お節介オヤジの呟き

バレーボール女子世界選手権 盛り上がってますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute

バレーボール女子世界選手権 盛り上がってますか?

女子バレーボール世界選手権が開催されていますが、本当に盛り上がっているのでしょうか?一次リーグの山場オランダ戦では台風24号の影響でJR線が完全ストップするなど交通機関にも影響が出てかなりの観客が会場に向かえない状態だったりしました。本当は盛り上がっているの?

たっぷり70分!エステ体験【エルセーヌ】

中田ジャパン、ブラジルから1セット奪取 3次リーグ進出が確定!

スポニチアネックス10/11(木) 19:57配信

バレーボール女子世界選手権 2次リーグ 日本―ブラジル(2018年10月11日 日本ガイシホール

中田久美監督率いる世界ランキング6位の日本は同4位のブラジルと対戦。第1セットを25―23でものにし、3次リーグ進出を決めた。

この試合、日本が1セットを取った時点で、ブラジルが日本の成績を上回る可能性が消滅。日本の2次リーグ3位以上が確定し、3次リーグ進出が決まった。

3次リーグは10月14日から日本ガイシホールでスタート。準決勝行きのチケット4枚をめぐり、6チームが3チームずつに分かれて総当たりのリーグ戦を繰り広げる。

中田ジャパンがブラジルと激闘「世界バレー」瞬間最高23・9%の高視聴率

スポーツ報知2018年10月12日14時23分

バレーボール女子世界選手権 盛り上がってますか?

◆バレーボール女子 世界選手権 ブラジル3―2日本(11日、愛知・日本ガイシホール)
11日に放送されたTBS系「2018年世界バレー女子大会」の2次リーグ(L)最終戦・日本対ブラジル(後7時18分)の平均視聴率が同時間帯トップの18・2%だったことが12日、分かった。

瞬間最高視聴率は第3セットの午後9時4分、24-25でマッチポイントを握った日本にブラジルが迫ってきた場面で23・9%の高数字をマークした。

E組で世界ランク6位の日本は、同4位のブラジルにフルセットの逆転負けを喫したが、勝ち点を22とし、同組2位で3次L進出を決めた。E組は日本と1位オランダ、3位セルビアが14日からの3次L(名古屋・日本ガイシホール)へ。6強が2組に分かれ、日本はイタリア、セルビアと同じG組になった。日本は14日にセルビア、15日にイタリアと対戦する。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 

電車あるんですか?…鬼の中田久美監督の印象変わる

バレーボール女子世界選手権 盛り上がってますか?「てめえらッ、この野郎~!」

女子バレーボール日本代表を率いる中田久美監督(53)にまつわるエピソードで、これほど有名なものはないでしょう。

04年初夏、アテネオリンピック(五輪)出場権を獲得した日本代表の選手たちは、祝勝会後にホロ酔い気分でテレビのスポーツ番組に出演し、アナウンサーの声も聞こえないほどの大騒ぎをしてしまいました。五輪予選を振り返るVTRに入った瞬間、ゲスト出演していた中田監督(当時は解説者)が、選手たちを大声でしかり飛ばしたのです。この時、運悪く? マイクはオンのまま。その怒声は全国に流れてしまいました。

「闘将」「鬼」から「スケバン」(命名は大林素子さんらしい…)まで、中田監督はさまざまな例え言葉で語られてきました。シンプルに言えば「怖い人」です。僕は今年から日本代表を取材するようになったばかりで、まだ中田監督と接する機会も少ないのですが、その印象はかなり変わりつつあります。

9月30日、現在開催中の世界選手権1次リーグでオランダにフルセットで惜敗した後の記者会見でのことでした。5戦全勝での2次リーグ進出を宣言していた中田監督は、悔しさをかみしめるように記者の質問に答えた後、表情を少し緩めてこう言いました。「みなさん、電車はあるんですか? 大丈夫ですか?」。台風24号の影響でJR線が完全ストップするなど交通機関に大きな影響が出ていたあの夜です。中田監督の気遣いに心が温かくなりました。

今の代表選手はみんな、中田監督を親しみを込めて「クミさん」と呼びます。新エースの黒後愛選手は、監督行きつけの美容院を紹介してもらったそうです。所属の東レで活動中も、LINEで頻繁に連絡を取り合っているとのこと。黒後選手は「クミさんとはいろいろな話をします。何でも相談できるし、頼もしいです」。選手たちにとって頼れる母親、姉、先輩といった存在なのでしょう。そこには深い優しさが感じられます。

今年5月、ネーションズリーグでオランダに0-3で完敗した時、中田監督は会見で涙を流しました。ふがいない戦いぶりに我慢がならなかったのでしょう。それでも「しっかり選手と向き合って、やるべきことを確認したい。これは私自身の問題でもある」と、決して選手を責めず、敗因を自らの指導力に求めました。30日の会見では「選手は最後まで積極的に戦ってくれました。悔しいが、プラスになる試合。ネーションズリーグの時は戦う以前の問題でしたが、チームらしくなってきました」と、選手の4カ月間の成長を評価したのです。

中田監督の優しさがベースにあるから、選手たちは厳しさも受け入れられるのでしょう。揺るぎない信頼関係が今の日本代表を支えているのだと思います。

14年前、怒声が全国にオンエアされた後、日本バレーボール協会は中田監督にこう伝えたそうです。「ご指導、ありがとうございました」。【小堀泰男】(ニッカンスポーツ・コム/スポーツコラム「We Love Sports」)


関連記事:内村航平選手10連覇達成!その他の10連覇まとめ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください