お節介オヤジの呟き

え~!もう終了。PayPay「100億円あげちゃう」キャンペーン終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes

キャッシュレス時代に向けての新サービスとして始まった”PayPay”。その”PayPay”のキャンペーンとして使った金額の20%還元という太っ腹なキャンペーン総額「100億円あげちゃう」予定では3月31日まで(総額に達したら終了)ということでしたが12月13日23:59分で終了。あまりにも早すぎるでしょ。SoftBankの回線トラブルがあったりしたのでクレジットカード登録はもう少し先にしようかと思っていましたがもう終了ですかまだ全然、買い物してませんけど…え~!もう終了。PayPay「100億円あげちゃう」キャンペーン終了

PayPay、「100億円あげちゃう」キャンペーン終了を発表–今後は決済額の0.5%を還元

CNET Japan > ニュース > 製品・サービス

ソフトバンクとヤフーのジョイントベンチャーであるPayPayは12月13日、スマートフォン決済サービス「PayPay」において展開している「100億あげちゃう」キャンペーンを同日の23時59分に終了すると発表した。今後は決済額の0.5%を還元するという。また、新たなキャンペーンなどを実施するとしている。

このキャンペーンは、12月4日から開始したもの。PayPayで支払いをすると、支払額の20%がPayPayの残高として還元(月最大25万円までの支払いに適用)される。また、40回に1回の確率で支払額の全額が還元(月最大10万円まで)され、Yahoo!プレミアム会員は確率が20回に1回、ソフトバンクとワイモバイルユーザーは確率が10回に1回当たるとしていた。

ファミリーマートや松屋、ポプラ、白木屋のほか、ビックカメラやヤマダ電機、上新電機といった家電量販店など高額商品を扱う店舗もキャンペーンの対象となっていたため、キャンペーン開始時からサービス利用が急増。対応店舗では、レジの混雑具合などがSNSでたびたび話題となっていた。本来なら、2019年3月31日まで実施する予定だったが、開始後10日で100億円に達したとしている。

PayPayは、ソフトバンクビジョンファンドが出資するインド最大のモバイル決済サービス「Paytm」の技術をベースにしたキャッシュレス決済サービス。あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(PayPay電子マネーまたは、Yahoo!マネー)と、クレジットカードによる2種類の支払いに対応しており、店舗などの事業者が表示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式と、ユーザーがアプリで表示したコード(バーコード、QRコード)を店舗側がレジなどで読み取る「ストアスキャン」方式の2通りが利用できる。

PayPayの“100億円キャンペーン”は成功だったのか?

ITmedia2018.12.14 00時40分配信記事より引用

祭はあっさりと終わった。

え~!もう終了。PayPay「100億円あげちゃう」キャンペーン終了

あっさりと終了した、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」

コード決済サービス「PayPay」の、史上最大級ともいえる100億円還元キャンペーンが、開始からわずか10日で終了した。

12月4日から13日まで実施していた「100億円あげちゃうキャンペーン」では、決済額の20%をPayPay残高に還元する他、10~40回に1回の確率で全額(最大10万円相当)が還元されるという特典もあり、多くのユーザーが飛びついた。

キャンペーンの主戦場となったのが、ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店だ。キャンペーン目当てとおぼしきユーザーが売り場で列をなす様子が見られ、まさに「お祭り」といえる様相を呈していた。

PayPayは、もともとキャンペーンの期限を2019年3月31日までとしていた。つまり100億円を還元するには、約4カ月がかかるとみていたのだろうが、ふたを開けたら、わずか10日で100億円を達成。これはPayPayの想定を遙かに上回るペースだ(あるいは、このペースは想定通りとした上で、第2、第3のキャンペーンを準備している可能性もあるが)。

ユーザーの認知は拡大した

今回の100億円還元キャンペーンは「成功」といえるのだろうか。さまざまな視点があるが、「すさまじい速さで100億円還元を達成した」という点では大成功だ。そして、キャンペーンの目的である、PayPayの認知とユーザーの拡大という点でも成功といえる。

筆者はファミリーマートで何度か買い物をしたが、「PayPayで」と言って支払っている人を何度か見た。おサイフケータイで支払っている人を見ることはいまだに少ないが、サービスが始まったばかりのPayPayのユーザーを早くも見られたのは驚きだ。それだけキャンペーンのインパクトがすごかったことを物語っている。

SNSを意識した仕掛けも巧妙だった。PayPayで決済をすると、いくら還元されたのかがその場で表示される。特にソフトバンクとY!mobileのユーザーは10回の1回の確率で全額が還元されるから、ドキドキしながら決済をした人も多かったはずだ。TwitterやFacebookなどでは、「PayPayで20%還元された」「全額還元された!」といったコメントとともに、支払い画面のスクリーンショットが多数投稿された。

この支払い画面、「詳細を閉じる」を押すと、決済番号や支払い方法が隠れ、「どこに、いくら払って、いくら還元されるのか」しか分からなくなる。支払い画面を気軽にシェアできるようにしたことで投稿が増え、認知拡大に貢献したといえる。

店舗開拓のハードルも下がる

店舗側への認知が拡大したことは、言うまでもない。PayPayの店舗は、ソフトバンクグループの営業部隊が総力を挙げて開拓しているが、名も知らぬ決済サービスを導入してもらうのは、なかなか厳しい。しかしキャンペーンで一気に名を上げたことで、導入のハードルがぐっと下がったはずだ。「ああ、あのPayPayね」と。

そして注目したいのは、12月のキャンペーンで20%または全額が還元される「2019年1月10日」。この日以降、PayPayユーザーの残高は(もともとのチャージ分を含め)100億円以上になる。このタイミングでPayPayの加盟店になれば、今度はお店側に100億円が還元されるチャンスが生まれる。しかもPayPayの加盟店はサービス開始から3年間は決済手数料が無料ということで、当面のデメリットはほぼない。キャンペーンにより、ユーザーが増えることで、加盟店が増えるという流れは作れたといえる。

短すぎる期間、告知タイミングにも疑問

一方で気掛かりなのが、キャンペーン期間が短すぎたこと。PayPayの存在は知っていて、結局使うことなくキャンペーンが終わってしまった……という人や、14日以降、PayPayの20%還元目当てで買い物を楽しみにしていた人も多いはずだ。そういう人たちは、このままだと今後もPayPayは一度も使わないだろう。モバイル決済サービス自体を初めて使う人たちを取り込んだり、他の決済サービスから乗り換えてもらったりするには、10日では不十分といわざるを得ない。

キャンペーン終了時刻からわずか2時間前に告知をしたのも、賛否が分かれる部分だ。ユーザー目線では、あらかじめ14日以降にPayPayで買い物をするつもりだった人が予定を変更する余地を考えると、遅くとも前日には教えてほしいところだが、そうすると、キャンペーン終了日にユーザーが家電量販店に殺到する事態になりかねない。

PayPay広報はキャンペーン終了時期について「お客さまにご迷惑が掛からない方法で告知を行う予定です」とコメントしていたが、お客さま=消費者ではなく、店舗のことを指していたのかもしれない。

決済ができない不具合、多重決済の事故も

え~!もう終了。PayPay「100億円あげちゃう」キャンペーン終了

緊急メンテナンスで1時間以上PayPayが使えない事態にもなった

サービス開始当初から不具合が多発したのも目に付いた。特にキャンペーンが始まった12月4日は、ユーザーが殺到したことで決済処理が追い付かず、誤って複数回決済する事故も起きた。それ以外にも、PayPayが断続的に利用しにくい状況が続いた。13日の18時5分頃~19時26分頃には突如「緊急メンテナンス」が行われ、PayPayの全機能が利用不可能になった。夜中や、事前告知した上でメンテナンスを行うのならまだしも、平日夕方にいきなり1時間半近くも使えなくなるのは、決済サービスとしては致命的だ。

え~!もう終了。PayPay「100億円あげちゃう」キャンペーン終了

12月4日のキャンペーン開始直後や、それ以前にも不具合が多発した

12月6日には、ソフトバンクの通信障害に見舞われたソフトバンクユーザーがPayPayを使えなくなるという不運もあったが、PayPay側に起因する障害があまりにも多かった。店舗側にとっても、決済できなくなることでお客さんに迷惑を掛けることになるので、導入を拒む要因にもなりかねない。100億円のインパクトで想定を超えるユーザーが集まったことは想像に難くないが、しっかり対策してほしい部分だ。

今後の施策に期待

瞬間風速的なお祭りになったPayPayのキャンペーンだが、これで終わりではない。いや、終わっては意味がない。PayPayもプレスリリースで「今後も新たなキャンペーンの実施を予定しております。詳細は、決まり次第ご案内します」と予告しているので、第2、第3のキャンペーンを仕込んでいることだろう。ここで、今回のキャンペーンで取り込めなかった層をいかに取り込み、100億円が還元されたタイミングでいかに継続して使ってもらう仕掛けを用意できるかが、PayPayの腕の見せ所といえる。

4カ月のはずが、わずか10日間でなくなった100億円

枻出版社配信記事より引用

100億円の原資を積んで、日本に一気にQRコード決済を普及させようとしたPaypayの『100億円あげちゃうキャンペーン』の終了が告知された。

(Paypayの発表はこちら:『本日12月13日に付与額が上限の100億円相当に達したため、23時59分に「100億円あげちゃうキャンペーン」を終了します。』 https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/ )

キャンペーンは12月4日にスタートし、2019年の3月31日23:59まで……とされていたが、Paypayの負担付与金額が100億円に到達した時点で終了するとの注記もあった。4カ月近い期間のキャンペーンが、わずか10日間で終わってしまうことになり、想定を大きく越えて話題になったキャンペーンだったことと思われる。

(詳細レポートはこちら:『「Paypay使った?」100億円のうちの5万円を実際にGETしてみた』 https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/flick-476874/

キャンペーンはPaypayで支払った金額のうち20%が戻ってくる(上限5万円/月)、もしくは1/10〜40の確実で全額バック(上限10万円/回)というもの。

え~!もう終了。PayPay「100億円あげちゃう」キャンペーン終了

筆者の周りではPaypayで支払い可能なお店の中で高額な製品を置いているビッグカメラで大きな商品を買う人が目立った。また、普段値引き率の低いアップル製品を買う人も多かったようだ。

100億円の原資がなくなったということは、この10日間で、500億円近い売上げがあったということだ(1/10〜40で100%還元されるから500億円よりは少ないはず)。

時ならぬ消費浮揚策だ。20%でこれだけ人が財布を開くのかと思うと、来年消費税が10%になると、どれだけ人が財布を閉じるのか、心配にもなるが。

実際、Paypayは満足できる数の利用者を手に入れたのか?

キャンペーンとしては想定以上の大成功だったと思われるが、今後Paypay社内では、このキャンペーンで、何アカウント取得できたか? どのぐらいの割合の人が継続使用しているか? などが問われるに違いない。予想以上にユーザー側の最適化が早く進み、アーリーアダプター層が高額商品をまとめ買いすることで、想定よりも得られたアカウントは少ない……なんていうこともあるかもしれない。

また、キャンペーンを短期間で消化してしまったことにより、キャンペーン期間中に加盟店の営業活動を展開しようとしていたのに、その暇もなかった……ということもあるかもしれない。

『付与金額を追加する可能性がある』と明記されているのに、それが行われないのは、当初の目的をすで達成したか、投じた金額に対して、満たされないKPIがあったのかもしれない。

一番敷居が高かった『アカウントを作らせ、カードと連携させる』という目的は達成したが、登録したユーザーがアーリアダプター層が多かったとすれば、SuicaやApple Payなどのキャッシュレス決済方法をすでに持っている人も多いかもしれない。中国のように他に手段がない場合はともかく、NFC決済の方がスピーディで間違いもないことを考えると、これから利用し続けられるかどうかにも注目しなければならないだろう。

ともあれ、この10日間で、Paypayは日本のQRコード決済のトップランナーに一気に躍り出たことは間違いないだろう。

次策として、どういう手を打ってくるのか? 今後のPaypayの動きから目が離せない。

次の『祭り』は1月10日

ビッグカメラやAppleにとっては、年末にやってきた時ならぬボーナスだったに違いない。相当な売上げが両社の手元に落ちたはずだ。反面、ヨドバシカメラなどこの時ならぬPaypay祭りに参加できなかった家電量販店は、相当数の見込み売上げを失ったことだろう。え~!もう終了。PayPay「100億円あげちゃう」キャンペーン終了

次なる祭りは、この100億円のポイントが付与される2019年1月10日だろう。使いやすい100億円のお金がそこにあるのだから、ビックカメラはじめ、Paypay加盟店では、なんとかそれを使ってもらおうというキャンペーンが行われるに違いない。

ポイントには期限もあるので、忘れてしまってももったいない。

筆者の手元にも100億円のうちの5万円分のポイントが付与されるはずだ。さて、何を買おうか?

(出典:『flick! digital (フリック!デジタル) 2018年12月号 Vol.86』

(村上タクタ)

関連記事:PaYPaY登録して500円GETしよう!PayPayで支払ったら20%戻ってくる!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください