お節介オヤジの呟き

サプライズ選出なし サッカーWカップ日本代表メンバー発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute

サッカーWカップ(ロシア大会)への出場メンバーが5/31発表になりました。前日のガーナ戦の惨敗もあり、サプライズ選出もあるのかと思いきや特別驚きもない選出となりましたね。本大会前の監督交代というとフランス大会直前の代表選考で「外れるのはカズ、三浦カズ……」という岡田監督の言い回しが記憶に残る。ひょっとして本田や香川が外れるかも?と思っていましたが、順当に選ばれました。本大会は大丈夫でしょうかね?

W杯日本代表23人発表 本田、香川、岡崎選出

毎日新聞 2018年5月31日 16時08分配信記事より引用

長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)ら前回の2014年ブラジル大会でも主力だった選手が入ったほか、槙野智章(浦和)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、柴崎岳(ヘタフェ)ら、チームの約半数の12人が初のW杯代表に選出された。30日のガーナとの壮行試合に臨んだメンバー26人から、三竿健斗(鹿島)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、浅野拓磨(ハノーバー)が落選した。

 日本代表は4月にハリルホジッチ前監督が解任され、後任に西野朗監督が就任。西野監督は今月18日にガーナ戦のメンバー27人を発表し(その後に1人離脱)、21日からの合宿、初めて指揮を執った30日のガーナ戦を経て23人に絞り込んだ。

 西野監督は23人の発表にあたり「(合宿招集から)10日足らずでの活動の中で23名のリストをあげなければいけない。非常に難しい、厳しい選考。だた、自信を持って23名をリストにあげたいと思っている」と語った。ガーナに0-2で敗れたことについては「選手たちは強い気持ちで新しいシステム、戦い方にトライしてくれたが、得点できず結果が出なかったことが悔しい」と振り返ったが、「選手たちは必ずW杯につながる、という感触を持って、欧州の(W杯前の)キャンプでいい調整をしてくれると思っている」と期待した。

 日本代表は6月2日に事前合宿地のオーストリアへ出発。8日にスイス代表、12日にパラグアイ代表と国際親善試合を行った後にロシアへ向かう。

 W杯は6月14日に開幕。1次リーグH組の日本は19日にコロンビア、24日にセネガル、28日にポーランドと対戦する。

◇サッカーW杯ロシア大会日本代表

(カッコ内は大会開幕日=6月14日時点の年齢、所属、W杯出場回数)

【GK】

川島永嗣(35歳、メッス、3回目)

東口順昭(32歳、ガ大阪、初)

中村航輔(23歳、柏、初)

【DF】

長友佑都(31歳、ガラタサライ、3回目)

槙野智章(31歳、浦和、初)

吉田麻也(29歳、サウサンプトン、2回目)

酒井宏樹(28歳、マルセイユ、2回目)

酒井高徳(27歳、ハンブルガーSV、2回目)

昌子源(25歳、鹿島、初)

遠藤航(25歳、浦和、初)

植田直通(23歳、鹿島、初)

【MF】

長谷部誠(34歳、アイントラハト・フランクフルト、3回目)

本田圭佑(32歳、パチューカ、3回目)

乾貴士(30歳、エイバル、初)

香川真司(29歳、ドルトムント、2回目)

山口蛍(27歳、セ大阪、2回目)

原口元気(27歳、デュッセルドルフ、初)

宇佐美貴史(26歳、デュッセルドルフ、初)

柴崎岳(26歳、ヘタフェ、初)

大島僚太(25歳、川崎、初)

【FW】

岡崎慎司(32歳、レスター、3回目)

大迫勇也(28歳、ブレーメン、2回目)

武藤嘉紀(25歳、マインツ、初)

西野監督の選手起用や選出のお節介オヤジの勝手な印象ですが、「好きな選手」を使うというイメージ。古くは「マイアミの軌跡」といわれた1996オリンピックアトランタ大会では後にW3回主力メンバーで出場した中田英寿さんをあまり中心で使わないなどあったので元ガンバ大阪の監督だったのでガンバ大阪のメンバーを選出するかと思いきや浦和レッズ(元を含め)の選出が多い選出となりましたね。まぁこれは前日のガーナ戦の時点でも同じではありましたが…

外れるのはカズ…20年前の代表選考との類似点と相違点

朝日新聞DIGITAL 2018年5月31日11時58分配信記事より引用

今回のように、W杯前の国内合宿と壮行試合までに登録選手を絞り込まず、最終的に選手を外すケースは過去に一度しかない。

「外れるのはカズ(三浦知良)、三浦カズ……」という岡田監督の言い回しが記憶に残る1998年フランス大会以来のことだ。その後、前回までの4大会は5月中旬までに最終メンバーを発表して、初戦に備えた。

あの時と似ているのは、外さなければならない選手が同じ3人で、3バックによるチームづくりを突貫作業で進めている点だ。一方で違っているのは、西野監督が3バックをまだ選択肢のひとつとして準備していることだ。

初出場のフランス大会では、一体感を保とうと外した3人をW杯中も同行させる準備をしていた。プロフェッショナルな集団として20年の歳月を重ねたいま、そんな心配は無用だろう。

18日にガーナ戦の代表27人が発表された時点で、わくわく感は乏しかった。

監督交代に踏み切り、チームを作り込む時間はない。そう考えると、経験があり、また、長く組んできた選手に行き着くのはしかたない。西野監督がいう「ポリバレント」という言葉も、複数の位置をこなせるというよりも、攻守の両方でいろいろなことができる間口の広さを求めていると意訳すべきだろう。

青山がケガで離脱して、選考に残る26人には4年前のW杯代表11人が残り、ガーナ戦の先発平均年齢は29・45歳。「監督が代わっても、積み重ねてきたものがある」。81試合出場の吉田のいう言葉に期待するしかない。(潮智史)

<サッカー日本代表>本田ら3人「不要論」「逆風」越え選出

毎日新聞 5/31(木) 21:16配信記事より引用

◇ロシアW杯メンバー23人発表

東京都内で開かれた発表記者会見で日本代表の西野朗監督(63)が淡々と読み上げた23人の中に、MF本田圭佑(31)=パチューカ、MF香川真司(29)=ドルトムント、FW岡崎慎司(32)=レスター=の名もあった。若手に追い出されるように苦しい時間を過ごし、当落が注目された3人が、そろってロシアの地へと向かう。

3人が日本代表で置かれた状況は、不動のレギュラーだった4年前のブラジル大会と正反対だった。所属クラブで出場機会が減ったことも響き、2016年11月のW杯アジア最終予選第5戦サウジアラビア戦や、W杯出場を決めた昨年8月の同予選第9戦オーストラリア戦ではそろって先発メンバーから外れた。途中出場しても見せ場を作れず、世間の「不要論」は高まった。

しかし、逆風を力にした。本田は「批判はありがたい。見返したい気持ちがなくなればサッカーをやめるべきだ」と発奮。17年夏には試合出場の機会を求めてイタリアの名門ACミランからメキシコへと移籍した。香川は「一番大事なのは自分自身がどうするのか」と、食事や睡眠、生活全てを見直すことから取り組んだ。岡崎も地道に所属クラブで結果を求め続けた。

W杯が迫る今年4月、日本代表監督が突如交代。新体制の短時間でのチーム作りで、経験のある3人の存在感が再び高まった。この日の会見でも、西野監督は本田を「彼の影響力で、チームにプラスをもたらしてくれている」と評価。徐々に調子を上げてきた香川についても「中盤の独特な彼の感覚、センスは高まっていくんじゃないか」と話すなど、期待をのぞかせた。

それぞれが集大成と位置づけるロシア大会。岡崎は「自分の年齢では、ただ行くだけなら意味がない」と言う。大きな期待を背負いながら1次リーグ敗退に終わったブラジル大会の雪辱を果たすべく、スタートラインに立った。【丹下友紀子】

今回、初選出の選手が10人いますが以外と年齢が高いのが気になります。この大会で一気に若返りがあるかとも思ってましたが若返りはありませんでしたね。本大会まで後2週間しかありません。現地でのキャンプやテストマッチでより良い形になっていくことを期待します。何とかグループリーグを突破して欲しいですね。

関連記事:サッカー日本代表 ガーナー戦完封負け Wカップ日本代表本日発表

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください