長谷川平蔵名言集

鬼平の言葉 鬼平犯科帳第五巻「女賊」より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
長谷川平蔵名言集
Reading Time: 2 minutes

 



 

鬼平の言葉 鬼平犯科帳第五巻「女賊」より

鬼平犯科帳の主人公の長谷川平蔵や密偵、盗賊も様々な名言を残していますね。ドラマ版では原作を忠実に台詞になっている訳ではない(原作どおりだと表現が厳しい場合もある様です)鬼平の言葉は現代(いま)を生き抜くための100名言として原作から名言を切り取って、その名言の解説がされています。現代でも役にたつ言葉も沢山ありますよ!

仕事の鬼になれ

鬼平犯科帳第五巻「女賊」より

お縄につけとは言わなぬ。
死ねい

平蔵が長官を務める「火付盗賊改方」は、町奉行とは異なり、犯罪を取り締まる際に、面倒な規則や手続きにとらわぬ機動性を与えられていた。極悪非道な兇賊が相手の時は、問答無用で斬り捨てる。
平蔵が「生かして置いたら世の中のためにならない」と断じれば、取り調べの裁判も必要ないのだ。それだけに長官としての平蔵の判断力が問われるのである。
組織を束ねるリーダーには、ときには果断が求められる。瞬時にベストの判断を下せる。そんなリーダーの下で働きたいものだ

盗賊たちの矜持

鬼平犯科帳第五巻「女賊」より

若い男の躰は、こたえられないもの

「猿塚のお千代」は、配下二十余名を従える女盗賊だ。四十過ぎには見えない若々しい肉体を持つ。その色っぽい肉体を武器に、手下や押し込み先の奉公人をたらし込むである。平蔵でさえ「そのことだけに精魂込めてきたのだからこいつは凄い」と瞠目したほどだ。

鬼平の言葉 現代を生き抜くための100名言 (文春ムック) [ 池波正太郎 ]

価格:734円
(2019/5/22 08:34時点)
感想(0件)

鬼平犯科帳第2シリーズ「女賊」

江戸の町に、東海道・岡部の宿から元盗賊・瀬音の小兵衛(花沢徳衛)がやってきた。偶然、密偵のおまさ(梶芽衣子)と再会した小兵衛は、助けを求めてくる。訳あって里子に出していた息子の幸太郎(黒田隆哉)が、盗賊の女首領・猿塚のお千代(沢たまき)に骨抜きにされているというのだ。お千代は、四十過ぎには見えない美貌と色気で数々の男を手玉に取り、屈強の手下を従え、殺しもいとわぬ急ぎばたらきをしていた。おまさから報告を受けた平蔵(中村吉右衛門)は、お千代の狙いが、幸太郎の働く乾物問屋「大坂屋」にあると踏んだ。お千代は、大坂屋の内情を探るために幸太郎を利用していたのだ。平蔵は、おまさを奉公人として大坂屋へ送り込んだ。また、小兵衛が幸太郎を助けるために、お千代を殺そうとしているのではないかと考え、直接会いに向かった。平蔵は、小兵衛に、岡部に帰って息子を待つように、すべてを自分に任せるようにと説得するのだった。

キャスト・スタッフ

出演者

  • 中村吉右衛門
  • 多岐川裕美
  • 蟹江敬三
  • 香川照之
  • 梶芽衣子
  • 柴 俊夫
  • 花沢徳衛
  • 沢たまき

スタッフ

  • 原作 池波正太郎
  • 脚本 野上龍雄
  • 監督 高瀬昌弘
  • 音楽 津島利章

配信期間:~2019年09月30日 23時59分

関連記事:鬼平犯科帳第2シリーズはFODプレミアムで配信中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください