ビデオオンデマンド・BS・CS情報

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes

大晦日に五郎さんが帰ってきました。五郎さんとは言わずとしれた、飯テロ番組の筆頭番組「孤独のグルメ」の主人公井之頭五郎さんです。しかも年末スペシャルでは生放送パートもあるという。1/7までの期間限定ではありますが、民放公式テレビポータルTverで見逃し配信されていますが、何と!生放送パートは配信されていません。当然と言えば当然ですが…生放送パートを視聴するには動画配信(VOD)を待つしかありません。

「孤独のグルメ 大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!」

孤独のグルメ公式HPより引用

「京都府 京都市のぐじの土鍋ご飯と愛知県 名古屋市の台湾ラーメン」

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります

ある真夏の日、井之頭五郎(松重豊)はうなぎ屋にいた。他の客のうなぎは次々に出てくるのに、五郎にはなかなか出てこない。しばらくしてやっと出てきた。嬉しさにお重の蓋を開けると、なんと中身が入っていない!
焦ったところで五郎は目が覚めた。夢だったのだ。
五郎は大晦日の夜、葛飾区柴又の「亀屋本店」の店主、前田(伊東四朗)との商談にやってきたのだが、前田が仕事まわりからなかなか帰って来ず、待っているうちに居眠りしてしまったのだ。夢に見るほどうなぎが食べたかったのか、と自分に呆れる五郎。前田を待っている間ストーブに当たりすぎて体が熱くなった。屋上に出て風に当たっていると、前田がやってきた。

思えば今年も慌ただしい年末だった。
12月30日、出張先の京都で、五郎はうなぎ屋の文字を見かけ、無性にうなぎが食べたくなった。だがランチタイムを過ぎており、すぐに食べられる店が見つからない。小皿から家具まで木製の商品を扱う店舗兼ギャラリーの管理人、鈴川江梨子(鶴田真由)との商談を済ませると、再び鰻屋を探す。しかしどうにも見つからず、住宅街に迷い込んでしまった。お腹が空き過ぎてもうなんでもよくなってきた。

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります

その時、縄のれんの「梨門邸」という店の前を通りかかった。入り口のメニューに「昼ごはん・うな重」の文字を見つけ、迷わず入る。店内には常連客らしき二人連れ(中川家(剛・礼二))と夫婦客(上西雄大・武藤玲子)がすでに食事を始めていた。女将(中村ゆり)が五郎を席に案内する。カウンターの奥に炭火の台があり、大将(橋本一郎)が色々焼いている。五郎がうな重を注文すると、なんと売り切れだという。メニューにあるひつまぶしも終わっており、がっくり。しかし気を取り直して、「ぐじの土鍋ご飯」を注文。合わせて、「もち豚ロース」と「トマトの炭火焼き」「牡蠣の塩焼き」「かぶら蒸し」を頼んだ。

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります

お通しの「さばの南蛮漬け、豚バラと壬生菜のさっと煮山椒添え、おぼろ豆腐のあんかけ」を堪能していると、大将がトマトを丸ごと串にさして炭火で焼いているが目に入り、その大胆さに驚く。やがて出てきたそれを食べる。酸味がある香ばしさがぐっときた。他の料理も全て美味しく頂き大満足で店を後にした。

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります
その夜名古屋に移動した五郎は、翌朝、昔懐かしい喫茶店「カラス」を見つけ、朝食をとることに。コーヒー一杯の値段でトーストと卵がついてくるモーニングに惹かれつつ、名古屋名物の「あんトースト」を食べることに。ママ(高橋ひとみ)が常連客にコーヒーのチケットを切りながら会計をしている姿もなんだかいい。朝から名古屋の優しい甘さに浸るのだった。

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります
その後、美容院を経営する奥村(岸田賢二)との商談へ。無事に仕事を終えると、奥村が「台湾ラーメン」を食べないかと誘ってきた。それは台湾にはなく名古屋にしかない、名古屋のソウルフードみたいなものだのだという。台湾ラーメンを聞いたことがなかった五郎は惹かれつつも、いよいようなぎが食べたくて仕方がなく、誘いを上手くかわすとうなぎ屋探しに旅立った。
しかし探しても探しても見つからない。そのうち、目の前に「台湾ラーメン・台湾料理 光陽」という看板が現れた。もしかしてこれは、あの名古屋生まれの?

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります
「うなぎはいつでも食えるが、これは名古屋を離れたらそれまでかもしれん」五郎は心を決めた。
店内には大勢の客が汗を書きながらラーメンなどを食べていた。台湾ラーメンは辛さが選べるようになっていて、「アメリカン(辛いものが苦手な人)」もあった。五郎は台湾ラーメンの中辛と、酢鶏なるものとピリカラにんにく炒飯を頼む。やがて女将(坂井真紀)が酢鶏を持ってきた。揚げ物なのに軽く、他にはネギしか入ってないのがまた美味い。その後、台湾ラーメンとピリカラにんにく炒飯が登場。まずはラーメンを食らう。真っ赤なスープが辛いが美味しい。炒飯はレンゲで一口食べただけで強烈なニンニクが容赦なくなだれ込み、追い打ちをかける。凄い、旨い、辛い、強烈……でもやめられない。お水がジョッキで出てくる訳がよくわかった。

その後東京に戻り蒲田での仕事を終え、五郎は今、最後の仕事場、柴又にいた。
前田は、孫の成人式に一緒にワインを飲もうと、イニシャル入りのワイングラスを購入しようとしていた。「出来はイマイチなんですがね、私に似て可愛いんですよ」という前田をスルーすると、突っ込んでよ?と絡まれる五郎。夢を見てからうなぎ食べたい病の五郎は前田をうまくかわすと、うなぎ屋の場所を聞き出しそこに向かった。
柴又駅近くの「えびす家」に入ると、数名の客(久住昌之・植草朋樹)がいた。直ぐにうな重を注文する。しばらくしてなんと前田がやってきた。五郎に店を聞かれ、自分も食べたくなったという。やがて待ちに待ったうな重がやってきた。一口ずつしっかりと味わう五郎。カップル客が携帯でテレビ番組ををチェックしているのが聞こえてくる。他の客も静かにひと時を楽しんでいる。そこには、大晦日の極上の時間が流れていた。

<孤独のグルメ>松重豊、生放送“ラスト8秒”の職人芸が「さすが!」と話題

ザ・テレビジョン2019/01/01 15:00 配信記事より引用

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります松重豊主演のドラマ「孤独のグルメ 大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!」(テレビ東京系ほか)が12月31日夜10:00から11:30まで放送された。井之頭五郎役の松重とその商談相手・前田役の伊東四朗がコミカルなやりとりを“生ドラマ”部分ラスト8秒にきっちりと収める職人芸を見せ、視聴者からの喝采を集めている。

「孤独のグルメ」は久住昌之作・谷口ジロー画による同名コミックが原作。テレビドラマ版は松重主演で現在シーズン7(2018年放送)まで制作されたほか、単発スぺシャルドラマも好評を博している。大みそかの夜の放送は2017年に引き続き2年目で、生放送パートの制作も2017年「大晦日スぺシャル」に続き2度目。今回は京都と名古屋、そして大みそかの東京・柴又を舞台に五郎が絶品料理を堪能した。

■ ラスト1秒で伊東四朗のツッコミさく裂!

孤独のグルメ大晦日スペシャル 久々の五郎さん復活 猛烈に鰻が食べたくなります

年内最後の商談のため東京・柴又を訪れた五郎。どうしてもうなぎが食べたいが、目当ての店は改装工事中。商談相手の前田に「年越しそばならぬ年越しうなぎ!?変わってるねぇ」と言われながら別のうなぎ店を教えられ、大晦日の柴又を足早に駆け抜けた。

“生ドラマ”となったのは、うなぎ・ゑびす屋でのシーン。店が開いていることにホッとした五郎は、すぐさまうな重を注文した。

そして圧巻は放送ラスト8秒間。カメラと放送終了までのカウントダウンを刻むスタッフが映り込む中、絶妙なタイミングでうな重を食べ終え「ごちそうさま」と箸を置いた五郎は「すいません、草団子とお茶のおかわりお願いします」と“お約束”の追加注文。

ラスト3秒で前田が「え、まだ食うの?ま、デカいもんな」のツッコミを放つまでがきっちり収まったところで、画面は次番組の「東急ジルベスターコンサート」へと切り替わった。しかも、水原恵理アナの「うなぎ美味しそうでしたね!」という“孤独のグルメ受け”のおまけつき。

きれいに決まったラスト8秒に、リアルタイムで見ていた視聴者からは「五郎さんさすが!時間内に完食」「まさに時間との闘い!うなぎ一気食いは大変だったと思う」「伊東さんの『まだ食うの?デカいもんな』うまいことハマった!」「最後のオチまで間に合わせた!さすが芸達者なお2人」といった松重、伊東、スタッフ陣への喝采の声が上がった。

■ 原作者・久住氏今回もカメオ出演果たす

また、店内では客同士が「いま紅白歌合戦どうなってる?」「さっき石川さゆりが終わって、今嵐が歌ってるとこ」「ボクシングは?」「井岡負けちゃったね」「ガキ使は?」「いまCMだね!」「テレ東は何やってんだっけ?」「テレ東は…なんかおじさんがごはん食べてるだけなんだけど(笑)」「テレ東、大みそかに地味だね!ハハハハ」なんて会話する一幕も。

自虐を挟みつつリアルタイムで他局の状況を伝えるというテレ東らしいウィットに富んだ演出に加え、原作者の久住氏が客のひとりとしてカメオ出演するなど、年末らしい遊び心もちりばめられた。

そんな現在進行形の年の瀬に、「大みそかの夜にうな重。これ以上ない1年の締めくくりだ」とほくそ笑みながら五郎はひたすらうまい飯を食う。メニューを隅々まで楽しみ、目の前の一皿に真っ向から向き合い、いただきますとごちそうさまをきちんと言い、ひと口ひと口をしっかりと味わう。

“生ドラマ”というチャレンジとテレ東らしいウィットをスパイスに、そんな“ブレることのない日常”を描く同シリーズの魅力が詰まった「孤独のグルメ 大晦日スぺシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!」。本作を含む「孤独のグルメ」全シーズンはParaviで視聴できる。(ザテレビジョン)


2019.01.02現在の情報ですが、孤独のグルメが最も多く配信されているのはdTVが最も多く、孤独のグルメseason7までとスペシャル版までの11作品が配信されています。井之頭五郎こと松重豊さんの食べっぷりをご覧になりたい方は無料登録してご覧になって下さい。



関連記事:2018年秋ドラマをイッキ見!するにはU-NEXT全話パックでお得に観よう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください