ビデオオンデマンド・BS・CS情報

SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes


AKB48グループもなにかと揺れておりますが、SKE48といえばAKB48「姉妹グループ」の1つで、AKB48最初の姉妹グループとして2008年7月に結成。結成当時は名古屋のファンにも振り向けれなかったと言われていた中、SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さん。松井玲奈さんは女優として活躍され主演ではないものの”朝ドラ”にも出演されました。一方、松井珠理奈さんは2018年の48グループ総選挙で1位になってから体調不良(と言われている)で休業されましたが今年は総選挙は中止。そんな中で話題のドラマに出演されるという。また松井玲奈さんは女優とは別の道にも進んでいる。

SKE48 松井珠理奈、『緊急取調室』で復帰後初のドラマ出演 「お芝居ってこんなに楽しいんだ!」

RealSound 2019.04.13配信記事より引用

SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

天海祐希主演のドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)の4月18日放送の第2話に、SKE48の松井珠理奈がゲスト出演することが決定した。

天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる本作。体調不良による休養を経て、昨年9月に復帰した松井にとって、本作は復帰後初のドラマ出演となる。

松井が演じるのは、殺人事件の被疑者になる将棋界の新女王・橘日名子。天海を相手に、前代未聞となる“被疑者ふたりの二元同時取り調べ”を含め、かつてない緊張・臨場感にまみれた取り調べ劇を演じる。女流棋士役を通し、将棋の面白さにも目覚めたそう。将棋自体が初挑戦となり、撮影前から練習を開始。SKE48メンバーの鎌田菜月に将棋の指し方を教えてもらったり、先生に指導してもらったという。

第2話の舞台は、とある旅館で行われていた女流棋戦の最終対局。20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)の対戦は、世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。ところが対局中、解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが発見される。不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることになる中、死因は中毒死だと判明。あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれる。有希子らキントリは、さっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく。しかし、有希子は話ができ過ぎだと怪しむ。そして日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める。

松井珠理奈 コメント

ゲスト出演が決まって

何度も見ていた人気シリーズに出演できて、本当にうれしかったです。すごく久しぶりのドラマ出演なので、緊張もあったんですけど、家族が心から喜んでくれて…! 特におばあちゃんが天海さんとの共演をめちゃくちゃ喜んでくれて、「絶対、写真を撮って帰ってきてね!」って(笑)。実際に写真も一緒に撮っていただきましたし、天海さんのおかげで、おばあちゃん孝行ができました!!

休養からの復帰後、初のドラマ出演について

実は復帰後、自信のあったダンスすらも覚えがすごく遅くなっていたんです。そんな中で、今回の台本を読んだらセリフが大量にあって! 「ありがたいことだけど、ヤバいな…」って(苦笑)。でも、別番組でこの3カ月受けていたお芝居のレッスンで基礎体力ができていたのか、実際に撮影が始まったらすごく楽しくて、どんどん役にも入り込めたし、セリフも自然に言えるようになったんです。『緊急取調室』のおかげで、「お芝居ってこんなに楽しいんだ! 女優さんをやりたい!!」という気持ちが本格的に芽生えてきました! ちょうどオンエアの日からSKE48版『ハムレット』で初舞台も踏むのですが、その前に『緊急取調室』の撮影でいろんなことを教わることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも、いろんな役に挑戦したいです! 自分自身の青春は全部SKE48に捧げてきたので、制服姿がまだなんとかいけるうちに(笑)、先輩や同級生とラブラブになる学生役とかやりたいです。

『緊急取調室』の現場について

最初の撮影が取り調べのシーンで…! 取り調べのときは天海さんの迫力も緊張感もすごいので、「どうやって天海さんのお芝居に立ち向かっていこう!?」ってドキドキして、撮影前も一生懸命シミュレーションしたんです! お母さんに天海さんの写真を持ってもらって、セリフの練習をしたりして(笑)。

初対面となった天海祐希への印象

天海さんに「緊張します…」と打ち明けたら、「大先輩の方でも取り調べのシーンになると『緊張する』とおっしゃるけど、撮影後は『楽しかった!』と笑顔で帰られるから、大丈夫だと思うよ」と声を掛けてくださったんです。本当に優しい方で、撮影合間もたくさん会話をしてくださって…! 実は、天海さんは私の憧れの女優さんなんです。今回もお芝居の最中に目が合うと思わず逸らしてしまうくらい、目力が強くて、カッコよくて…! 何と言っても、本番になった瞬間のスイッチの入れ方がすごい!! その姿を間近で見られて、すごくうれしかったです。私も一生懸命努力して、天海さんみたいに“女性にも憧れられるようなカッコいい存在”になりたいなって思います!

将棋のシーンについて

事前に、将棋が好きなSKE48メンバーの鎌田菜月ちゃんに将棋の指し方を教えてもらったり、先生に指導していただいたりしました。個人的にも将棋への興味が湧いてきましたね。ただ、やっぱり実際に指すのはすごく難しくて、撮影では何回も撮り直しました(苦笑)。あと、私は足首が硬くて、正座がすごく苦手なんです。正座が続いた後に立ち上がるシーンでも、実は足がしびれちゃったんですけど(笑)、なんとか我慢して立ち上がりました。そんなところにも注目していただけたら、うれしいです!

キントリメンバーの誰に取り調べられたいか

でんでんさんがいいです! 普段はとても明るくて優しい方なんですけど、お芝居になると貫禄がすごくて、ものすごい角度でお辞儀したくなるような方なので(笑)。取り調べられたら、やってなくても「やりました」って言っちゃいそうです。逆に取り調べるなら、小日向(文世)さんがいいです! 私なんかが言うのも何ですけど、とてもかわいらしい方なので、和やかで楽しい取り調べができそうだなって(笑)。

視聴者へのメッセージ

日名子は先輩のことをナメてたり、ちょっと女の子の嫌な部分もあるんですけど、どこか憎めないかわいらしさがあるんです。男の人が好きそうな感じというか…(笑)。私も楽しんで演じましたし、「日名子推しだよ!」という方が出てきてくださればいいなぁ、と思います。ぜひご覧ください!

■放送情報
『緊急取調室』
テレビ朝日系にて、毎週木曜21:00~21:54放送
出演:天海祐希、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、塚地武雅、でんでん、小日向文世
脚本:井上由美子ほか
音楽:林ゆうき
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:都築歩(テレビ朝日) 松野千鶴子(アズバーズ)
演出:常廣丈太(テレビ朝日) 本橋圭太(アズバーズ) ほか
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日

表の顔に隠された本心 女優・松井玲奈さんが短編集 「装って生きる人たち」描く

東京新聞Web2019年4月15日 11:06配信記事より引用

アイドルグループSKE48を引っぱった人気者は、根っからの読書好き。二〇一五年にグループを卒業後、女優として活動してきたが、小説家としても一歩を踏み出した。本作は、初の単行本となる短篇集。小説の月刊誌掲載作に書き下ろしを加えた全六篇で「装って生きる人たち」を描いた。

SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

その中の一作「リアルタイム・インテンション」は、ユーチューバーが主人公。動画の生配信中に、本音が出てしまうという闇鍋を食べて炎上する。自身と同じように公共に向けて表現活動をする人の「装いがはがれる瞬間の面白さを描きたかった。同じ立場として、共感できた」。

表の顔と内面との違和感にさいなまれる主人公には、ほの暗さが漂う。「誰しも後ろ暗いところはあるし、どこまでいっても分かりあえない感覚を持っていますよね。しかも皆、表立って出さない」。これまで周囲と接する中で捉えてきた人間関係のイメージが反映されている。

SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

スプラッタ映画や漫画など、好きなものの要素も作中に数多く取り入れた。書き下ろしの一篇「完熟」のテーマは、少年漫画を愛読する中で感じ取った「男子の理想の女性像」。「少年、青年期に出会ったヒロインが、大人になってもずっと理想の女性像として残っている。次が出てきたら上塗りしていく女子とは違うと感じた」。その違いを、主人公の性癖という形で増幅させた。

読書と同じく、書店も愛する。「棚の圧迫感と匂いに囲まれるのが好き。無限に時間が使える」。子どものころは、本の話の続きを考えて遊んだ。ただ、これまでは雑誌で読書エッセーを書く程度で、感覚としては「読む側」だった。書く側になって「ゼロから一を生み出すことに、ものすごく体力と精神力が要ると体感した」。地元・愛知県豊橋市での仕事に向かう新幹線の車内など、細かな空き時間を充てて仕上げた。

アイドルだったという知名度から本を手にする人がいるだろうことを自覚し、「こつこつ努力する作家から見たら横入りで、マイナスのスタート」とも語る。それでも「この本が読書体験の入り口になるのでもいいと思う」。一冊の形にできた喜びを味わい、「書き続けて、作家としてプラスの位置に立ちたい」と意欲を見せる。

カモフラージュ [ 松井 玲奈 ]

価格:1,512円
(2019/4/15 19:21時点)
感想(1件)

女優 松井玲奈出演作品

まんぷく


SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

今や生活に欠かせない“インスタントラーメン”を生み出した夫婦の知られざる物語

  • 実在の人物をモデルに、激動の時代を共に戦い抜いた夫婦の愛の物語として大胆に再構成。何度も失敗してはどん底から立ち上がる夫婦を安藤サクラと長谷川博己が演じる。
  • 舞台は戦前の大阪。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けておおらかに育った福子。女学校を卒業し、ホテルの電話交換手として働く福子は、長女・咲の結婚を華やかに祝うための方法を考えていた。そんな時、発明家の萬平と出会い…。

2019年9月30日 23:59まで配信(C)NHK

gift(ギフト)


SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

“地域発信映画”シリーズ第1弾。遠藤憲一と松井玲奈の共演で贈るロードムービー

  • ひとつの地域にスポットを当てて制作される“Mシネマ”シリーズ第1弾。本作では愛知県を取りあげ、遠藤憲一と松井玲奈の異色コンビが衝突あり、笑いありの旅を繰り広げる。
  • 豪邸にひとり暮らす輸入食品会社会長・篠崎。彼はひょんなことから300万円の借金を抱えたキャバ嬢・沙織と出会う。篠崎は「お前の100時間を100万円で買ってやる」と沙織に提案。かくして運転手兼荷物持ちとなった沙織は、篠崎と共に東京を目指すことになる。

2020年7月25日 23:59まで配信© 2014 M cinema

神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎


SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

松井玲奈×滝藤賢一×飯塚健監督の超異色タッグによるシチュエーションコメディ

  • 元SKE48・松井玲奈の連続ドラマ初主演作。暴言を吐きまくるドSキャラに扮した松井玲奈と名脇役・滝藤賢一に多彩なゲストが加わり、絶妙な掛け合いを見せてくれる。
  • 道路標識ではよく見掛けるが、ほとんどの人は多くを知らない街・厚木。そのどこかにあるコインランドリー茅ヶ崎のオーナー兼店長と25歳のアルバイト・南雲凪が、ランドリーにやって来る一風変わった客たちとドタバタ珍騒動を繰り広げる。

2019年9月30日 23:59まで配信©MBS

めがみさま


SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

松井玲奈と新川優愛がW主演を務めたヒューマンサスペンス

  • 人間の感情が生々しく映し出されていて、社会で過ごす中で何が大事か、人間の欲やその半面の優しさなど、色々な側面を見ることができる。監督は「gift」の宮岡太郎。
  • 閉塞的な郊外の田舎町。佐倉理華は母の過干渉や職場でいじめを受ける日々を、精神安定剤でやり過ごしていた。ある日、同僚の陰謀で職場を追われた理華は自殺を決意するが、同じような環境で育ちながらも充実した日々を送るセラピスト・ラブの存在を知り…。

2020年6月24日 23:59まで配信© 2017 Mcinema


SKE48のJRこと松井珠理奈さん松井玲奈さんのそれぞれの道

関連記事:必殺仕事人2019 いよいよ放送 VODで配信されないのが残念

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください