ビデオオンデマンド・BS・CS情報

高倉健、松田優作、若山富三郎…日本のスター競演のハリウッド超大作「ブラック・レイン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute

高倉健、松田優作、若山富三郎…この3人の大スターはもう亡くなってしまっているんですよね。この3大スターが共演している映画は邦画でなくハリウッド超大作「ブラック・レイン」で共演されていたのをご存知でしょうか?その「ブラック・レイン」がスカパー!BS255 日本映画専門チャンネルで放送されます。

高倉健、松田優作、若山富三郎…日本のスター競演のハリウッド超大作「ブラック・レイン」

zakzak by夕刊フジ 2018.7.10配信記事より引用

『ブラック・レイン』〈7月13日(金)午後9時 スカパー!BS255 日本映画専門チャンネル〉

現在、「東映チャンネル×日本映画専門チャンネル共同企画 高倉健劇場ファイナル」というものが行われています。

男女問わずみんなが好きになった高倉健。国民的スターといえる最後の昭和の名優でしょう。それほどのスターを取り上げるには、もはやテレビ局1つではなく、2つが共同企画するくらいでなくてはいけないでしょう。

13日午後9時からスカパー!日本映画専門チャンネルで放送されるのが、「ブラック・レイン」です。そう、あのハリウッドの超大作です。

NY市警のニック(マイケル・ダグラス)とチャーリー(アンディ・ガルシア)は刺殺現場に遭遇し、指名手配中の佐藤(松田優作)を日本に護送するも、空港で逃走されてしまう。大阪府警の松本(高倉健)の監視下でニックは動向を見守るが、再び現れた佐藤にチャーリーを殺され、復讐に燃えていく…。

もはやこの映画は日本にとっても伝説的な映画と言ってもいいでしょう。マイケル・ダグラスが主役。その相棒がアンディ・ガルシアです。そう、「ゴッドファーザー PARTIII」で名をはせる前年にこれに出ていたのです。

そのアンディ・ガルシアが殺されてしまい、日本での新たな相棒になるのが高倉健なのです。そして高倉健がハリウッド作品に出ているだけでもたまらないのに、この作品が松田優作の遺作となるわけですから、より特別な映画になるのです。

他にも若山富三郎、神山繁、國村隼、安岡力也、島木譲二などが出演しているのがたまりません。

そして、監督はリドリー・スコット。リドリー・スコットといえば、「ブレードランナー」での日本語の看板が妙に印象的なんですが、今回の舞台の大阪がまたあのような雰囲気なのです。

今は亡き高倉健、松田優作、若山富三郎という日本のスターの競演という意味でも必見です。(横川メロディー)

関連記事:『はじめてのたけし』BSスカパー!が面白い!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください