Reading Time: 3 minutes

 



 

ママになった前田敦子さんの評価は?

元AKB48の絶対的エースだった前田敦子さん。同じく元AKB48高橋みなみさんの結婚発表の時にはいち早くお祝いメッセージを送るなど相変わらずの仲の良さが話題になっていました。そんな前田敦子さんの出産後の仕事復帰は女優ではなくナレーターだったそうです。AKB48卒業後、結婚、出産後と続いていますが今後の活躍が注目されますね。

前田敦子:仕事復帰は「全部子供のおかげ」 出産後初テレビ 看護師ドキュメントでナビゲーターに

MANTANWEB 2019年05月11日配信記事より引用

ママになった前田敦子さんの評価は?

12日放送の番組「エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院~小さな命を救う女性たち」でナビゲーターを務める前田敦子さん=日本テレビ提供

女優の前田敦子さんが、日本テレビで12日に放送されるドキュメンタリー番組「エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院~小さな命を救う女性たち」でナビゲーターを務めることが11日、分かった。今年3月に第1子を出産した前田さんは、同番組でテレビの仕事に復帰。「我が子が元気にしてくれるからこそ、私も早く復帰したいと思えました」といい、「全部子供のおかげです」と話している。

番組の舞台は、東京・世田谷にある巨大母子病院・国立成育医療研究センター。全国から救いを求めて母子が集まってくるこの病院で、患者と一番近くで向き合い、寄り添う看護師、助産師に密着した。

前田さんは「私も赤ちゃんが無事生まれるまで不安で仕方なくて、一つの命を生むのって、本当に奇跡だなと改めて思いました。自分が出産を経験したことで、改めて命の重さに感動しました」と振り返る。

また出演依頼が来たときのことを「うれしかったです」と振り返る前田さんは、「自分が出産していなかったら、きっとできなかったお仕事だと思います。感情移入して、収録現場で泣いちゃうかもしれないと思って、先に資料をくださいってお願いしちゃいました」と明かす。

さらに「我が子が元気にしてくれるからこそ、私も早く復帰したいと思えました」といい、「早く仕事したいと言えているのも幸せですよね。自分の幸せに改めて気づくことができました。全部子供のおかげです」と話していた。

「エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院~小さな命を救う女性たち」は、関東ローカルで12日午後1時15分~同2時15分に放送される。

前田敦子:AKB時代を上回る年月 女優としての評価は? 黒沢清監督らの証言で振り返る7年

MANTANWEB 2019年05月12日配信記事より引用

日本とウズベキスタンの初の合作映画「旅のおわり世界のはじまり」(黒沢清監督、6月14日公開)で主演を務める前田敦子さん。2012年8月に「AKB48」を卒業し、本格的に女優としての道を歩みを始めてから今年の夏で丸7年と、その月日は、アイドルとして活動していた期間を上回ろうとしている。「旅のおわり世界のはじまり」が3度目のタッグとなる黒沢監督をはじめ、山下敦弘監督大根仁監督らの証言と共に、“女優・前田敦子”としての約7年を振り返ってみた。

 ◇AKB卒業を前後し、山下敦弘監督作で確かな一歩 大根仁監督も「映画女優の誕生」と…

前田さんは、AKB48在籍時の07年に成海璃子さん主演の「あしたの私のつくり方」で、優等生からイジメられっ子に変わってしまった少女・日南子を演じ映画デビュー。11年には岩崎夏海さんによる同名小説を実写化した「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で映画初主演を飾った前田さんが、女優として確かな一歩を踏み出したのは、AKB48卒業を間近に控えた12年7月に公開された「苦役列車」だ。

リンダ リンダ リンダ」(05年)、「天然コケッコー」(07年)で評価を得たあと、一時期、長編映画から離れていた山下監督が、「マイ・バック・ページ」(11年)に続いてメガホンをとった同作で、前田さんは、映画オリジナルのヒロイン・桜井康子を演じた。「モテキ」(11年)、「バクマン。」(15年)などで知られる大根監督が、この作品を見て「個人的には原田知世が登場した時のようなインパクトでした。つまりは映画女優の誕生」とSNSで絶賛した通り、少し変わったところのある康子という人物は、前田さんにとって当たり役となった。

その後、前田さんと山下監督は「もらとりあむタマ子」(13年)でも再タッグ。同作で前田さんは実家で自堕落な日々を送る主人公・タマ子を演じたが、もともと短編だった企画が劇場公開作品という形になった理由を、山下監督は当時「答えは簡単。それは“あっちゃんが素晴らしかったから!”の一言に尽きる」と語っていて、前田さんに絶大な信頼を寄せていたことがうかがえる。

翌14年には、前田さんの4枚目のシングル「セブンスコード」のミュージックビデオから派生した作品「Seventh Code」が公開され、黒沢監督は「周囲の何ものにも頼らず、たった一人でその場所に堂々と存在することのできる、日本ではめずらしいタイプの俳優」と前田さんを評価。その後も「散歩する侵略者」(17年)で前田さんを再起用し「彼女なくして日本映画もまた存在しえない、そんな時代がやってきたようです」と惜しみない賛辞を送っていた。

 ◇黒沢清監督「独特の強さと孤独感を表現できる」 「舟を編む」の石井裕也監督作ではJKに?

その後も染谷将太さんとの共演作「さよなら歌舞伎町」や、男を狂わせる裏の顔を持つヒロインを演じた「イニシエーション・ラブ」(共に15年)、大泉洋さんと松田龍平さんのコンビで贈る人気シリーズの第3弾「探偵はBARにいる3」(17年)、「食」と「性」をテーマに8人の女たちの等身大な日常を描いた「食べる女」(18年)など作品のタイプや規模にとらわれず、さまざまな映画に出演してきた。

そんな前田さんの最新主演作となるのが「旅のおわり世界のはじまり」。ロシアのウラジオストクで撮影した「Seventh Code」を経て、「彼女の非凡な個性は、日本ではない異国の土地でよりいっそう鮮烈に輝くに違いない」と確信した黒沢監督が、言葉の通じない異国で不安や緊張を持ちながらも、自分の道を模索する主人公・葉子(前田さん)の繊細な心の移ろいを見事にすくい上げている。

「フレームに映っただけで独特の強さと孤独感を表現できるすごい女優」と前田さんを評する黒沢監督は、今回前田さんが、ほぼ全編出ずっぱりという作品を作り上げた。他に目を向ければ「舟を編む」(13年)の石井裕也監督が、安藤ゆきさんの同名マンガを実写化した「町田くんの世界」(6月7日公開)では、なんと女子高生役を熱演している前田さん。今後もスクリーンでの活躍は続きそうだ。

前田敦子さん出演映画

食べる女



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
女性たちの「食」と「性」にまつわる欲望や葛藤を描いた群像ドラマ

  • 小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリスほか、豪華女優陣らが見せる女性の本音にまみれたやり取りが楽しい。シンプルながらもバラエティ豊かな料理も見どころ。
  • 東京のとある一軒家、通称「モチの家」。家の主である雑文筆家にして古書店の店主・餅月敦子は、悩みを抱える迷える女性たちをおいしい料理で迎え入れる。日々精いっぱいに生きる女性たちは、おいしい食事と楽しい会話で、日常から解放される一時を過ごす。

2020年4月23日 23:59まで配信©2018「食べる女」倶楽部

ポイント視聴可能です。

イニシエーション・ラブ



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?

松田翔太と前田敦子がカップルに!最後の5分ですべて覆る大どんでん返しに騙される!!

  • 映像化不可能とされた乾くるみのベストセラー小説を、ヒットメーカーの堤幸彦監督が実写映画化。物語をSide-AとSide-Bに分け、若い男女のせつない愛の行方を描き出す。
  • バブル全盛期の静岡で就職活動をする大学生の鈴木は、合コンで出会った歯科助手のマユと交際を開始。鈴木はマユと釣り合う男性になろうと自分を磨いていたが、就職が決まった彼は東京本社へ転勤となる。それを機にマユとの間に少しずつ距離が生まれ始め…。

2019年12月1日 23:59まで配信©2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会

ポイント視聴可能です。

探偵はBARにいる3



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
最高コンビ、最後の事件!?北海道を舞台にした大泉洋×松田龍平主演の探偵映画第3弾

  • シリーズお馴染みの探偵&相棒コンビの笑える絶妙なやりとりはそのままに、男同士の友情と美女をめぐる切ない人間ドラマが展開し、深い余韻を残す結末へと導かれる。
  • 相棒・高田の後輩から失踪した恋人・麗子を探してほしいという依頼を受けた探偵。麗子が勤めていたモデル事務所を調査する探偵はオーナーのマリと出会い、かすかな既視感を覚える。調査を続ける探偵はマリの手下に襲われ、無敗を誇った高田も倒されてしまう。
  • 最強の相棒・高田を倒す敵の存在やリリー・フランキー演じる悪役とその手下とのスローモーション演出を交えた大立ち回りなど、過去作とは一線を画すアクションに注目。

2019年6月12日 23:59まで配信©2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

ポイント視聴可能です。

のみとり侍



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
映像の魔術師・鶴橋康夫監督が描く、笑って泣ける前代未聞の時代劇

  • 女性に愛をご奉仕する“のみとり”稼業を題材にした艶笑喜劇。笑いあり、涙あり、お色気ありの鶴橋節が満載。新旧鶴橋組の演技派俳優たちが芸達者ぶりを発揮する。
  • 老中・田沼意次の規制緩和により、金になれば何でもOKな江戸の世。越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進は、ある失言から藩主・忠精の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“のみとり”を生業とする貧乏長屋だった。

2019年11月6日 23:59まで配信©2018「のみとり侍」製作委員会

ポイント視聴可能です。

散歩する侵略者



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
鬼才・黒沢清監督が長澤まさみ、松田龍平ら共演で描くSFサスペンス!

  • 劇団「イキウメ」の人気舞台をスケールアップして映画化。斬新な設定はそのままに、アクションシーンをしっかり盛り込んだ和製侵略SF映画に仕上がっている。
  • 数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。その夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出掛けていく。一方その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発していた。

2020年12月31日 23:59まで配信©2017「散歩する侵略者」製作委員会

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
新米マネージャーが弱小野球部を甲子園へ!?1冊の本から始まる青春ムービー

  • 青春小説でありながらビジネス入門書として話題を呼んだベストセラー「もしドラ」を前田敦子主演で映画化。経営学を用いて高校野球のセオリーを変革していくさまに注目。
  • 万年、予選1回戦負けの都立程久保高校野球部に、病気の親友に代わるマネージャーとして入部した川島みなみ。ある日、彼女は勘違いから手にしたドラッカーの名著「マネジメント」に不思議と感動を覚え、その教えを部活動の中で実践していく。

2019年9月27日 23:59まで配信©2011「もしドラ」製作委員会

さよなら歌舞伎町



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
歌舞伎町のラブホテルで交錯する男女5組の人生。染谷将太&前田敦子が同棲カップルに

  • 倦怠期の同棲カップルを中心に、不器用にしか生きられない5組の男女の姿を描く群像ドラマ。「ヴァイブレーター」の監督・廣木隆一と脚本家・荒井晴彦が3度目のタッグ!
  • 周囲には一流ホテルマンと嘘をつき、歌舞伎町のラブホテルで店長を務める徹。ミュージシャンを目指す同棲中の恋人・沙耶にも本当のことを言っていなかったが、沙耶は徹が働くラブホテルで枕営業のために音楽プロデューサーの竹中と関係を持とうとしていた…。

2019年9月20日 23:59まで配信R15+©2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会

あしたの私のつくり方



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
成海璃子&前田敦子、W主演。今日を生きる少女の心境を繊細に描いた映像スケッチ

  • いじめを恐れながら本当の自分を探す少女の心の機微を、透明感あふれるタッチで市川準監督が映画化。成海璃子の巧演、本作が映画デビューとなる前田敦子の初々しさは必見。
  • 仲間はずれになることを恐れて目立たない毎日を送る寿梨と、クラスの人気者から突然全員に無視される存在になった日南子。小学生から中学生、高校生に成長した寿梨は、転校した日南子宛てにクラスの人気者になるノウハウが詰まった物語をメールし始める…。
  • 監督の市川準は「BU・SU」「竜馬の妻とその夫と愛人」などが有名だが、CMディレクターとして1980年代の「禁煙パイポ」などのCMを手掛けている。2008年に59歳の若さで急逝。

2020年3月31日 23:59まで配信© 2007『あしたの私の作り方』製作委員会

もらとりあむタマ子



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
前田敦子が超ぐうたら娘に!自堕落ヒロインが送る逆ギレ上等のモラトリアムな日々

  • 「リンダ リンダ リンダ」などの山下敦弘監督と脚本家・向井康介のオリジナルストーリーによる青春ドラマ。ぐうたら娘のタマ子が一歩踏み出すまでを四季を通じて描く。
  • 東京の大学を出たものの、就職もせず、実家で食っちゃ寝生活を続けるタマ子。親から「就職活動ぐらいしろ」と言われても逆ギレで返し、意味不明の言葉で自己肯定を続けてきた彼女がようやく動き出すが、履歴書を送った先はなんと芸能プロダクションだった…。

2020年5月2日 23:59まで配信©2013『もらとりあむタマ子』製作委員会

苦役列車



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
芥川賞を受賞した西村賢太のベストセラーを森山未來主演で映画化

  • 社会の底辺に生きる青年の屈折した青春模様を赤裸々に綴るドラマ。監督は「マイ・バック・ページ」の山下敦弘。主人公が一目惚れするヒロインを前田敦子が好演。
  • 1986年。19歳の北町貫多は、日雇い労働で稼いだ金をあっという間に酒と風俗に費やすようなその日暮らしの生活を送っていた。そんなある時、貫多は職場で専門学生の日下部正二と親しくなり、初めて友達らしい付き合いをするようになる。

2019年8月5日 23:59まで配信R15+© 東映

Seventh Code セブンス・コード



0 - ママになった前田敦子さんの評価は?
名匠・黒沢清が、前田敦子にフォーカス!衝撃のラストが待ち受けるサスペンス短編

  • 国内外から高い評価を得る鬼才・黒沢清と、AKB48卒業後の前田敦子がコラボ。PVとして作られただけに、1時間という短尺で、スピーディな展開となっている。
  • 松永という男を追ってウラジオストクまでやってきた秋子は、再会した松永から「覚えていない」と言われてしまう。その後、松永は姿を消し、秋子は日本人が営む食堂で働きながら彼を探すことに。そんな中、松永がマフィアと接点があるという情報が入り…。
  • 全編ロシアロケを敢行し、見応えある映像に。第8回ローマ国際映画祭で最優秀監督賞と、最優秀技術貢献賞を受賞した。

2020年5月2日 23:59まで配信© 2013 AKS

関連記事:元/現役アイドルたちがエンタメ界を席巻する理由

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』