お節介オヤジの呟き

ロシアワールドカップ開幕!ワールドカップトリビアを知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 1 minute

ロシアワールドカップが開幕しました。開幕戦のロシアの圧勝!Cロナウドのハットトリック、メッシがPKを外すなど、グループリーグ前半からいろんな試合が繰り広げられていますが、ワールドカップトリビアを知っておいて職場などの話題にひとつ鼻高になりましょう!

ワールドカップでさらに使えるトリビア

YAZIUPトップ>ライフスタイル・娯楽>スポーツ>W杯でさらに使えるトリビア 出場選手記録更新編より引用

W杯で更新が期待される個人記録!

14日に開幕したロシアW杯の記録を消化した記事、前々回の個人記録編と前回の国別記録編に引き続き、職場や飲みの席であなたがW杯やサッカーの知識をドヤ顔で言えるネタを提供したいと考えています。

開幕したロシアW杯ですが試合とともに注目されるのが選手個人の記録の更新!今回は、ロシア大会中での達成が期待される選手の記録をお届けします。

メキシコ代表キャプテンの出場試合数の更新!

出場試合数をみると今回記録を達成が期待できそうな選手はメキシコ代表のラファエル・マルケス選手です。現在39歳という年齢で、メキシコ代表のキャプテンを務めるメキシコのレジェンドと呼ぶにふさわしいDFの選手です。
今はメキシコリーグでプレーしていますが過去にはスペインのバルセロナFCでセンターバックとして欧州の舞台で大活躍していたのはまだまだ記憶に新しいでしょう。
ロシアW杯に1試合でも出場すれば5大会連続出場となり、過去に2人しか達成していない偉業に並びます。偉大な達成者はアントニオ・カルバハル(元メキシコ代表)とローター・マテウス(元ドイツ代表)となっています。

また、マルケスにはキャプテンとして試合に出場した出場試合数でも記録の更新が期待される。
02年日韓W杯から16試合に出場し、14度キャプテンマークを腕に巻いて試合に出場してきた。
現在1位の記録を持つ16試合出場のディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)にあと「2」と迫っている。

キャプテン出場記録
1位:ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)16試合
2位:ディノ・ゾフ(元イタリア代表)14試合
2位:ラファエル・マルケス(メキシコ代表)14試合
4位:フィリップ・ラーム(元ドイツ代表)13試合
4位:パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)13試合

ドイツ選手の勝利数の更新!

個人の勝利数でも記録達成の可能性があります。それは4大会連続でベスト4以上の成績を収めているドイツ代表メスト・エジル選手などです。現在のメンバーは10年南アフリカ大会で台頭した若手が中心となっており、多くの勝利を経験している。

今回のドイツ代表メンバーで勝利数トップはMFメスト・エジル選手の11勝です。
それに続く10勝がGKでキャプテンのマヌエル・ノイアー、FWトーマス・ミュラー、DFジェローム・ボアテング選手らです。これらの選手には最多勝利記録を更新する可能性ありとなります!

現在、W杯での選手の最多勝利数は元ドイツ代表のミロスラフ・クローゼの17勝です。
ドイツが決勝にまで進出し、エジル選手が全ての試合でプレーすれば18試合となり、クローゼの記録を更新されます。ただし、エジル選手は現在、けがをして出場が危ぶまれています。

ベテランGKの最年長出場の更新!

最年長出場記録も達成される可能性があります。それはエジプト代表のGKであるイサム・アル・ハダリー選手です。イサム・アル・ハダリー選手は1973年生まれの45歳の選手です。

これまでの記録は、皆さんも記憶にあるかもしれませんが、前回ブラジル大会の日本対コロンビア戦でGKながら途中投入されたファリド・モントラゴン選手の43歳3日という記録でした。

イサム・アル・ハダリー選手が出場する機会があれば最年長記録を大幅に更新することになります。

調べてみると様々な記録が出てくるものです。違った形で大会を楽しめそうですね。今回のロシアW杯で上記の選手の記録は伸びるのか!ぜひ選手個人の記録更新にも注目してみてください。

もっと使えるトリビア ワールドカップ国別記録編

YAZIUPトップ>ライフスタイル・娯楽>スポーツ>ロシアW杯が開幕!!もっと使えるトリビア W杯国別記録編配信記事より引用

W杯の国別での記録を振り返る

ついに本日14日に開幕しるロシアW杯ですが、前回の個人記録編に引き続き、職場や飲みの席であなたがW杯やサッカーの知識をドヤ顔で言えるネタを提供したいと考えています。

今回は個人記録ではなく国別記録編をお届けします。

各国の出場回数・優勝回数からひも解く

日本が初出場した98年フランス大会が第16回目のW杯でしたが、W杯の歴史をひも解くと、戦争による中断はあったものの
1930年ウルグアイ大会から今回2018年ロシア大会で21回目を数えます。
優勝したことがある国はたったの8か国となっています。
優勝回数で見てみると5回のブラジルがトップとなります。続いて優勝回数4回でイタリアとドイツが並んでいます。
出場回数はブラジルが全21大会に出場しているのがトップ。その後をイタリアとドイツが18回並走しています。
我らが日本は、ご存知の通り優勝はありません!そして出場回数は6大会連続出場中です。
優勝回数
1位:ブラジル5回 
2位:イタリア4回 
2位:ドイツ4回 
4位:ウルグアイ 2回 
4位:アルゼンチン2回
6位:イングランド1回
6位:フランス1回
6位:スペイン1回

出場回数
1位:ブラジル21回
2位:イタリア18回
2位:ドイツ18回
4位:アルゼンチン17回
5位: メキシコ 16回
※日本6回

試合数・勝利数でひも解く

21大会連続出場してるブラジルが試合数も多いのかと思いきやブラジルは2位の104試合なのです。
第1位はというと、ゲルマン魂で有名なドイツが106試合となっています。この2か国が100試合以上の試合数となっています。
勝利数でみてみるとブラジルが70勝とトップ。ドイツが66勝と2位となっています。意外にもスペインが29勝と無敵艦隊の名にふさわしい活躍をしているようです。
日本はというと前回までの5大会で17試合で4勝となっています。今大会で日本が優勝すれば10勝の大台も夢ではない???見てみたいものです。

試合数
1位:ドイツ106試合
2位:ブラジル104試合
3位:イタリア83試合
4位:アルゼンチン77試合
5位:イングランド62試合
※日本17試合

勝利数
1位:ブラジル70勝
2位:ドイツ66勝
3位:イタリア45勝
4位:アルゼンチン42勝
5位:スペイン29勝
※日本4勝

今回のロシアW杯で各国の記録はどこまで伸びるのか!そして次回の大会では順位の逆転もありえます!

ぜひ通算出場記録や勝利数記録にも注目してみてください。

関連記事:ロシアWカップ開幕!ワールドカップの歴史も振り返ろう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください