮の出演部分をカットして『ロンドンハーツ』が放送されましたが、視聴者からは『いなくても違和感がない』といった感想が飛び出していました。亮としてはそれも切ない話ですが、復帰後に自身の存在感を示すことに一番苦労するはずでしょう」(エンタメ誌ライター)

謹慎期間中には復帰後に笑いをとる芸や発言などのプランを練っておくことをオススメしたい。

(田中康)

千原せいじ、闇営業問題に「代理店が入ってた。反社会勢力だと思いにくい環境やった」

スポーツ報知2019年6月25日 10時55分配信記事より引用

芸人さんの「闇営業問題」どこまでが本当?嘘?

25日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力の会合に出演していた「闇営業」問題で、金銭の受け取りがあったことを認め吉本興業が「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)ら11人を当面、謹慎処分にしたことについて特集した。

コメンテーターの千原せいじ(49)は「最初の嘘がなぁ。後からホンマの事を言うても、それが嘘じゃないかと思われてしまう」と最初の謝罪が虚偽の説明だったことが致命的だったとした。

「(カラテカ)入江が吉本をクビになりましたと連絡がその日にあって、詳しくは聞いてないんですけど、元々この営業は代理店が入ってたんです。代理店から来た仕事で、会場はホテルやろう。中々、反社会勢力だと思いにくい環境やったから。みんな反社会勢力って知らなかったっていう、そこに関してはホンマやと思うねん。俺もその立場だったら、代理店が入っててパーティー会場がホテルって言われたら。どこのホテルだったかは知らないですけど、代理店が入っててホテルでやるってなったら、ちゃんとした企業のパーティーやろなと思って」と語った。

 

関連記事:芸人の闇営業問題 なんで5年も前の事を蒸し返すの?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー