お節介オヤジの呟き

秋元康さんからのプレゼント 何十年もかかる楽曲は少ないですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes

季節ものでかかる楽曲はあるかも知れませんが、毎年どこのテレビ局でも流れる楽曲のひとつに山下達郎さんの”クリスマスイブ”もありますが、バレンタインシーズンになるとかかる楽曲と言えば国生さゆりさんの”バレンタイン・キッス”。国生さゆりさんと言えば”おニャン子クラブ”のメンバーの中でソロデビューは決して早い方ではなかったですよね。でもその時期がバレンタインシーズンのデビューで”バレンタイン・キッス”この楽曲は秋元康さんからの史上最大のプレゼントではないでしょうか?

秋元康さんからのプレゼント 何十年もかかる楽曲は少ないですよね。

【1986年2月】バレンタイン・キッス/国生さゆり 何年経っても定番中の定番

スポニチアネックス  2012年2月14日 06:00配信記事より引用

365日 あの頃ヒット曲ランキング 2月

★86年1月ランキング★
1 DESIRE/中森明菜
2 バレンタイン・キッス/国生さゆり
3 くちびるNetwork/岡田有希子
4 1986年のマリリン/本田美奈子
5 バナナの涙/うしろゆびさされ組
6 歌謡曲/とんねるず
7 ダンシング・ヒーロー/荻野目洋子
8 色・ホワイトブレンド/中山美穂
9 My Revolution/渡辺美里
10 スシ食いねェ!/シブがき隊
注目悲しいな/杉浦幸
※ランキングは当時のレコード売り上げ、有線放送、ラジオ、テレビのベストテン番組などの順位を参考に、話題性を加味してスポニチアネックスが独自に決定。

【バレンタイン・キッス/国生さゆり】

チョコレートに気持ちを込めて、女性から愛の告白をするバレンタインデー。これまで数多くの歌が、この1年に1度の日をテーマにリリースされてきたが、発売から四半世紀以上が過ぎても、国生さゆりの「バレンタイン・キッス」は定番中の定番である。

80年代後半、新しいアイドルの潮流となった「おニャン子クラブ」から4人目のソロデビューとなった国生。2月1日のデビューシングル発売前から、大ヒットの予感はあった。

発売に先立ち、東京や大阪でファンの集いを開催。レコード売り上げを伸ばそうと企画したイベントは、予約購入者に無料入場券を配布したものだった。これが予想をはるかに上回る数となり、大阪では当初600人の予定が5000人が予約。急きょ会場を変更した。

それでも当日は、入場券を持たないファンまで会場に押しかけ、1万人に膨れ上がった。当然、チケットなしでは入れないわけだが、そこに登場したがダフ屋。1枚2万円で売る輩まで現れる始末だった。

発売後の2月3日の東京でのファンの集いも会場が変更となり、よみうりランドには1万人が殺到。レコード売り上げはかなりの枚数が期待できたが、オリコン初登場では2位。岡田有希子の最初で最後の1位「くちびるNetwork」に阻まれた。ライバル視されていた新田恵利が初登場1位だったことを思えば、国生にとっては悔しい結果となった。

翌週も中森明菜の「DESIRE」が上回り2位。2月の最終週も菊池桃子の「Broken Sunset」がトップで、国生は3位。バレンタインの季節が過ぎ、お返しのホワイトデーが近くなった3月にはもう1位をうかがう勢いはなかった。

32万枚の売り上げは新田の「冬のオペラグラス」とほぼ同数ながら、頂点に立てなかった国生。2曲目の「夏を待てない」が5月19日付で、3曲目の「ノーブルレッドの瞬間」が8月25日付で、さらに「あの夏のバイク」(12月15日付)と3曲連続1位になったが、皮肉にも3枚とも「バレンタイン・キッス」のセールスを抜けなかった。順位より多くの人の記憶に残る1曲である。

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください