お節介オヤジの呟き

初めての花火大会をいい思い出にする方法 親子向けだけじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute

連日の猛暑で昼間の行動は本当につらい日々が続いていますが、7月も中旬から後半になると全国、各地で花火大会が実施されると思います。毎年、この時期になるとWalker+×金麦で全国の花火大会の開催日程や花火大会の中止・延期情報なども得る事ができますよ。出掛ける前の参考にしてみては如何ですか?金麦特等席というキャンペーンも実施されていますよ!そんな花火大会を初めて見るお子様対策を紹介している記事がありますが、これってお子様だけでなく初めて花火大会に行く恋人とかの対策になるのでは?と思いますので紹介させて頂きますね。

親子向け、初めての花火大会をいい思い出にする方法

Lifehacker 2018.07.14配信記事より引用

夏がやってきました。夏休みの思い出にバーベキューやプールに行ったり、ホタルを見たりするように、当然子どもたちと花火大会を楽しむ人も多いでしょう。しかし、年に一度の花火大会が恐怖とまではいかなくても、楽しみではない子どももたくさんいます。初めての花火を楽しい体験にするには、事前の準備も必要です。

今回は、子どもが花火を怖がらないようにするための、いくつかの予防策をお教えしましょう。

1. 前もって花火の話をする

花火大会に行く前に、これからどういうところに行き、そこに行ったらどういうものを見て、どのように楽しむのかを説明しましょう。未知のものに対する恐怖というのは強力です。これまで見たことがなければ「花火」という言葉さえも怖く聞こえることがあります。花火の写真や動画を見せておけば、実際に花火大会に行く前に、子どもは視覚的に花火を体験することができます。

2. 機嫌が悪くならないよう準備する

花火大会の時間まで子どもが起きているということは、花火に関係なく機嫌が悪くなる可能性もあります。おやつや飲み物、子どものおもちゃや気を紛らわすものを持って行き、花火大会が始まるまで時間が潰せるようにしましょう。さらにおすすめなのは、子どものためにノイズキャンセリング機能付ヘッドフォンを持っていくことです。

3. 対策を考えておく

特に、花火大会が初めての子どもは、花火にどのような反応をするかわからないので、対策を考えておきましょう。素早く簡単に外に出られるところに車を停めたり、群衆の後ろのほうに場所を陣取ったりします。花火を見るのに最高の場所ではないかもしれませんが、万が一大惨事が起こった時のための対策です。

4. 遠くから見ることも検討する

家の近所で、遠くに花火が見える場所があるかもしれません。遠くの花火であれば恐怖も薄れるでしょうし、音もそこまでうるさくありません。

5. 年々よくなる可能性もある

子どもが花火を怖がるのは、今年だけかもしれません。1年後には、子どもが耐えられるようになったり、楽しめたりするように変わることもあります。今年はあきらめなければならなかったとしても、来年も花火大会はあるということをお忘れなく。

夏の風物詩!花火大会で「選んではいけない場所」と「必需品」はコレだ!

金麦特等席1800名ご招待キャンペーン

金麦片手に大迫力の花火を愉しむことができる「金麦特等席」は、他では味わえない花火鑑賞体験ができます。今年は全17大会に及ぶ、スペシャルシートに、総計1800名様をご招待!みなさま奮ってご応募ください。

キャンペーン応募ページはこちら

全国の人気花火大会ランキング

  1. 横浜スパークリングトワイライト2018(神奈川県)
  2. 第33回利根川大花火大会(茨城県)
  3. 第40回足立の花火(東京都)
  4. 第30回なにわ淀川花火大会(大阪府)
  5. 田園夢花火2018 第30回たまむら花火大会(群馬県)
  6. 東京花火大祭~EDOMODE~(東京都)
  7. 天神祭奉納花火(大阪府)
  8. エキサイティング花火2018 第43回 江戸川区花火大会(東京都)
  9. 2018 びわ湖大花火大会(滋賀県)
  10. 第52回葛飾納涼花火大会(東京都)

夏休みのお出かけの参考にしてみて下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください