スポーツで熱くなろう!

サッカー中継はDAZN一択?日本代表戦もDAZN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 3 minutes



サッカー中継はDAZN一択?日本代表戦もDAZN

お節介オヤジがガキの頃、平日のテレビはプロ野球中継(と言っても巨人戦ばかりでしたが)。そのプロ野球中継もJリーグ発足以降は地上波での放送も激減。視聴率の上位番組はサッカーの日本代表戦だったりする。そんなサッカー日本代表戦ですら地上波での放送でなくDAZNでの配信で観る時代になってきている様です。本当にサッカー中継はDAZN一択なのでしょうか?

CL決勝も代表戦も「DAZN」で観る時代に…視聴環境の変化が日本サッカー界に及ぼす影響

SoccerKing 2019.06.01配信記事より引用

サッカー中継はDAZN一択?日本代表戦もDAZN

さあ、いよいよファイナルだ。

2018-19シーズンの欧州王者を決するチャンピオンズリーグは、明朝4時に頂上決戦のキックオフを迎える。スペインの首都、マドリードのワンダ・メトロポリターノで対峙するのはいずれもイングランドのトッテナムとリヴァプール。トッテナムにとって史上初、リヴァプールにとって14年ぶり6度目のタイトルを懸けた同国対決は、世界中の予想が大外れするほどの信じられないドラマに満ちていると期待したい。

皆さんはどんな“態勢”でこの一戦を見届けるだろうか。自宅で一人きりで観る? 友人を招いて観る? サッカーが好きな息子と早起きをする? 街に繰り出してスポーツバーで観戦する? いずれにしても、時差7時間の日本からこのビッグゲームを見届ける僕らにとっては、最高のゲームを万全のコンディションと態勢で迎えるちょっとした工夫が必要だ。決勝だけにあるあの特別な興奮を、やはりライブで味わいたい。

ちなみにこの決勝戦は、DAZNによって独占配信される。もっとも、1カ月間の無料トライアルが適応されるため、(大きな声では言えないが)1カ月以内にで退会してしまえば実質的にはタダ。ここ数日間で繰り返し流された「独占配信!」のテレビコマーシャルを見て、慌てて入会手続きを済ませた人も少なくないだろう。

ちなみに、6月14日にブラジルで開幕する代表チームの南米王者決定戦「コパ・アメリカ」には日本も参戦するのだが、この大会の中継もDAZNが独占配信する。(大きな声では言えないが)例えば、今日DAZNに入会すれば、もれなくコパ・アメリカのベスト8まで無料で楽しめるというわけだ。ところでこの記事はDAZNそのものの宣伝でも“無料視聴のススメ”でもない。趣旨は「時代は変わりましたね、皆さん」というオールドファン向けのノスタルジック・コラムであり、視聴環境の変化が日本サッカーにどのような変化をもたらし、それが未来にどんな影響を及ぼすかというコラムである。

さて。まずは歴史を振り返りたい。

筆者自身は1979年生まれ今年40歳の誕生日を迎えるのだが、Jリーグが開幕した中学2年当時、25年後の未来にこんな時代が来るとは想像すらできなかった。Jリーグ“以前”のJSL(日本サッカーリーグ)はほとんど地上波での放送がなく、NHKでたまに放送される程度。つまり、小野伸二や稲本潤一、高原直泰や小笠原満男、遠藤保仁や中田浩二といった僕と同学年の黄金世代は、特に小学生時代にはテレビでサッカーを観るチャンスなんてほとんどなかった。

かの有名なテレビ東京系『三菱ダイヤモンド・サッカー』は“大人の番組”で、少なくとも僕の周りで夢中になっていた子供はいなかったと記憶している。1991年にはWOWOWが「WOWOWスーパーサッカー」という番組名でイタリア・セリエAを放送し始めたが、衛星放送の視聴は当時の一般家庭にはまだまだハードルが高く、これを日常とするのは簡単ではなかった。

だからこそ、Jリーグの開幕による爆発的なサッカー人気に当時のサッカー少年は救われた。あの頃に満たされた“観たい欲”はそのまま“やりたい欲”につながり、サッカー少年たちの足をグラウンドに向かわせたに違いない。最も多感な中学2年時にあの興奮を味わえたことが、その後の“黄金世代”を作り出す特大ブーストとなったことは間違いない。

ちなみに、筆者はカズ(三浦知良)のジェノア移籍が発表された瞬間に両親に(泣きながら)頭を下げてWOWOW加入を勝ち取った。同時期にはCX系『セリエAダイジェスト』がスタートし、すべてを録画して食い入るようにむさぼり観た。1994年。当時中学3年。初めて観たセリエA、というより当時における世界最高リーグの衝撃はあまりにも非日常的かつ特別で、“やること”と同じくらい“観ること”に興奮した。

2002年以降は日韓W杯を全試合中継したスカパー!が一気にサッカーファンの市民権を獲得し、その拡大によって視聴環境はますます整っていく。現在の日本サッカー界の中核を担う20代、30代のプレーヤーが40代、50代と比較してこれほど技術的、戦術的に飛躍的な進化を遂げた背景には、スカパー!によって“世界のサッカー”を広く見渡せたことが大きく影響しているに違いない。30代は育成年代にブラジル代表ロナウジーニョの奇想天外なプレーを何度も目撃し、20代は同じく育成年代にリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの圧倒的な技術とスピードに触れた。もしそれを知らずに育ったら、世界との差はもっと大きく開いていたに違いない。

“観る”ことによる刺激は、サッカーファンの目を肥えさせ、サッカー少年の足をグラウンドに向かわせ、サッカーでメシを食おうとする世代の現実的な目標を世界へと向かわせる。だから、世界のサッカーを動かしている核心地から遠く離れている日本人は少なくとも“観る”ことから離れてはいけない。

DAZNによるインターネット中継の影響はいろいろなところに及んでいるが、これをうまく使えば、サッカーの文化はもっと広くもっと深く浸透するに違いない。チャンピオンズリーグをインターネットで、しかも(大きな声では言えないが)無料で観られるこの環境を、未来に活かさない手はないのである。

だから、今日は早く寝よう。明日は早く起きてチャンピオンズリーグ決勝を見よう。この試合が世界中の予想が大外れするほどの信じられないドラマに満ちているほど、ここ日本にも、それを刺激として走り出したくなる子どもたちがいるはずだ。

文=細江克弥

<<<【DAZN】世界中のスポーツを全てここで>>>



サッカー日本代表戦も スポーツ中継「地上波離れ」の構図

NEWSポストセブン 2019.06.01 07:00 配信記事より引用

テレビ視聴率が全体的に長期低落傾向を続けるなか、スポーツ中継だけは強いと言われたのも過去の話。人気があるはずのプロ野球やサッカーJリーグの試合も中継が激減し、6月にはとうとう、初めて日本代表戦がネット配信限定となり、スポーツ中継の地上波離れが加速している。ジャーナリストの西田宗千佳氏が、スポーツを「ネットで見る」ことが必然となった背景について解説する。

* * *
6月14日より開催される「CONMEBOLコパアメリカ ブラジル2019」。サッカーの国際試合といえば、日本代表戦が盛り上がるものだが、今回、少々特別な事情がある。テレビでは中継されず、ネット配信のDAZNでのみ中継されるのだ。

だが、冷静に考えると、もはや騒ぐようなことではないかもしれない。スポーツにおいても「ネットで見る」ことはすでに特殊な話はないからだ。改めて「スポーツをネットで観戦する」ということを考えてみたい。

■積極展開するDAZN、場所・時間を問わない良さをアピール

サッカー中継はDAZN一択?日本代表戦もDAZN

スポーツがネット配信されることはどういう意味を持っているのだろうか? 本質的には、テレビの電波の代わりにネットを使った、というだけに過ぎない。過去にはネット配信は特別なものだったが、今はサービスの充実が進んでいる。

特にわかりやすいのは、スポーツ専門サービスである「DAZN」の存在だろう。2016年夏のサービス開始以降、同年6月にVリーグ機構(日本バレーボールリーグ機構)と、2017年からはJリーグ(日本プロサッカーリーグ)と、そして2018年はプロ野球と配信契約を交わしたことで、日本国内におけるメジャーなスポーツを幅広くカバーする存在になった。特に2018年以降は、ボクシングの世界タイトル戦の配信権を積極的に獲得しており、「独占ライブ配信」することも増えてきた。

今も、もっとも多くの人が気軽に見られるのが「地上波」であることに変わりはない。しかし、時差の関係や競技そのものの人気などを勘案すると、地上波で放送することが割に合わない例もある。特に最近は、放送権料に関する交渉も厳しくなり、時差の関係で深夜・早朝にしか放送できず、視聴率もスポンサー獲得も見込めない場合には、「無理をしたくない」と考える局が出てきた。

以前よりそうした事情があるものは、衛星放送局がカバーしてきた。WOWOWスカパー!などだ。地上波では難しくても、そのスポーツにファンがいなくなったわけではない。むしろ、マスが注目しづらいだけで、ファンにとってはなにより大切なものだ。だから、こそ、有料放送であるそれらの局は、放送権を取得して「独占放送」してきた。

だが、そこに今はネット配信も入ってきている。現在のネット配信は、画質的にも放送と大差ない。機器もスマートフォンからパソコン、テレビまで、多彩な機器で受信可能になった。なにより、放送では「リアルタイム」が基本だが、ネット配信の場合、リアルタイム視聴だけでなく、あとから好きな時間に「オンデマンド視聴」もできる。スマホを使うなら「好きな場所で」見ることもできる。

DAZNも、サービス初期には映像の乱れなどで苦情が相次いだが、今は品質も安定した。Jリーグについていえば、2017年以前、スカパー!で中継されている時より、使われているカメラ数も増えている。

■マルチチャンネルや衛星放送との連携など、「定番化」するネット配信

一方、DAZNばかりががんばっているのか、というとそうではない。

例えば日本テレビグループの一員であるHuluは、5月24日から26日に開催された「巨人vs広島」の中継で「マルチアングル」を導入した。中継といえば1つの映像を見続けるもの、というイメージが強いが、ネット配信ではいくつもの映像を同時に配信し、切り換えることもできる。今回の場合、ピッチャーとバッターの対戦にフォーカスした「センターカメラ」や、守備陣形が見られる「グラウンドカメラ」を用意し、それらも合わせて見ながら、試合を多彩にチェックできるようになっている。

DAZNでもF1などでマルチチャンネル中継は行われており、テレビ放送とは違う魅力として定着する可能性もある。

衛星放送であるWOWOWスカパー!も、今はネット配信を組み合わせたビジネスになっている。

放送は安定した品質で、テレビという大画面で気軽に見られるのが特徴だが、逆にそれが制約でもある。テレビの前に行かねば見られない、録画しておかないとリアルタイムで視聴しないといけないからだ。

衛星放送の契約を止める大きな理由のひとつは「見る時間がない」こと、と言われている。忙しい人は、好きなスポーツがあってもなかなかテレビの前に行けない。深夜に起きているのも難しい。だから、「見られないので契約を止めてしまう」のだ。

そこで衛星放送事業者も一計を案じた。彼らが提供したいのは「衛星放送」ではない。衛星放送は番組を届けるひとつの手段であり、同じものを契約者に「ネット配信」してもいいのだ。これで最強か?WOWOWオンデマンドアプリで視聴できなくても視聴可能に!

そこでWOWOWスカパー!も、放送契約者には「アプリなどから同じ番組が見られる」ネット配信サービスを用意している。WOWOWは「WOWOWメンバーズオンデマンド」、スカパー!は「スカパー!オンデマンド」がそれだ。これらのサービスを使えば、出張などで自宅にいない時はスマホやパソコンから視聴できるし、リアルタイムできない時、後からオンデマンド視聴もできる。

そうやって、衛星放送とネット配信の垣根もどんどん崩れているのである。

サッカーファン、特に海外リーグを好むファンは、時差との戦いを長く続けてきた。しかし、ネット配信の普及により、その努力はずいぶんと軽減された。今回の「CONMEBOLコパアメリカ ブラジル2019」で映像配信が軸になるのは、時代の趨勢であり、ある種の必然とも言える。



<<<【DAZN】世界中のスポーツを全てここで>>>

関連記事:DAZN(ダゾーン)の視聴方法 気になるデータ消費量は?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー