Reading Time: 1 minute

50歳のお節介オヤジが聞いても面白いラジオ”JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力”伊集院光さんと言えば10代からラジオやテレビで活躍されてますよね。50のオヤジが聞いても面白いと思うのですが、若い方も面白いと感じているから聴視率もいいのでしょう!その番組内ではがき職人が送ってくるコーナーのネタがまた優秀すぎる。新・勝ち抜きカルタ合戦改『「日曜JUNKクワバタオハラのウチらに任せてや!」カルタ』これを聞いていると本当にある番組の様な臨場感あるネタが送られてきてます。今回のクワバタオハラ・小原正子の記事もネタにされるのでしょうね?

クワバタオハラ・小原正子、「数カ月に1度のハワイ旅行」自慢に呆れ声……炎上しすぎて期限切れ!?

日刊サイゾー2019/01/29 09:00配信記事より引用

伊集院光さんの深夜ラジオが面白すぎる。はがき職人が優秀すぎる!お笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子が1月19日、自身のブログにハワイで撮影した家族写真をアップ。プロのカメラマンに撮ってもらったとのことで、ほかにも広大なハワイの大地で伸び伸びとした様子の息子たちや、夫で元プロ野球選手・マック鈴木のほほに小原がキスをするほほえましいショットも見受けられた。

しかし、このブログがアップされた直後、ネット上では「いい年して恥ずかしい」と小原を批判する声が続出。

また小原は、1月2日のブログで、「ハワイに到着したら。。。井上公造さんが 声をかけてくださいました~」と、芸能リポーター・井上公造に遭遇したことを明かしているが、その時に子どもたちの顔がテレビカメラによく映るように抱き上げていた行為について「子ども達抱き上げてカメラに映そうとする神経……信じられない!」「わざわざ抱き上げて映すの、このご時世、怖くないのかな?」と批判されるなど、ネットでアンチが湧いている状況だ。

「小原さんは、いまやすっかり辻希美さん状態。やることなすこと炎上しているような印象を受けますが、アンチが増えることによってブログのアクセス数が伸びているので、結果オーライですよね」と語るのは芸能事務所関係者。

「小原さんにアンチが多いのは、本業である女芸人としての活動よりも、43歳という年齢のわりに美しい肌を生かした化粧品の広告仕事が目立ってしまっているというのがあるのでは? 加えて、数カ月に1度ハワイを訪れる優雅な生活を報告していたりするのも、ひんしゅくを買う一因。世間一般女性の嫉妬を買っているのでしょう」(同)

また小原といえば、昨年9月24日の投稿で、子どもとともに入浴する自身の写真を公開。胸元にはボカシを入れていたが、ネットでは「気持ち悪い」「どうして見せたがるのか」といった非難を浴びている。

「小原さんは普通の芸能人なら『ちょっとこれはやめとこうかな』と思う写真もアップしてしまうなど、危機管理能力が足りてない印象がありますね。そういった失敗の積み重ねが、今回のほっぺたキスという、たわいもない写真すら炎上する結果につながっているのでは。あまり炎上すると、ブログでは稼げますが、ママタレとしての仕事や広告仕事が減るという弊害も出てきますし、気をつけたほうがいいでしょうね」(広告代理店勤務)

芸能界で生き残るのも大変!?

JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力

月曜日 25:00 – 27:00

伊集院光さんの深夜ラジオが面白すぎる。はがき職人が優秀すぎる!

「気がつくと会社をサボって土手でダンボールを使ってソリ遊びをしていた」「ロン毛にしたのは、髪を切るのが面倒くさかったから」「『1年生になったら』の歌詞のように友達ができるなんて絶対無理。とかなり早い段階で悟ってしまった」なんて方たちの憩いの時間となっているのがこの番組。 おかげさまで、番組スタートから今まで男女の聴取者比はほぼ100:0!

「もてたいっすねぇ…でも外に出るのが面倒くさいから……きょうは、いや、明日は、いや、いいやもてなくて」的なスピリッツで毎週がんばったりがんばるフリだったりの放送をしていまーす。

新・勝ち抜きカルタ合戦改『「日曜JUNKクワバタオハラのウチらに任せてや!」カルタ』

伊集院光さんの深夜ラジオが面白すぎる。はがき職人が優秀すぎる!

こんな画像までアップされてます。実際にはない番組なのに…

【「日曜JUNKクワバタオハラのウチらに任せてや!」というラジオが放送されているとしたら、番組内容はどういうものなのか】がテーマのカルタです。投稿お待ちしています。

今回募集するのは《や行》【(や、ゆ、よ)】の3文字から始まる読み札です。


ね 年末は、新山千春やあびる優などのママタレをゲストに迎え、忘年会みてぇな事をやるので、ウザさが100倍になる。
き 傷つくようなネタをいくら送っても、クワバタのメガネが割れない。

伊集院光、エロ本見つけた母の「不健全」勧告で初家出

smartFLASH 2019.01.24配信記事より引用

伊集院光が自身の冠ラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)の1月21日放送回で、エロ本を親に発見され家出した過去を語った。

「なんかコンビニでエロ本売らないって。親御さんとかが多分相当教育に悪いって言ってるんだろうね」

こう口火をきり、コンビニエンスストア大手3社のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートが、2019年8月末で成人誌の販売中止を発表したことにふれた伊集院。

コンビニ各社としては、女性や子供への影響もさることながら、2020年の東京五輪や2025年の大阪万博の開催を控え、外国人が大幅に増えることが予測されての対策ということだが……。

そして伊集院は、部屋に隠してあったエロ本が親にみつかった過去を語りだした。

「見つかるじゃん、エロ本。見っかって捨てられてるじゃん。捨てられたり、説教されたりとかするじゃん。俺はある日、帰ってきたら机の上に、隠してたエロ本が全部置いてあって。

おふくろフィルターで、全部うずたかく積まれたエロ雑誌の3分の1ぐらいの山と、残り3分の2ぐらいの山に分けられて。3分の2ぐらいの山の方に、怒りを込めた毛筆で、『不健全』って書いた和紙が貼ってあった(笑)」

伊集院の母は、わざわざ中身を確認し、選別していたというから驚きだ。一方、いまの思春期のエロ欲求を満たすのは、電子データが主流で、親にはバレにくい。

「電子データなんか絶対、どんなに不健全なものでも、100%隠せますよね。親には開けようがないようなこともできちゃうじゃないですか。そうやって考えると、エロ本のほうがマシっちゃマシって考え方もあるけどね。

でも、『不健全』って書かれた直後に、家出をしてますから。初めての家出は、それですから(笑)。結局、みっけたことで我が家が幸福になったかというと、そうはなってませんけどもね」

古今東西、男子と母親をめぐる「思春期エロ論争」に決着はつかないのだ。

関連記事:伊集院光『カメ止め』撮影の裏話に恐怖 観ていない方は観るしかないでしょ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー