お節介オヤジの呟き

堀かせ返さなくても…やっぱりZip出演者は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレビ局は盗撮の常習犯?
Reading Time: < 1 minute

お節介オヤジも毎朝、短い時間ですが時計代わりつけているテレビで”Zip”に出演されている方が離婚するという事実は前にも書きましたが、今更堀かせ返さなくても…風間俊介さんもやっぱり離婚の危機なのでしょうか?お子さんもいらっしゃるみたいなんで離婚にならないといいですよね?

新婚当時の風間俊介が密会現場を激写!妻役の夏菜と恋仲に?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

リアルライブ2019年02月16日 21時00分配信記事より引用

堀かせ返さなくても…やっぱりZip出演者は…俳優の風間俊介が、2013年5月に結婚を発表した5歳年上の一般女性の妻との間に、第1子となる3歳の男児がいることが判明した。

スクープした『週刊女性』(主婦と生活社)によると、近所では風間が息子を世話する姿も目撃されているという。所属のジャニーズ事務所は、同誌の取材に「3歳の男児がいるのは事実です」とコメント。公表していなかった理由について「風間はグループに属さず、個人で俳優として活動していることからタイミングを逸したことと、プライベートなことなので本人の意思を尊重した」と説明。今後も極力、家族の関係には触れない方針を取っていくようだ。

風間といえば、オーディションを経て、1997年に同事務所に入所。同年、少年隊の舞台でデビューし、以降ジャニーズJr.の一員として活動していた。99年には、テレビドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBS系)に出演し、第3回日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞。これを境にテレビドラマへの出演が増え、名誉ある賞を数多く受賞するなど俳優として確固たる地位を築いた。

そして、2012年10月から放送された連続テレビ小説『純と愛』(NHK系)で、ヒロインの女優・夏菜の夫役を務めた風間は、一躍脚光を浴びた。

ところが、新婚の風間は2013年10月、夏菜との密会が『フライデー』(講談社)に激写され、不倫の疑惑をかけられた。同誌によると「家に帰ったら家財道具が一切なくなっていたんだって~」と、夏菜が店主に話していたと報じられたことから、周囲は風間の妻が家を出て行ったと解釈。「夏菜と風間はデキているのでは?」といった憶測が飛び交った。

また朝ドラ撮影中から周囲は、夏菜との親密すぎる関係に気づいていたという。風間の妻は元タレントとあって、共演者との飲み会には理解を示していたようだ。だが、あまりにも頻繁に夏菜と食事をともにするため、2人の関係を不審に思い、口論となったとの噂が広まったようだ。

間もなくして報道は収束し「よくある夫婦ゲンカ」だとされたのだが、風間はドラマ現場で「奥さんとは最近話していない」とボヤいていたそうだ。さらに、既婚者でありながら、頻繁にスタッフや共演者を食事に誘っていたという情報もある。

別居中なのか、ただ会話がないだけなのか。リアルに夫婦仲が冷え切っているともささやかれていたようだ。夫婦関係にヒビが入ったきっかけは、やはり夏菜だったという。

あれから5年の月日が流れ、新婚当初にささやかれていた不仲説は、第1子の発覚によって完全に消え去った。子供の存在が夫婦安泰のイメージに一役買ったと言えるだろう。風間は現在、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の月曜メインパーソナリティーを担当。また、4月からはテレビ朝日開局60周年記念作品となる昼のドラマ劇場『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)への出演が決定している。

公私ともに充実しているようだが、さわやかなイメージを一変させるような騒動は、金輪際ご法度であろう。

風間俊介の“子持ち報道”は単なるジャブ? 「週刊女性」の次なる狙いは……?

日刊サイゾー2019/02/17 08:00配信記事より引用

堀かせ返さなくても…やっぱりZip出演者は…ジャニーズ事務所所属の俳優・風間俊介に3歳の子どもがいると「週刊女性」(主婦と生活社)および同誌のウェブサイト「週刊女性PRIME」が報じている。風間といえば特定のアイドルグループに所属せず俳優業をメインとする「歌わないジャニーズタレント」として知られ、2013年5月には一般人女性との結婚を発表していた。

経緯を考えれば風間に子どもがいてもおかしくはない。今回の報道も大きなスキャンダルとしては受け止められていないようだ。気になるのは記事を報じた媒体が「週刊女性」である点であろう。

「現在、主要な女性週刊誌は『週刊女性』(主婦と生活社)のほかに『女性自身』(光文社)、『女性セブン』(小学館)の3誌があります。このうち『女性自身』『女性セブン』の2誌はジャニーズ事務所との関係が良好で“御用雑誌”とも呼ばれてきたのに対し『週刊女性』は、ジャニーズから取材NG媒体として指定されるなど“天敵”とされてきました。しかし、近年では取材NGも解除され、関係性が改善しているともいわれていますね」(業界関係者)

風間の記事も「公表するタイミングを逃した」といったソフトな記述にとどまっている。これはジャニーズ事務所と「週刊女性」の関係性に変化の現れなのだろうか。

「確かに風間の記事はスキャンダラスなものではないので、ジャニーズ事務所の了解のもとで出された可能性はありますね。一方で、風間の記事はジャブであり、さらに大きなスキャンダルを『週刊女性』が握っている可能性も否定しきれません。何より、ジャニーズ事務所は昨年、TOKIO・山口達也の未成年女性に対する強制わいせつ事件や、NEWS・小山慶一郎、加藤シゲアキの未成年女性との飲酒など、スキャンダル続きで弱体化しているといえますから、メディアにとっては『狙うなら今』のターゲットであることには変わりありません」(同)

風間の記事は、ジャニーズ事務所のより大きなスキャンダルへ向けての布石なのか、はたまた事務所公認の御用記事なのか。結論は今後の展開次第でわかるだろう。
(文=平田宏利)

関連記事:日テレ朝の情報番組”ZIP”出演者は離婚する?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください