ビデオオンデマンド・BS・CS情報

朝ドラ”まんぷく”を見て思い出した事 浅間山荘事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes

NHKの朝ドラ”まんぷく”はいつになったらラーメン作るんだと思っていたら今週、ようやく「ラーメンだ!福子!」なのでラーメン作りになるんだと思ったら浅間山荘事件を思い出してしまいました。なんで突然、浅間山荘事件って思うかもしれませんが、”まんぷく”から浅間山荘事件かというと”まんぷく”は日清食品の話しがベースになっているので思い出した訳ですが若い人には全く分からないでしょうね。

浅間山荘事件

Wikipediaより引用

あさま山荘事件または浅間山荘事件(あさまさんそうじけん)は、1972年2月19日から2月28日にかけて、長野県北佐久郡軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」において連合赤軍が人質をとって立てこもった事件である。

1972年2月19日、日本の新左翼組織連合赤軍のメンバー5人が、管理人の妻(当時31歳)を人質に浅間山荘に立てこもった。山荘を包囲した警視庁機動隊及び長野県警察機動隊が人質救出作戦を行うが難航し、死者3名(うち機動隊員2名、民間人1名)、重軽傷者27名(うち機動隊員26名、報道関係者1名)を出した。10日目の2月28日に部隊が強行突入し、人質を無事救出、犯人5名は全員逮捕された。人質は219時間監禁されており、警察が包囲する中での人質事件としては日本最長記録である。

酷寒の環境における警察と犯人との攻防、血まみれで搬送される隊員、鉄球での山荘破壊など衝撃的な経過がテレビで生中継され、注目を集めた。2月28日の総世帯視聴率は調査開始以来最高の数値を記録し、18時26分(JST)には民放、日本放送協会(NHK)を合わせて視聴率89.7%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)に達した[5]。同日のNHKの報道特別番組(9時40分から10時間40分に亘って放送)は、平均50.8%の視聴率(ビデオリサーチ・関東地区調べ)を記録した。これは事件から45年以上が経過した現在でも、報道特別番組の視聴率日本記録である。

浅間山荘事件――隊員の食事、大写しに テレビ・新聞で大きく報道

NIKKEISTYLE配信記事より引用

朝ドラ”まんぷく”を見て思い出した事 浅間山荘事件

1972年2月の連合赤軍による浅間山荘事件である。テレビの現場中継を見ながら、あっと息をのんだのを覚えている。雪の中で山荘を包囲する機動隊員が湯気の上がるカップヌードルを食べているのだ。しかも、それが繰り返し画面に大写しされた。当時、カップヌードルが納入されていたのは警視庁の機動隊だけだった。他の県警や報道陣から、すぐ送ってくれという電話が直接本社に入ってきた。それがまた新聞で大きく報道された。

2月28日のNHKは連続10時間20分にわたって中継し、犯人逮捕を挟む午後6時から7時の視聴率は66.5%に達した。カップヌードルは火がついたように売れ出し、生産が追いつかなくなった。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)


朝ドラ”まんぷく”を見て思い出した事 浅間山荘事件

日本赤軍との関係も深い若松孝二監督が、革命を叫ぶ若者のそばから1972年の連合赤軍・あさま山荘事件に迫る人間ドラマ。殺害される運命の遠山美枝子を坂井真紀、中心メンバーである永田洋子を並木愛枝、坂口弘をARATAが熱演。狂信的な連合赤軍メンバーの革命への夢が、悪夢へと至るプロセスが臨場感たっぷりに描かれる。壮絶なリンチシーンは目をそらしたくなるほど衝撃的だが、それ以上に彼らの思いが圧倒的な力強さで表現されている。

ベトナム戦争、パリの5月革命、中国文化大革命など、世界中が大きなうねりの中にいた1960年代。日本でも学生運動が熱を帯び、連合赤軍が結成された。革命戦士を志した坂口弘(ARATA)や永田洋子(並木愛枝)ら若者たちは、山岳ベースを設置し訓練をはじめる。厳しい訓練に追い詰められ、メンバーによる仲間同士の粛正が壮絶を極めていく。

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」真の「総括」を問う、若松孝二渾身のメッセージ


朝ドラ”まんぷく”を見て思い出した事 浅間山荘事件
 これは、理想の名の下に懸命に生きたのに、取り返しのつかない過ちを犯してしまった若者たちと失われた命の峻厳な記録である。60年代から70年代初め、この国を憂い、革命を夢見て起ち上がり、その反市民性ゆえ社会の闇へと追いやられた若者たちがいた。

 映画は客観的に事実を積み上げ、彼らを決して美化せず、ひたすら観念的に純化していく未熟な姿を時系列に追う。やがて、数十挺の銃だけでは「革命」など実現しえないことに気づいたのか、欺瞞と不安を埋め合わせるかのように仲間の精神的な向上を追求し、その粛正は凄惨なリンチへ。当時はその猟奇性ばかりが喧伝されたが、本作のカメラアイは、彼らが平和と他者の幸福を願った誠実な若者だった事実を伝えつつ、冷徹な眼差しと確かな愛情をもって批判的に捉え、慟哭している。

 最後の銃撃戦の最中、最年少の高校生戦士の発する悲痛なまでの絶叫は、今を生きる僕らの実人生にもなだれ込んでくる。あれから36年経った今も、戦うべきは「国家」か。いや、何も考えず皆と同じだと感じることで安堵する個々の顔がない、ただ思いつきと思いこみで動き、消費に明け暮れる怪物――そう、国家も何もかもまるごと呑み込んでしまった「大衆」こそが撃つべき相手ではないかとさえ思えてくる。あの事件を正視してこなかったすべての日本人に向け、挫折した彼らの精神の中から希望のかけらを見出せないかと真の「総括」を問う、若松孝二渾身のメッセージをしっかりと受け留めなければならない。(清水節)

突入せよ!「あさま山荘」事件


朝ドラ”まんぷく”を見て思い出した事 浅間山荘事件

1972年2月19日、警察に追われた連合赤軍のメンバー5人が、“あさま山荘”に侵入、管理人の妻・小雀真理子さんを人質に立てこもった。山荘は雪と氷に閉ざされ、外はマイナス10度を超える極寒の地。警察側は多数の警官を動員して周囲を包囲するものの、人質と大量の武器を抱えた犯人相手に容易に近づくことが出来ずにいた。この時、現場のNo.2として指揮を執る佐々淳行は後藤田正晴警察庁長官より「人質の救出」「犯人の生け捕り」など6項目からなる指示を受ける。しかし、銃器の使用に関して佐々が求めた現場の判断に任せるとの意見は却下される……。

「突入せよ!『あさま山荘』事件」─警察内部の攻防を描き現代の政治状況を挑発する

映画の題材は30年前のあまりにも有名な事件だが、このドラマには歴史に縛られない現代的な広がりがある。原作には著者の回想を通して、「あさま山荘」に至る連合赤軍の軌跡が綴られているが、映画の彼らはほとんど姿なき存在である。ドラマが描くのも、連合赤軍と日本警察の攻防ではなく、警察内部の攻防だ。

主人公佐々が遂行しようとするのは、警察の縦割り主義に対する「FBI式警備指揮官」の任務であり、原作で著者が「四半世紀早すぎた」と語るその任務は困難を極める。映画は「KT」と同じように、現場の状況を緻密に再現しつつ、この主人公をめぐるドラマにフィクショナルな膨らみを持たせている。

FBI式とはいえ、実質的な指揮命令権はあくまで長野県警察本部長にあり、警察庁長官からは武器使用などに関する足枷をはめられ、県警警備部は警視庁の応援部隊に反発し、指揮系統は激しく混乱する。映画は、台詞も聞き取れないほどの緊迫した対立や情報収集、陽動作戦、突入の段取りをめぐる悲喜劇を巧みに織り交ぜ、内部の攻防を浮き彫りにする。

そんなドラマは、「金融腐蝕列島/呪縛」のような同時代性を持ち、現代の政治状況すら挑発するパワーと魅力を放っているのだ。(大場正明)

連合赤軍「あさま山荘」事件 (文春文庫) [ 佐々淳行 ]

価格:648円
(2019/1/22 11:02時点)
感想(5件)


朝ドラからこんな連想をするのは、お節介オヤジくらいでしょうが、2本連続で観てしまい5時間以上になります。しかし、日本の歴史の中でこんな過激な事件が実際にあったことを知るためには是非、観てみてください。2本連続とはいいませんので。この2本を視聴するためにはU-NEXTの無料トライアルに登録するだけです。お時間があるときにどうぞ!

 



関連記事:映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください