お節介オヤジの呟き

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレビ局は盗撮の常習犯?
Reading Time: 2 minutes


人気アイドルグループの人気や芸能界での立ち位置が過渡期にきているのはお節介オヤジが今さら書くまでもない訳ですが、態度が悪い映像がテレビで流れたそうですが、真面目にグループ活動や芸能活動をされていた方でも芸能界から引退せざるをえない状況になっているのに自グループのライブリハーサルで悪い態度をしている方はきっと長続きしないのではないのでしょうか?

AKB、リハで態度悪すぎ地獄絵図!怒鳴る横山由依を無視、古参組も知らんぷり

BUSINESSJOURNALより引用

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でも

 

6月26日放送の『情熱大陸』(TBS系)に、AKB48総監督の横山由依が登場した。

昨年12月に前任の高橋みなみからバトンを引き継いだ横山だが、同番組では、その責任の重さに苦悩したり、握手会でファンの列が生まれないなど自身の人気のなさに落ち込んだりする姿が映し出された。その一方で、AKBグループの態度の悪さが物議を醸している。

問題のシーンは、番組の後半。ライブのリハーサル中にスタッフが拡声器で指示を出している場面で、まったく話を聞いていないメンバーたちに、横山が「聞いてないけどわかってんの? 説明してるから聞いて!」と怒鳴りつけた。

しかし、その後も雰囲気はあまり変わらず、特に横山の後ろにいた金髪のメンバーはだるそうに横山をにらみつけ、総監督の一喝を無視するかのように勝手に踊り出す始末だ。

この一連の様子が放送されたことに対して、インターネット上では「スタッフのほうを向いてないし、全然話を聞いてなかった」「怒られてもふてくされるだけで小学生以下」「やる気なさすぎ。スタッフも厳しく接したほうがいい」との声が噴出しているほか、目立っていた金髪のメンバーについて「NMB48のある若手メンバーではないか」という声も上がっている。

「AKBグループの現場での態度の悪さは、今に始まったことではありません。以前にも、ライブのリハーサル中に話をやめないメンバーに対して、大島優子が『たかみな具合悪いんだから、ふざけんじゃねーぞ』とブチギレ、その一部始終がドキュメンタリー映画の中で放映されたことがあります。これは、大島が前日に熱中症で倒れた高橋を気遣ったことから生まれた場面で、後に元SDN48の佐藤由加理が『怒られたのは自分だった』と自白しています。

とはいえ、これまでは高橋というカリスマの存在感もあってグループ内の緊張が保たれていましたが、おっとり型の横山が総監督になり、歯止めがきかなくなりつつあります」(テレビ局関係者)

今回の放送について、AKBファンの30代男性は以下のように語る。

「先日の『選抜総選挙』では、2位の渡辺麻友が『今、AKB48はピンチ』『今のメンバーだけではカバーできない』『AKB48をこのまま終わらせたくない』と異例の“警告”を発していましたが、この様子を見て納得しました。現場の雰囲気が悪いことが伝わってくる上、スタッフもメンバーも惰性でやっているような感じで、とても『いいパフォーマンスを披露しよう』という姿勢には見えませんでした」

怒る横山の隣で、知らんぷりの峯岸みなみ

また、以下のように語るのは別の30代男性ファンだ。

「これは、横山の求心力や資質の問題ではないと思います。総選挙の順位やAKBとしてのキャリアを考えた時、横山の総監督就任が“抜擢”であることは明らか。それなら、先輩メンバーたちが支える体制がなければ成立するわけがありません。それなのに、横山が叱りつけている時、隣にいた峯岸みなみは『我関せず』といった感じで知らんぷりを決め込んでいました。

にもかかわらず、峯岸はツイッターで『AKBグループのメンバーは全員観ていてほしい』『(マネージャーやスタッフは)この映像資料をメンバー全員に配るぐらいのことを率先してやってほしい』などときれいごとを語っていました。それなら横山が困っている場面で助け舟を出すべきだし、そもそも総監督の密着番組を観ないようなメンバーは論外でしょう。いちいちそんなことを呼びかけないといけないぐらい、今のAKBグループはプロ意識が低い集団なんだな、と感じざるを得ませんでした」

「AKBの“オワコン化”は視聴率にも表れている」と語るのは、前出のテレビ局関係者だ。

「今年の総選挙では、上位メンバーが発表された3部こそ平均視聴率17.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でしたが、これは実質30分程度ですからね。昨年の終盤約1時間の18.8%からはダウンしている上、第1部は6.2%、第2部は8.7%と1ケタ台で番組全体では10%台です。そんな中、『17.6%』の部分だけ強調されていること自体、AKBの苦境を浮き彫りにしているといえます」(同)

7月8日からは、ドキュメンタリー映画第5弾となる『存在する理由DOCUMENTARY of AKB48』(東宝映像事業部)が公開されるが、まさに「存在する理由」が問われかねない事態になっているようだ。
(文=編集部)

元AKB問題児、芸能界干され状態…男遊び&素行悪さで事務所クビ、熱愛報道も後追いされず

BUSINESSJOURNAL配信記事より引用

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でも

今年2月にAKB48を卒業したばかりの高城亜樹が、早くも一般男性との熱愛を報じられた。24日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)に2ショット写真も掲載された。

高城といえば、AKB卒業と同時に女優への華麗なる転身をしかけた矢先の4月、これまで所属していた大手芸能事務所を退社。自らブログで報告し現在はフリーとして活動中だが、高城を強くマネジメントする人物がいない以上、事実上の引退状態にある。週刊誌編集者は証言する。

「マスコミにもうるさく口をはさむ事務所がバックにいなくなった高城だけに、通常であればもっと多くのメディアが後追い報道をしてもおかしくありませんが、なぜかそのような報道は極端に少ない。今回の高城の場合は、元事務所の影響力が“逆方向”に働いているのです。過去にも同じ事務所のタレントで同じ境遇に追いやられた人がいます。すっかり忘れられているかもしれませんが、野久保直樹です。彼の場合は、独立をめぐって事務所を怒らせてしまったことから、芸能界の第一線からは干されてしまいました。事務所を退社した後は、仕事がなくなるのはもちろん、ブログで何を書こうと何をしようと、テレビやスポーツ紙は一切取り上げません。これらは同事務所から各メディアに対し“野久保に関しては一切扱わないように”という強い要請がなされているからです」

高城が野久保と同じ境遇に追いやられてしまっているとすれば、その理由はいったいなんなのか。芸能事務所関係者は語る。

「昨年末にJリーグ・浦和レッドダイヤモンズのコーチとの“お泊りデート”を『週刊文春』(文藝春秋)に報じられたり、高城はAKB時代から男関係の素行が良くなく、事務所も手を焼いていました。たとえば14年、高城のツイッターに『今日はみちゃ【編注:元AKB48野中美郷】とSB【編注:プロ野球・福岡ソフトバンクホークス】の今宮選手と森選手と4人で食事したよ』と投稿されたがすぐに削除。それを高城は『ツイッターを乗っ取られた』と訴えて騒動に。現在は削除されているが、その際に事務所のスタッフの実名を挙げて、対処してくれたことに感謝していた。しかし、高城の素行の悪さについに事務所もさじを投げ、退社をよぎなくされたのです。事実上のクビですよ。大きな影響力を持つ大手芸能事務所を敵に回してしまった高城は、すでに実質的には芸能界を干され状態です」

高城の将来は暗い。
(文=編集部)

DOCUMENTARY OF AKB48

DOCUMENTARY of AKB48「AKB48+1」

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でも

2011年に発表した5枚のシングルがすべてミリオンを記録したのをはじめ、連日、さまざまな話題でメディアをにぎわせたAKB48。2011年は、まさに「AKB48の年」だった。そんなAKB48の現場には、ほぼ毎日記録カメラが入っている。その膨大な記録映像から生まれたドキュメンタリー、それが「DOCUMENTARY of AKB48」。劇場版とテレビ版の2つの作品が制作されているが、この2つの作品はまったく別の視点で作られている。
テレビ版の「AKB48+1」は、AKBの2011年をAからZまでの26文字のアルファベットで切り取るAKB48の「A to Z」。「A」は「AKB48劇場」のある本拠地「Akihabara」で、「Z」は「Zero(ゼロ)」。AKBで「立ち位置ゼロ」とは「センター」を表す言葉であり、メンバー全員が目指すのが、この「立ち位置ゼロ」だ。
注目の文字は「B」。この番組で初めて全貌が明らかになるAKB48の半年がかりの秘密のプロジェクトの文字。それは2011年の夏から、ずっと極秘で進行していたプロジェクトなのだという。
また、番組では今回初めて紹介される貴重な映像も数多く含まれている。例えば「お注射会」。毎年冬に全メンバーに対してインフルエンザの注射会が開かれている。逃げまどうメンバー、平気な顔のメンバー・・・国民的アイドルが、まるで女子高のようなにぎやかさに包まれる微笑ましい状況にカメラが潜入している。
番組の放送時間も(タイトルに合わせて)「48+1分」となっており、2011年日本中の話題をさらっていったAKB48の知られざる姿を知ることのできる感動と驚きの49分間だ。

DOCUMENTARY of AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でも

新譜は軒並みミリオンセラーとなり、念願の東京ドーム公演は3日間で84万人もの応募が殺到。
「総選挙」といえばいまや彼女たちを思い浮かべるほどの存在感を放つAKB48。
しかし、7年目にあたる2012年はあまりにも激動の1年だった。
人気絶頂のさなか、創立以来センターに立ち続けてきた前田敦子が、突如グループからの卒業を宣言。エース不在の「総選挙」で1位を奪還した大島優子が語る「本当の気持ち」とは?
汗と涙でズブ濡れになったメンバーたちを前に、総監督・高橋みなみが提示した驚くべき決断とは・・・?
映画は前田敦子卒業後の第2章、すでに幕を開けた新エースをめぐる熾烈なセンター争い、恋愛禁止条例、メンバー間の格差といった隠れた真実までをも浮き彫りにし、現代のリアルなアイドルの姿を赤裸々に映していく。自分の夢と後輩の育成という責任に悩む年長者。結果が残せずに自らを責める次世代候補者たち。親友との間についてしまった、圧倒的な差にぼうぜんとするとするメンバー。新天地に活路を見出そうとするもの—。
そこには、単なるアイドル映画にとどまらない、時代のうごめきとリアルな叫び声が聴こえてくる。

Documentary of AKB48 AKB48+1+10

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でもAKB48の2012年に密着したドキュメンタリー。「A」から「Z」までのキーワードで、AKB48の真の姿に迫る。劇場公開された映画版とは内容が異なるオリジナル特別版。この番組でしか見ることができない素顔のAKB48が満載!!AKBメンバーしか知らないサインの秘密とは?さらに、じゃんけんクイーン・島崎遥香の素顔や2012年のAKB48被災地訪問全記録、前田敦子がメンバーに贈ったラストメッセージなど、みどころ満載の59分。

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でもつぎつぎと記録を塗りかえては進化し続けるスーパーアイドルグループ、AKB48。その栄光の舞台裏に隠された、夢を追う少女たちの知られざる“成長と苦悩”を追ったリアル・ドキュメンタリー。5年前、観客はたったの7人という状態からスタートした秋葉原の弱小アイドルグループが、シングル100万枚を超すまでにブレイクした激動の2010年。突然の人気にとまどいつつも、自分を見失うまいと誓う初期メンバー。努力が形になって表れるその手ごたえに自信をつける次世代メンバー。そして、あこがれのAKB48に加入できたと思った直後、過酷な生存競争に茫然とする新入生たち・・・・・・。選抜メンバーに選ばれて踊り出したいほどうれしくても、肩を落とす仲間を気遣うことで育まれてきた“絆”。雑誌の隅に自分の顔が載ったと言ってはよろこび、立ち位置が30cm下がったと言っては悔し涙を流す少女。いつ見せられるともしれない振り付けを黙々と練習する孤独なメンバーに、チャンスの女神は果たして降臨するのか?

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でもまぶしいスポットライトの裏で、がっくりと肩を落とす少女の背中。6年間、その華奢な体でどれほどの重荷に耐えてきたのだろう・・・・・・。エースとして、選抜メンバーとして光を浴びながら、襲いかかるプレッシャーと強烈な孤独に向き合う日々。なぜ彼女たちは、身を切られるような風の中、それでも夢に向かっていくのか。傷つくとわかっていても、またそのステージへと上がっていくのか。
スターになったことで、少女たちが手に入れたものと、失くしたものとは――。
シングルCDではミリオンセラーを連発。コンサートは3日間でのべ9万人を動員。「じゃんけん大会」などのイベントでさえ、チケットは瞬時にソールドアウト。テレビや雑誌でもAKB48を見ない日はない。だが、表舞台の華やかさだけでは“本当の姿”は語れない。
カメラは、AKB48のすべてが変わった激動の2011年に完全密着。報道されなかった壮絶な舞台裏へも潜入し、その光と影を収めてきた。前作をしのぐ膨大な数の収録テープにつまった1年の軌跡を、焼けるような独占インタビューとともにつむいでいく。
東京、グアム、台湾、シンガポール、そして東北各地へ。分刻みで飛び回るアイドルたちのあらゆる場面、365日に密着!走り続けることをやめない少女たちの息づかい、流れる汗とともに、ドキュメンタリーは、今を生きる彼女たちが見てきたもの、感じたこと、捧げた祈り・・・・・・それらの内面にまで迫っていく。2011年3月11日。あの日以来、彼女たちは何を思い、どこへ向かおうとしているのか。アイドルとして、ひとりの人間として、今、自分たちにできること・・・・・・。大事なものを見失うまいと開かれた瞳にあふれる、涙の意味をカメラは問う。

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?

態度が悪い人はそのうち…真面目に活動していた方でも“AKB48の看板”と言われる大島優子が卒業し、大きな岐路に立つAKB48グループ。
圧倒的なパフォーマンスと底抜けのサービス精神でAKB48の第2章を牽引してきた優子が、最後の別れに見せた涙の意味とは?
そして後輩たちはその背中に何を思い、これからどこへ向かうのか?
ドキュメンタリー映画は前年までを遥にしのぐリアリティをもって、芸能界のメインストリートを突っ走る少女たちの汗と涙にぬれた日常を、焼き付けるように活写してゆく。
さらに2014年の「総選挙」も描くとともに、テレビでは映せなかった貴重な舞台裏の映像が、本編で初めて明らかにされる!

関連記事:全然しょっぱくない「翔んで埼玉」での島崎遥香の演技。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください