ビデオオンデマンド・BS・CS情報

2クール連続放送 原田知世×田中圭『あなたの番です』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



2クール連続放送 原田知世×田中圭『あなたの番です』

昭和の時代は1クールで終わるドラマは少なかったと思いますが、テレビ離れとか言われだしてからでしょうか?殆ど1クールで終わるドラマが多い中でテレビ朝日の「科捜研の女」は1年放送するという中で、日本テレビでは2クール連続放送『あなたの番です』主演は原田知世×田中圭。どんなドラマなのか楽しみです。『あなたの番です』の公式HPも驚きますよ!

原田知世×田中圭『あなたの番です』は深読みを誘うドラマに “交換殺人”最初の犠牲者はあの人

RealSound 2019.04.15配信記事より引用

まるで『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)のストーリーテラーのシーンのような空間に登場した竹中直人が、物語のテーマである“交換殺人”について語るシーンから始まった、日本テレビ系列日曜ドラマ『あなたの番です』。殺人事件の87%が家族や知人など、被害者と加害者の間に何らかの接点があり、警察の捜査はまず交友関係から洗われていく。よって、面識もなく動機もない相手を殺しても捜査の対象から離れる可能性が高く“捕まりづらい”。そうした “机上の空論”を実現すると何が起こるのか? 前クールに同じ枠で放送された『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』につづいて、またしても突飛な語り口で現代社会の“闇”をあぶり出すドラマになるというわけだ。


2クール連続放送 原田知世×田中圭『あなたの番です』

物語は15歳差の新婚夫婦・菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)が新居のマンションに引っ越してくるところから幕を開ける。引っ越し早々、図々しい管理人・床島(竹中直人)が家に上がり込んできたり、ご近所に挨拶をしに行けばどこか怪しげな住民ばかり。そんな中、菜奈はマンション住民の会合に参加するのだが、その歓談の場は思いもよらぬ方向に話が転じていく。「人間誰しもが、殺したい人間がいる。交換殺人をすれば捕まりづらいのではないだろうか」と。そして、住民会に参加した13人それぞれが「死んでほしい人間」の名前を紙に書き、それを交換し合うゲームが始まるのだ。

2クール連続放送 原田知世×田中圭『あなたの番です』

この時点では、それはあくまでも“ゲーム”のままとして存在していたのだが(もともとその歓談の場では「人狼ゲーム」が行われようとしていた)、「毎週、死にます」という本作の触れ込みの通り、第1話のクライマックスでいきなり管理人の床島が何とも無残な形で死を迎える。さらにミステリアスな住人たちの存在であったり、ゴミ捨て場に捨てられたボロボロのぬいぐるみであったりと、伏線になりうる要素も次々と登場していったわけだが、これがホラーなのかミステリーなのか、まだ一括りにするのは難しい。いずれにしても、菜奈と翔太の夫婦がミステリー好きという点は、ひとつの大きなカギになりそうな予感が漂っている。

2クール放送が意味することとは?


2クール連続放送 原田知世×田中圭『あなたの番です』

最近では民放のプライムタイム枠の連続ドラマは10話で収められることが主流となっているが、本作は日本テレビ系列としては25年ぶりの2クール放送。つまり、少なくとも20話以上のエピソードが展開するということであり、その話数の数だけ誰かが死ぬというショッキングな作りになるということでもある(マンションの住人は30人以上いるわけだし)。今回のエピソードの中で書かれた交換殺人のカードは全部で13枚。ということはもう1ターンあるのか、それとも別のところで死者が出てくるということなのか。どのような構成をもって、“交換殺人”を通して疑心暗鬼に陥る群像劇が描写されていくのかは大いに注目したい。

ところで、この物語の舞台となるマンションの名前は「キウンクエ(Chiunque)蔵前」というらしい。“Chiunque”とはイタリア語で「誰でも」や「誰か」を意味する。それについては物語の軸である「“誰でも”殺したい相手がいる」ということを示していると考えていいのだろう。しかし一方で、そのマンションがある場所がなぜ蔵前なのかという点については今のところ掴めてはいない。徳川幕府の米蔵があったことから名付けられた台東区の蔵前。今回の劇中で、菜奈がスーパーに向かう途中で東京スカイツリーを見るシーンがあるが、何かこの場所に深い意味があるのだろうか。半年かけて観ていくからには、やたらと細かいところまで深読みしていくのが楽しみ方であろう。

あなたの番です【毎週日曜 テレビ放送後に配信】Huluオリジナルストーリー「扉の向こう」21日 (日) 放送後より配信スタート!


2クール連続放送 原田知世×田中圭『あなたの番です』


とあるマンションに引っ越してきた一組の新婚夫婦。マイホームを手に入れ、穏やかで幸せな暮らしが待っている―そう信じていた。しかし、マンションの周囲で次々と人が死んでいく。謎の連続死…その裏には、住民の間で行われたあるゲームがあった。それは、13人の住民がそれぞれ殺したい人を書いてその紙をランダムに引いていく“交換殺人ゲーム”だった。隣人たちの疑心暗鬼の渦に飲み込まれる夫婦が、超難解な連続殺人の謎に挑む半年間のノンストップ・ミステリー。後悔しても、もう戻れない。動機なき殺人の連鎖が始まる…!

あらすじ

1話

手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)は、15歳年の離れた新婚夫婦。
幸せいっぱいの2人は、引っ越し作業に張り切っていた。仲良しファミリーや親切なカップル、幸せそうなお年寄りなど、すれ違うマンションの住民たちも皆いい人そうで、「思い切って買って良かった」と新生活に胸を膨らませる2人。
作業が一段落した頃、管理人の床島比呂志(竹中直人)が訪れる。床島は無遠慮に部屋に上がり込んで室内の写真を撮り、隅々までチェック。床島の態度に、菜奈は気圧されるばかり。 その後、菜奈と翔太は同じ3階の住人に引っ越しの挨拶へ行く。301号室の尾野幹葉(奈緒)から、このあと毎月1回開かれるマンションの住民会があるので、そこで他の住民にも紹介すると言われる2人。住民会への出席は、各部屋1人ずつ。ジャンケンで負けた菜奈が出席することに。
マンションの地下スペースで開かれる住民会。参加しているのは、101号室の久住譲(袴田吉彦)、103号室の田宮淳一郎(生瀬勝久)、104号室の石崎洋子(三倉佳奈)、201号室の浮田啓輔(田中要次)、202号室の黒島沙和(西野七瀬)、203号室のシンイー(金澤美穂)、尾野、304号室の北川澄香(真飛聖)、402号室の榎本早苗(木村多江)、403号室の藤井淳史(片桐仁)、502号室の赤池美里(峯村リエ)、そして床島。住民たちは新入りの菜奈に興味津々。
住民会の議題は、ゴミ置き場の清掃係を決めることだった。面倒な仕事だけに誰も自分から引き受けようとせず、結局、投票で決めることに。そして、ひょんなことから「人間誰しも、アイツ殺したいなあと思う瞬間がある」と言い出す床島。住民たちは戸惑いながらも、今まで自分が消えてほしいと思った人間について話し始める。ミステリー好きの菜奈が「殺人事件では、警察は動機のある人間を調べるので、すぐに捕まってしまう」と言うと、「殺したい人間がいる者同士が“交換殺人”をすれば、動機はないし捕まらないのでは?」と話は思わぬ方向に。床島は住民たちに、お互いに殺したい人間を発表し合うことを提案する。ゲームならばと皆、軽い気持ちで、余った投票用紙にそれぞれ“死んでほしい人”を書き、クジのように引くゲームが行われてしまったのだった。
こうして、住民会をきっかけに、菜奈と翔太を巻き込む恐ろしい殺人ゲームが幕を開ける…!!

2話

管理人の床島(竹中直人)が屋上から転落死した。マンションの掲示板には“管理人さん”と書かれた紙が…。これは、恐ろしい交換殺人ゲームの幕開けなのか!?
翔太(田中圭)は、ショックを受けて沈んでいる菜奈(原田知世)を気遣う。一方、住民会で行われたゲームのことを翔太に知られたくない菜奈は、翔太が床島の死の真相を推理し始めないか気が気ではなかった。

そんな中、臨時の住民会が開かれ、菜奈が参加。住民たちの間にはあのゲームが床島の死と関係あるのではないかと微妙な空気が流れる。藤井(片桐仁)から「交換殺人の話をし始めたあんたのせいだ」と責められ、戸惑う菜奈。シンイー(金澤美穂)が“管理人さん”と書かれた紙を見せると、一同は“やはり床島は、あのゲームで殺された…!?”と一気に不安になる。

―――この紙は誰が書いたのか?そして、誰が引いたのか?引いた人物が床島を殺したのか…?「まさか、そんな訳ない。偶然だ」と結論づける一同だったが、すでに悲劇はこれで終わりではなかった…!

『あなたの番です』を見逃した方は

<<<Hulu公式HPはこちら>>>

関連記事:母親役で再ブレイク?原田知世さん「新しい扉を開けたような気がしました」半分青い一気見!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください