お節介オヤジの呟き

ワールドカップロシアア大会 ベルギー戦 ドーハの悲劇並

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes

ワールドカップロシア大会の日本代表の闘いは終わってしまいました。先制し2-0になった時はこれはイケる?と思いましたがFIFAランキング3位のベルギーはここからが凄かった。西野監督は見た目とは違ってかなり頑固な男だと思われる。ワールドカップを見ている川島ファン以外は川島が失点原因と思われるプレーが多く川島を交代すべきと言う意見が沢山聞きましたが、最後まで川島を起用してましたよね。勝負の世界でタラ・レバはないのですが川島でなかったらとか思ってしまいました。

英解説陣、日本の2失点に疑問符…フェライニの高さは評価も1失点目は「GKの恐ろしいミス」

GOAL 配信記事より引用

英解説陣、日本の2失点に疑問符…フェライニの高さは評価も1失点目は「GKの恐ろしいミス」

英『BBC』の解説陣はGKのミスと指摘した。

ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦が2日に行われ、ベルギーと日本が対戦する。

両チームスタメンが発表され、ベルギーはヴァンサン・コンパニが復帰。エデン・アザール、ロメル・ルカクといった選手が順当に先発に入った。対する日本は本田圭佑がベンチスタートで、香川真司、乾貴士らがスタメン。初戦、2戦目と全く同じ11人を送り出している。

日本は前半をスコアレスで折り返すと、後半開始早々にカウンターから原口元気が抜け出す。見事なシュートをゴール左に突き刺し、先制点を奪う。さらに直後、乾貴士も強烈なミドルシュートで追加点を挙げる。しかし、コーナーキックからヤン・フェルトンゲンが長い距離をヘディングで折り返すと、そのままゴールに吸い込まれた。

この得点には英『BBC』の解説陣もGK川島永嗣のミスであると糾弾。クリス・サットン氏は「恐ろしいキーパーのミス」と話してこう続ける。「フェルトンゲンは強いヘディングだったが、角度はなく12ヤードも離れていた。ゴールを狙ったのではなく、折り返したのだろう。運が良かったんだ」

ベルギーはマルアン・フェライニを投入すると、すぐに采配が的中。エデン・アザールのクロスからヘディングで叩き込み、スコアをタイに戻した。サットン氏は「DFにとって悪夢だ。素晴らしい働きだった。ベルギーは本当の戦いを見せ始めた」と称賛した。同じくコメンテーターのマーティン・キーオン氏も「アザールの素晴らしいクロスだったが」と前置きしつつ、フェライニのヘディング弾を評価している。

「高く飛び上がり、しっかり捉えた。並外れているね。イングランド戦でも重要な働きを見せたし、大きな変化だった」

ドーハの悲劇並、いや「いい試合だったありがとう」の声多数

ニコニコニュース配信記事より引用

今朝3時、初の「ベスト8」を目指しベルギーと対戦した日本でしたが、前半は0-0、そして後半直後に1点先制、そして追加点を決め、もはや次のブラジル戦が見え始めた矢先、次々とゴールを決められ、終了間際に更に逆転ゴールとなってしまったというなんとも悲劇な今回のワールドカップ。しかしファンは決してそれを「悲劇」とは感じていないようです。

やはりモンスターだったベルギー

今回FIFAランキング3位という、とんでもなく格上そしてモンスターとも言えるべき対戦相手「ベルギー」との対戦。このような相手と戦えるだけでもウレシイことですが、それ以上に互角とも言えるべき対戦結果にやはりファンは確実に日本のサッカーレベルが上っていることを実感させられているはずです。

ただ後半2点リードし、ベスト8への夢を掴みかけたその時、悲劇が発生。

後半24分、フェルトンゲンが1点を返し、後半29分、フェライニが同点ゴール、そして後半49分、カウンターをくらい、とんでもないスピードで、シャドリの逆転ゴールを許す。

ネットではドーハの悲劇並み、ロストフナドヌーの悲劇だ。というコメントが寄せられております。しかし、結果的に負けはしたものの、突然の監督交代、おっさんJAPANと揶揄されたノーサプライズの代表、そして2ヶ月でここまで仕上げた西野監督そして、日本代表に次第に多くのねぎらいの声が寄せられております。

いい試合だった

泣いて悔しがる選手に、思わず同情せざるを得ない。
更にネットでは

・それでもいい試合だった、日本代表お疲れ様・ものすごくいい試合だったよね・残念だったけどいい試合でしたね・まずは日本代表、感動をありがっとー・日本代表お疲れ様・今回の日本代表は本当に強かった・日本代表めちゃくちゃ最高・日本代表のみんなマジカッコイイよ・もうこんなに好きなメンバーの日本代表が今後現れるのかなぁ、・めちゃくちゃええ試合やん

と日本を称える声が多数寄せられております。これで日本の2018年ワールドカップは幕を閉じたが、4年後の2022 FIFAワールドカップは「カタール」です。
負けた悔しさよりもこれでワールドカップが終わってしまう寂しさの残る今回。是非とも次回はベスト8を目指していただきたいものです。


岡田武史とレジェンドたちが斬るFIFAワールドカップ

ワールドカップロシア大会直前に放送された”に岡田武史とレジェンドたちが斬るFIFAワールドカップ”はご覧になりましたか?日本代表を2回もワールドカップで指揮をした岡ちゃんこと岡田武史さんがメインMCで過去のワールドカップの語るこの番組。出演者もラモス瑠偉さん木村和司さんなど過去のVTRなどを見ながら語る番組です。今のところこの番組はYouTubeにアップされています。(※正式ではありませんが)ラモスさんがドーハの悲劇の事を語っていたりします。

番組内容
監督として2度ワールドカップを戦った岡田武史と、ラモス・木村・水沼らレジェンドが激論!ロシア大会目前!ワールドカップの魅力、日本サッカーの現在地と課題を語る。
詳細
ロシア大会目前!監督として2度のワールドカップを戦った岡田武史と、ラモス瑠偉、木村和司、水沼貴史らのレジェンド、現役界からは松井大輔、長年サッカーを取材する元NHKアナ山本浩が激論!日本サッカーは世界との距離をどう縮めてきたのか?立ちはだかる最大の壁とは?さらに上を目指すには何が必要か?このメンバーでしか語れない秘話満載の100分。ワールドカップの楽しみ方、あの名場面も交え、たっぷりお伝えします!
出演者ほか
【出演】岡田武史,ラモス瑠偉,木村和司,水沼貴史,松井大輔,山本浩

関連記事:ワールドカップロシア大会 日本代表決勝T進出もモヤモヤした結果と酷い実況

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください