Reading Time: 1 minute

「THE W」で紺野ぶるまさんの一回戦敗退理由が女性うけが悪いそうだが、この人、可愛い顔が邪魔してるねとかかわいいと落としたくなるんだろうな。ご本人はどう思っているのでしょうか?ご本人には申し訳ないのですが、そんなに批判されるほどの美貌だとはおもいませんが…優勝できなかったにせよ話題になったので少しはテレビ出演などがふえるといいですね。

紺野ぶるまが初戦敗退となったワケは美貌が原因?

松本人志がネタを絶賛も「THE W」で紺野ぶるまが初戦敗退となったワケ

Asagei+2018年12月11日 14:25配信記事より引用

12月10日、バラエティ番組「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)が放送された。同大会にて、ファイナリストの紺野ぶるまが披露したネタを、松本人志が絶賛したという。

「番組では、松本と構成作家の高須光聖が副音声を担当しました。しかし出場者はレベルの高い女芸人ばかりではないため、放送中、コメントや笑い声もなく黙り込むシーンが続出。そんな中、紺野の“地元でキレイとおだてられ、芸能界入りした女の自虐ネタ”には、2人が大爆笑。松本は『これは好きやな~!』と大絶賛していました」(テレビ誌記者)

今回、紺野は自分のことを「このレベルの女がやるグラビアに、もはや布は与えられない」「(競馬やパチンコ番組のことを)墓場って呼んでるから!」と、次々と衝撃的なフレーズを繰り出し、同時間のネット掲示板でも絶賛の声が相次いだ。

しかし結果は、対戦相手の横澤夏子に軍配が上がり、紺野はファーストステージ敗退となった。

「この大会の審査方法は、ほとんどが会場にいる一般女性の点数によって決められます。しかし紺野は、他の女芸人より顔がいいため、女性ウケが悪い芸人と言われています。実際、今回も女性が集まるネット掲示板では『自分のことキレイだと思ってそう』『なんかイライラする』『この人、可愛い顔が邪魔してるね』と、ネタではなく見た目で酷評する声が多く飛び交っていました。そのため、一般女性に審査される『THE W』では、彼女は不利なのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

この結果に男性視聴者からは「かわいいと落としたくなるんだろうな。おもしろさより嫌いが勝つのが女」「この2つで横澤が圧勝する価値観で審査されるのなら、もうチャンネル変える」「これどっちがおもしろいじゃなく、女がどちらを好きかだけの判定だろ。やっぱ審査員は一般人じゃダメだわ」と怒りの声が殺到することに。

今回、松本たちも爆笑していたことで、紺野のネタは男ウケは抜群のようだ。

紺野ぶるま 松本称賛も…「AKBにいそうは悪口」ネタが物議

女性自身12/11(火) 17:46配信記事より引用

konno buruma 1 line tw - 「THE W」紺野ぶるまが初戦敗退となったワケは美貌が原因?12月10日、日本一の女芸人を決める『THE W 女芸人No.1決定戦』(日本テレビ系)が放送された。今年は昨年王者のゆりやんレトリィバァ(28)が早々に敗退する波乱の幕開け。激戦を制し、結成12年目の阿佐ヶ谷姉妹が見事優勝を果たした。

その一方で、ある出場者のネタが物議を呼んでいる。ピン芸人の紺野ぶるま(32)だ。

下ネタ大喜利やデフォルメした女性を独特な視点で演じるネタなど、多彩な才能で人気を集める紺野。昨日は田舎から飛び出し女優デビューするも、夢破れて故郷に戻ってきた女性を自虐気味に演じていた。

《女優がダメなら趣味とか特技伸ばしたタレントになればいいじゃない? 競馬とかパチンコのこと言ってるでしょ? 私あっちのこと墓場って呼んでるから。ねえどうしてくれる?》
《いっそのこと勇気振り絞ってグラビア? このレベルの女がやるグラビアにもはや布って与えられないからね?》

など皮肉たっぷりなネタを披露。僅差で横澤夏子(28)に敗れるも、副音声を担当していた松本人志(55)は「僕は好きですけどねえ」と称賛を送っていた。

問題となったのは、この後。《地元のみんなも私がAKBにいてもおかしくなかったって言ってくれてる。あのさ、AKBにいそうってこのご時世もはや悪口だと思うよ?》とAKB48グループ批判ともとれる内容のネタを披露。松本、観客ともに大いに笑いを誘っていた。

だが、このネタを見ていたAKB48グループのファンが反応。《誰かを馬鹿にして笑いを取るのはいかがなものかと思う》《AKBも努力してるのにこんなこと言われたら悲しくなる》など一部のファンから紺野に批判が殺到していた。

「AKBいじりは本心ではなくもちろんネタでしょう。ただ、以前キンタロー。さん(37)が欅坂46をかなりデフォルメしたモノマネを披露したときも炎上したように、一歩間違えると危険な目に遭います。紺野さんはあの毒気がウリな部分もありますから、難しいところではありますが……」(テレビ局関係者)

ネタとは言え、イジりすぎはほどほどに!?

阿佐ヶ谷姉妹が女王「THE W」視聴率11.5% 瞬間最高は2年連続で松ちゃん、発言に注目集まる

スポニチアネックス2018年12月11日配信記事より引用

紺野ぶるまが初戦敗退となったワケは美貌が原因?結成12年目の「阿佐ヶ谷姉妹」が2代目女王に輝いた、女芸人No・1を決めるコンテスト「女芸人No.1決定戦 THE W 2018」が10日、日本テレビで放送され、(日本テレビ系、後8・00)の平均視聴率は11・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。

瞬間最高視聴率は午後9時57分の14・0%。最終決戦前の5組によるくじが終了し、副音声で大会を解説していたダウンタウンの松本人志(55)が視聴者からの質問に答える場面で、「いつまで芸能活動するんですか?」との質問に、松本は「来来週でもやめたい。来来週の火曜日ぐらい。求められるうちにやめたいとも思う」などと回答していた。第1回目の昨年は平均視聴率13・1%で、瞬間最高15・3%。昨年も松本が全ネタが終わり、総評を語る場面で記録しており、2年連続で松本の発言が注目を集めた形。

決勝は10組が参加し、第1試合で初代女王のゆりやんレトリィバァ(27)とあぁ~しらき(42)、第2試合で吉住(29)とニッチェ、第3試合で根菜キャバレー合わせみそ、第4試合で横澤夏子(28)と紺野ぶるま(32)、第5試合で阿佐ヶ谷姉妹と紅しょうががそれぞれ対決。最終決戦では、勝ち抜いた阿佐ヶ谷姉妹、あぁ~しらき、ニッチェ、合わせみそ、横澤夏子の順でネタを披露。審査で最多票を獲得した阿佐ヶ谷姉妹が606組の頂点に立った。

阿佐ヶ谷姉妹は渡辺江里子(46)と木村美穂(45)の2人で、2007年10月にお笑いライブ出演をきっかけに正式にコンビ結成。16年放送のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気企画「第22回細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で優勝しブレークした。6年間共同生活をしていたが、今年8月に共同生活を解消したと発表している。2人はおなじみの歌ネタを封印し正統派コントで勝負し、栄冠を勝ち取った。賞金1000万円と日本テレビ系レギュラー番組の視聴率計100%分の出演の権利のほか、冠特番の権利も獲得した。

番組MCは俳優の志尊淳(23)、「チュートリアル」の徳井義実(43)、日本テレビの水卜麻美アナウンサー(31)。清水ミチコ(58)、滝沢カレン(26)、土屋太鳳(23)、中尾明慶(30)、ヒロミ(53)、福原愛さん(30)のゲスト審査員6人と、番組ホームページで募集した一般審査員395人の計401人が審査。副音声は昨年に引き続き、松本と放送作家の高須光聖氏(53)が担当した。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




google_ad_client = "ca-pub-9608738345170826"; google_ad_slot = "6876733194"; google_ad_width = 300; google_ad_height = 250;

スポンサー

スポンサー