ビデオオンデマンド・BS・CS情報

DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 3 minutes


DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい3つのポイント

DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい3つのポイント

動画配信サービスは沢山ありますが、スポーツに特化して配信しているのがDAZN(ダゾーン)ですよね。ライブ配信だけでなく見逃し配信もしていますね。DAZN(ダゾーン)を試してみたいと思っている方へDAZN(ダゾーン)のポイントをまとめてみましたのでご確認ください。

GOALより引用

1. DAZNではどんなコンテンツを配信している?

DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。世界最高峰の様々なスポーツをライブ&オンデマンドで提供することより、ファンは好きなチーム、リーグ、プレイヤーの試合を、いつでも、どこでも、好きなだけ、観戦することを可能にします。【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題!お手頃な定額料金で、コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験ができます。

サッカー 野球 モータースポーツ
バスケットボール テニス ボクシング
自転車競技 ゴルフ バレーボール
ラグビーユニオン セーリング 総合格闘技
ビリヤード ダーツ フットサル

サッカー

J1・J2・J3の全試合に加えて、プレミアリーグ(イングランド)、セリエA(イタリア)等、ヨーロッパ主要のプロサッカーリーグは網羅している。スペインのリーガ・エスパニョーラも放送が決定した。また、2018年2月16日の発表により『スポナビライブ』で提供するコンテンツをDAZNで提供することについて合意したことに関連し、プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラの毎節全試合放映が決定した。今までDAZNでは毎節5試合の配信となっていた。

その他、ワールドカップ欧州・南米予選などの代表マッチもコンテンツに組み込まれている。なお、DAZNはUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグUEFAスーパーカップに関して2018−19シーズンより3年間に渡って独占放映権を獲得したと発表した。世界最高峰のリーグ戦に加え、世界最高峰のトーナメントがラインナップに加わることになる。

香川真司所属のベシクタシュ、長友佑都所属のガラタサライを中心にDAZNで独占配信決定!DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい3つのポイント

ドルトムントからベシクタシュに期限付き移籍をした香川真司の出場試合や長友所属のガラタサライを中心に、トルコリーグもDAZNで独占配信をしている。注目は5月に行われるダービーだろう。両選手のプライドを賭けた戦いは要注目だ!

2018年11月の発表では、新たに18-19シーズンの「リーグ・アン」と「トルコリーグ」の独占放映が決定したとのこと。「リーグ・アン」は酒井宏樹が所属するマルセイユとネイマール・ムバッペ・カバーニなどが所属するPSGの2チームの試合を中心にライブ放送予定だ。「トルコリーグ」は長友佑都所属のガラタサライ戦を中心にライブ配信予定。もちろんどちらのリーグもハイライト・見逃し配信が視聴可能だ。

野球

2018年2月16日の発表により、DAZNでプロ野球11球団の試合を放映されることが決定した。DAZNでは広島東洋カープ(広島県内でのライブ配信は除く)と横浜DeNAベイスターズを放映していたが、今回の発表によりセントラルリーグでは広島、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズのオープン戦一部と公式戦主催試合、中日ドラゴンズはオープン戦一部と公式戦主催試合の主要試合が放映される。パシフィックリーグでは全6球団(福岡ソフトバンフホークス、埼玉西武ライオンズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、オリックス・バファローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ)のオープン戦一部と公式戦全試合が放映される。

また、2019年シーズンからはついに読売ジャイアンツの配信も開始される。ただし、2018年シーズンに配信をしていた広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズのホーム試合の配信はない予定だ。2019年シーズンは10球団の配信となる。

MLBでは大谷翔平の所属するエンゼルスの全試合を中心に放映が予定されている。

 

2. DAZNの魅力とは?

月額料金だけでコンテンツ見放題であることや試合をライブ配信していること、9台のカメラを駆使した統一アングルによるJ1リーグ中継、途中でコマーシャルが入らないのでハーフタイムショーもしっかりと放映してくれることなどが挙げられる。

  1. Jリーグ・ゾーンDAZN(ダゾーン)ではJリーグはJ1、J2、J3を全試合ライブ中継している。なかなかスタジアムへ足を運べない人や地元を離れて上京している人も、好きなチームをリアルタイムで応援できるのだ。もちろん、たくさんの試合を見たいという人には最適だろう。だが、見たい試合が重なって困るということも起こり得る。そのような方におすすめなのが、DAZNのコンテンツ「Jリーグ・ゾーン」だ。Jリーグ・ゾーンでは、Jリーグのライブ試合が2試合以上同時に行われる際に、チャンスシーンやゴールシーン、PKなどをマルチ画面で同時に視聴できるのだ。すべてのエキサイトシーンをライブで見逃さないJリーグ・ゾーン。ぜひとも活用してみよう。2017年10月21日より、ラジオDJとしても活躍するサッシャ氏、そしてサッカー番組でもMCを務め、アーセナルファンとしても知られるハリー杉山氏を、新たにJリーグ・ゾーンのMCに迎えリニューアルを行った。これによりMCの2人が、Twitterでハッシュタグを付けて投稿された視聴者のコメントに反応するなど、新たな形での番組展開が可能となる。
  2. プレビューショー/レビューショー Jリーグを楽しむためのコンテンツはまだまだ準備されている。例えば、注目選手のインタビューなどを試合前にチェックするのに最適な「プレビューショー」や各節の試合結果をダイジェストでまとめた「レビューショー」。いずれも通常のJリーグの試合だけでは物足りない人には、まさにかゆい所に手が届くオリジナルコンテンツだ。フルに活用してDAZNを楽しみ尽くそう。
  3. 見逃し配信 ライブで見ようと思っていたのに突然の約束で見られなくなってしまった……こんな経験は誰しもあるはず。そんなときでもDAZNなら、ライブ中継終了後、30日間は見逃し配信を行っているのでオンデマンドで視聴することが可能だ。今後、見逃し配信の期間を90日、120日と延長することやダウンロード視聴への対応も検討中だという。気になる試合を1つとして見逃さずにチェックしたいなら、DAZN(ダゾーン)は必須アイテムと言えるだろう。ダウンロード視聴については2018年1月25日に行われたDAZNの事業説明会の場でCEOのジェームズ・ラシュトン氏が言及した。対応時期・対象試合など具体的に明かさなかったものの、優先度の高い機能拡張とのことで説明がなされた。
  4. ハイライト 見逃し配信をチェックしたいけど、時間をあまりかけたくないと言う人には、ハイライト機能がおすすめだ。見逃し配信の視聴中に画面をタップし、試合詳細の下の「ハイライトに切り替える」をクリックすれば、ダイジェストで試合を楽しむことができる。じっくりと味わいたい方も、気軽に要点を抑えたい方も、DAZN(ダゾーン)なら好みのスタイルでの視聴が可能になるのだ。
  5. サンデーJプライム 通常1試合にJ1なら9台使用するカメラを、日曜日の特定の1試合に限り16台に増やして放映する「サンデーJプライム」。さまざまなアングルからスーパーショットを楽しめるだけでなく、スーパースローで撮影できるカメラやゴールネットカメラなどを駆使して、試合を楽しみ尽くすコンテンツなのだ。

<<<【DAZN】世界中のスポーツを全てここで>>>

3 DAZN、スポナビライブ、WOWOW、スカパー!との比較

DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい3つのポイント

NHKや民放各局以外に、サッカーを放映しているサービスは主にDAZN、スポナビライブ、WOWOW、スカパー!が挙げられる。この4つのサービスの違いはどこにあるのだろうか?

※『スポナビライブ』は2018年2月13日をもって全ての新規申し込み受け付けを終了し、5月31日をもってサービスを終了する。

サッカーに絞って、放映しているコンテンツ内容、月額の料金、視聴方法の3点の観点から見ていくことにしよう。

サッカーの場合、リーグやカップ戦といった大会ごとに放映権が分かれている。企業はそれぞれの放映権を取得することで、初めて放送をすることが可能となる。放映権は各シーズンごとに販売されることが多く、シーズンによって放映する企業が異なるということも起こりうる。どのリーグが見たいか、応援するチームがどの大会に出るのかに合わせて契約していくのが重要だ。

以下に欧州の主要リーグとJリーグ、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの放映権をまとめた。見たいコンテンツに合わせて複数のサービスへ申し込みをしていくのもありだろう。

2018年11月の発表では、新たに18-19シーズンの「リーグ・アン」と「トルコリーグ」の独占放映が決定したとのこと。「リーグ・アン」は酒井宏樹が所属するマルセイユとネイマール・ムバッペ・カバーニなどが所属するPSGの2チームの試合を中心にライブ放送予定だ。「トルコリーグ」は長友佑都所属のガラタサライ戦を中心にライブ配信予定。もちろんどちらのリーグもハイライト・見逃し配信が視聴可能だ。

 

DAZN ※1スポナビライブ WOWOW スカパー!
明治安田生命Jリーグ ✕※2
リーガ・エスパニョーラ
ブンデスリーガ
セリエA
プレミアリーグ
リーグ・アン
トルコリーグ
リーガ・エスパニョーラ2部
UEFAチャンピオンズリーグ
UEFAヨーロッパリーグ

※『スポナビライブ』は2018年2月13日をもって全ての新規申し込み受け付けを終了し、5月31日をもってサービスを終了する。

※『JリーグYBCルヴァンカップ』は放送をする。

「◯」はそのリーグのほぼ全試合をライブで見れる場合、「△」は一部の試合のみ、または録画での放送をする場合、「✕」は放送しない場合である。

各社、日本人選手が所属する試合のみや、ビッグクラブやビッグマッチのみを放送する場合があるので、自身が見たい試合を放送するかどうかは事前に確認していただきたい。

※2019年2月時点での放送状況になります。変更している場合があるので、申込をする場合は必ず各Webサイトにて番組表をご確認ください。

DAZN WOWOW スカパー!※1 スポナビライブ※2
通常価格 1890円 2484円 2980円 1598円
割引価格 1058円 1058円

※1: スカパー!サッカーセットの価格(税込)。プロ野球セットは3980円(税込)。

※2:『スポナビライブ』は2018年2月13日をもって全ての新規申し込み受け付けを終了し、5月31日をもってサービスを終了する。

一番安いのは、通常料金1598円のスポナビライブだ。ソフトバンクユーザーやYahoo!プレミアムの加入者の場合、1058円になる。次に安いのがDAZNの1750円。

ただし、docomoユーザーは『DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)』のサービスを利用することで1058円で視聴可能となる。続いてWOWOWの2484円、スカパー!の2980円となっている。

料金と比較しつつ、自分の見たいコンテンツがどのサービスで視聴できるのかをしっかりと調べて契約していくのがいいだろう。

<<<【DAZN】世界中のスポーツを全てここで>>>

関連記事:DAZN(ダゾーン)はサッカーだけでない!DAZNの魅力とは!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください