お節介オヤジの呟き

内田裕也さんよりロックな人生では樹木希林さん死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



内田裕也さんよりロックな人生では樹木希林さん死去

2005年に乳がんの手術を受け、その後全身にがんがあると公表していた樹木希林さんが亡くなってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。歯に衣着せぬ発言や演じられた役者さんだった樹木希林さん。ご主人の内田裕也さんの口癖と言うか定番の発言”ロックンロール”!樹木希林さんの人生は内田裕也さんよりロックな人生だったのではないでしょうか?

樹木希林さん死去 怪女優から演技派へ 私生活にも注目

映画「わが母の記」「万引き家族」などで味のある女性を演じた俳優の樹木希林(きき・きりん、本名内田啓子〈うちだ・けいこ〉)さんが、15日死去した。75歳だった。2005年に乳がんの手術を受け、その後全身にがんがあると公表していた。

1943年東京生まれ。61年に文学座に入り、悠木千帆の芸名でデビュー。60~70年代は主にテレビで活動し、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」などの高視聴率ドラマで、風変わりな人物をコミカルに演じた。富士フイルムのCM出演も話題になった。

80年代に入ると、NHKドラマ「夢千代日記」で吉永小百合さんの芸者仲間を演じるなど怪女優から演技派としての評価が高まっていく。

2000年代以降は活動の中心をテレビから映画に移した。「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(07年)、井上靖原作の「わが母の記」(12年)で、それぞれ主人公の母親を情感豊かに演じ、いずれも日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。また、「悪人」(10年)でも主人公の祖母役で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲得。主役も脇役も出来る俳優として、演技賞の常連となった。

ハンセン病の元患者役で主演した「あん」(15年)、年金を当てにされる老人を演じた「万引き家族」(18年)は、いずれもカンヌ国際映画祭に参加。是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞のパルムドールを受賞するなど、演技は国際的にも評価された。

出演作は他に「半落ち」「歩いても歩いても」「そして父になる」「駆込み女と駆出し男」「海街diary」などがある。

私生活ではロックミュージシャンの内田裕也さんと2度目の結婚。そのつかず離れずの独特の夫婦関係がワイドショーなどで取り上げられた。長女の内田也哉子(ややこ)さん、孫の内田伽羅(きゃら)さんとは映画で共演した。

朝日新聞DIGITAL2018年9月16日18時16分配信記事より引用

樹木希林さん出演作品

あん



 2015年 | 日本・フランス・ドイツ見放題
ドリアン助川による同名小説を「殯の森」の河瀬直美監督が映画化
 見どころ
偏見にさらされ続けても精一杯生きようとする女性を、樹木希林が好演。永瀬正敏、樹木の実孫・内田伽羅、樹木希林とは初共演となる市原悦子など、豪華キャストが集結。
 ストーリー
どら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎。ある日、店の求人募集の貼り紙を見て働きたいと懇願する老女・徳江が現れる。千太郎に雇われた徳江が作った粒あんはあまりにおいしく、みるみる店は繁盛するのだが…。
2019年3月29日 23:59まで配信
©2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/MAM/ZDF-ARTE

半落ち



2003年見放題
横山秀夫の傑作感動ミステリーを「陽はまた昇る」の佐々部清監督が映画化
見どころ
主演は寺尾聰。刑事、検察、弁護士などが犯人と向き合う姿を通して人の命と人生の意味を問う。後半は人間ドラマが厚みを増し、クライマックスの法廷シーンは感動必至。
ストーリー
アルツハイマー病を患う妻・啓子を殺害したとして、現役警部・梶聡一郎が自首して来た。捜査一課強行犯指導官・志木和正の取り調べに対し、梶は素直に犯行を認める。しかし、彼は自首するまでの2日間に関しては決して口を開こうとしなかった。
2019年8月19日 23:59まで配信
©2004「半落ち」製作委員会原作/横山秀夫「半落ち」(講談社刊)

歩いても 歩いても


2007年 | 432円ポイント
本作品はあと4日で終了
是枝裕和監督が描く、ある一家のホロ苦くも温かな家族ドラマ
見どころ
老いた両親の家に集まった一家を描いたホームドラマ。何気ない会話で描かれる感情の機微は繊細で秀逸。原田芳雄、樹木希林、阿部寛ら豪華キャストの共演にも注目。
ストーリー
ある夏の終わり、良多は再婚したばかりの妻と連れ子を伴って実家を訪れる。その日は15年前に亡くなった長男の命日であり、老いた両親の下に姉も帰省し、久々の一家団欒となる。だが、失業中な上に昔から父とそりが合わない良多の気は重く…。
2018年9月21日 23:59まで配信
©2008「歩いても 歩いても」製作委員会


関連記事:昭和の名女優「樹木希林」の映画を振り返ってみよう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




 

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください