ビデオオンデマンド・BS・CS情報

敦ちゃん結婚発表と同じ日にNMBではザワザワ 山本彩さん卒業 元NMB渡辺美優紀さんは芸能界復帰”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes

2018.07.30の芸能ニュースと言うと前田敦子と勝地涼と入籍発表がありました。同じAKBグループのNMB48・山本彩さんが卒業を発表しました。それも全国ツアー初日に。前田敦子さんの結婚発表もあったので山本彩も結婚?でもそれなない様です。同じく元NMBの渡辺美優紀さんは芸能界復帰もなにやら大人の事情できな臭い。

卒業発表の山本彩「ありがとう」短文に込めた思い

今夏の全国ツアー初日の東京公演で、卒業を電撃発表したNMB48の山本彩(25)は、公演後の31日深夜、ツイッターに「皆の言葉が優しくて温かくて」「ありがとうって言ってくれて、ありがとう」などと感謝の思いをつづった。

納得できるまで動かず、妥協を許さない山本は、ツイッターやブログ、SNSへの投稿は「熟考に熟考を重ねて夜が明けたりする。考えて、考えて、やっと書けるので、ものすごく時間がかかるタイプ」と話しており、激動の一夜を終え、感謝の思いを短文に込めた。山本らしいコメントになった。

10年秋の創設時からのキャプテンで、NMB48の絶対エース。加入時からの夢だったソロシンガーとしてのデビューも果たし、グループに在籍しながら、夢をかなえる新たな道を後輩にも示してきた。

一方で、今年に入っては楽曲作りが思うように進まなかったようで、今月14日のNMB48劇場での生誕祭では「皆さんに新しい楽曲とか、ライブの報告ができなくて、心苦しく思っていた」と吐露。自分自身を「もどかしい」と言いつつも「最近、スタジオに入るようになって、私なりにちょこちょこ、歩き始めています」と近況を報告していた。

再び前進し始めたエースの背中に、心境の変化を感じ取っていた後輩もいた。山本を敬愛する次世代エースの太田夢莉(18)もその1人。太田も前夜、公演後にツイッターへ、山本との2ショット写真とともに「おつかれさまでした」とコメントを掲載した。

もともとは、山本のライバルで、結成時からのグループ両輪だったOG渡辺美優紀(24)が“発掘”した渡辺と同じ奈良出身の原石。成長とともに、クールな美貌に磨きがかかり、アイドル然とした外見に加え、芯の強さは、山本にも負けず、妥協を嫌う性格も近い。山本も太田にかける期待はふくらんでいる。

太田は、14日の山本の生誕祭でも、手紙をしたため「さやかちゃんがずっと守ってきたNMB48を私も守れるように、そして、さやかちゃんも私が守りたい。私も頑張ります」と誓いの言葉を送ったばかりだった。

山本彩の卒業コンサートの生配信みたい方はこちら

山本彩 LIVE TOUR 2016 ~Rainbow~

概要

11.22@Zepp Namba 山本彩、初ソロツアーのファイナル公演をBSスカパー!で放送!

番組内容

念願だったシンガー・ソングライターとしての夢を叶えた1stソロアルバム「Rainbow」を引っさげた、初のソロツアー『山本彩 LIVE TOUR 2016 ~Rainbow~』より、地元大阪でのファイナル公演を放送。 山本彩自身も作詞作曲を手がけたアルバム収録曲を中心に、NMB48の楽曲をソロとして披露する他、AKB48“365日の紙飛行機”を熱唱。

念願だったシンガー・ソングライターとしての夢を叶えた1stソロアルバム「Rainbow」を引っさげた、 名古屋・東京・札幌・大阪(4都市5公演)で敢行した初のソロツアー 『山本彩 LIVE TOUR 2016 ~Rainbow~』より、 地元大阪でのファイナル公演を4K放送。

山本彩自身も作詞作曲を手がけたアルバム収録曲を中心に、JT CMソングとしておなじみの“ひといきつきながら”、NMB48の楽曲“僕らのユリイカ”“初めての星”“太宰治を読んだか?” もソロとして披露する他、アンコールでは山本彩がセンターを務めるAKB48“365日の紙飛行機”を熱唱。4Kでしか味わえない臨場感をスカパー! 4K総合でお楽しみください。

<山本彩 コメント>

普段はアイドルをやらせていただいてますが、ライブでしか見られない山本彩を見ていただきたいです。「彼女 になりたい」はライブを前提として作った楽曲です。実際のライブでもコール&レスポンスとかあってすごく気持 ちよかったので、ぜひ一緒にコールしてほしいですね。今回は、4K映像での放送ということで、汗とか、色々飛 ばしてると思うんですが(笑)、そういうのも含めて臨場感のある映像で、このライブを観ていただきたいです。

<ご案内> BSスカパー!はスカパー!にご契約のお客様が無料でご覧いただけるチャンネルです。 BSスカパー!では、地上波にはない!オリジナル番組を放送しています。 ご加入はカスタマーセンター TEL:0120-039-888(10:00~20:00) またはスカパー!公式サイトまで

元NMB48・渡辺美優紀“芸能界復帰”の裏に蠢く中国資本と吉本の対立「泥沼化は必至」

 

 

日刊サイゾー2018.07.30 月配信記事より引用

“みるきー”の愛称で親しまれている元NMB48の渡辺美優紀が、2年ぶりに芸能活動を再開。所属のKYORAKU吉本.ホールディングスを退社後の2年間、渡辺は「映画と舞台を見て、勉強していた」と言っているが、これは真っ赤なウソだ。メディアは吉本に“忖度”して報じなかったが、“退社後2年間の活動禁止”という契約条項を無視して、渡辺は国内や中国で活動していたのだ。

渡辺は大阪拠点のNMB48だけでなく、AKB48でも活躍。3年前の「AKB48選抜総選挙」では12位に選ばれるほどの人気だった。一方で、在籍当時、母親と事務所に乗り込み「社長を出せ」と迫り、グループ内での待遇の不満やギャラの安さにクレームをつけるなど、事務所では“問題児“と呼ばれていた。

それだけに、2016年8月にグループを卒業した渡辺だが、引き取り手となるほかの事務所も現れなかった。しかも、“退社後2年間は芸能活動禁止”という契約条項があるだけに活動はできない。渡辺自身も、卒業時に「まっとうに生きます」と語ったことで、事実上の引退宣言と受け取られた。

ところが、渡辺は事務所との契約条項を無視。昨年の4月にインターネットライブ配信チャンネルで活動を再開しようとしたが、事前に吉本側に察知されて、配信は中止となった。それでも懲りない渡辺は、神戸でパチンコ店を経営する中国人社長をスポンサーに、神戸の温泉やパン店のイメージキャラクターを務め、活動を再開。同時に吉本に“競業禁止は無効のため、見解を聞かせろ”といった内容証明を突き付けた。天下の吉本を敵に回すアイドルなど、見たことがない。

その後、渡辺は中国人社長の紹介で、世界最大のソーシャルメディア「微博」に、昨年5月、オフィシャルアカウントを開設。同時に「ウェイボー日本」に所属して、中国進出を画策した。

ウェイボー日本の代表を務めるのは、中国の“大物芸能プロモーター”といわれる周帆氏。周氏は11年に覚せい剤で執行猶予中だった女優の酒井法子を中国の麻薬撲滅キャンペーンの“禁毒大使”として招聘し、同時に北京で「東京ガールズコレクション in 北京」を主催。渡辺を北京でのコレクションに出演させようと計画したが、吉本から横やりが入り、計画は頓挫した。

吉本に敵対心を燃やした周氏は、昨年9月15日に渡辺を北京入りさせた。北京では、中国のファンクラブ会員との交流や在中国日本大使と面談するなど、日中友好をアピール。中国での活動をスタートさせた渡辺だが、日本のメディアは吉本に“忖度”して、報道を控えた。

その後、渡辺が中国で活動しているという情報はないが、ウェイボー日本を退社したという話も聞かない。周氏と親しい広告代理店関係者も「辞めてませんよ」と断言していた。

ところが、吉本との契約条項の2年間の“縛り”が取れた渡辺は、ほかの事務所に移籍。芸能界への復帰を明らかにした。どうも、裏では吉本幹部の側近・H氏がマネジメントしているという情報もある。

復帰について、周氏はもちろんのこと、神戸のスポンサーも寝耳に水だという。渡辺にはこれまでかなりの投資をしてきただけに、身勝手な行動に納得がいかないだろう。たとえ、吉本が内諾したとしても、渡辺の復帰は業界に大きな火種を残しているようだ。

(文=本多圭


AKBグループも色んな意味で大変ですよね。総選挙で1位になった松井珠理奈さんは長期休養になったり卒業した宮澤佐江さんは芸能界を引退などグループを卒業後も活躍していくには大変ですね。芸能界は人気だけでなく事務所なども関係してくるので本当に大変ですね。

関連記事:宮脇咲良に試練 “PRODUCE48”見るならスカパー!(ネタバレ)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください