ビデオオンデマンド・BS・CS情報

【クリス・ハート】活動休止前最後のコンサート WOWOWで 4 月22 日(日)夜9:00から放送!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



クリス・ハートさんというと単なる日本語で歌を上手に歌える外国人かと思いきや実は音楽家の血筋をひいているんですね。知りませんでした。そのクリス・ハートさんが活動を休止。その活動休止前のコンサートをWOWOWで放送されます。

クリス・ハート活動休止理由とは?

クリス・ハート 来春から活動休止 理由は「音楽の勉強と育児」

デイリースポーツ 2017.12.05配信記事より引用

NHK紅白歌合戦に出場するなど活躍し、デビュー5周年を迎えた歌手のクリス・ハート(33)が、来春から活動休止することが4日、分かった。クリスによると、決断の主な理由は「音楽の勉強」と「育児」。来年4月13日の東京・NHKホールでのライブを最後に、表立った活動に区切りをつける予定だ。

もともとバンドでギターを担当し、両親もクラシックやジャズを演奏していた音楽家系。デビュー前にボイストレーナーをやっていた時期があり、自身のツアーに参加したアーティストへのアドバイスを通して、サポートする側への思いが膨らんでいた。今夏には米バークリー大学のオンラインコースに入学。ボーカルだけでなく、作曲など音楽制作の勉強も始めている。

10月21日には第2子となる長女が誕生。16年2月に生まれた長男と2人を日英のバイリンガルに育てるイクメンは「音楽の勉強と育児の時間を作るため、スタッフと相談し、活動休止を決めました」と説明した。

東京五輪を控え「日本語で歌いたいという海外からのアーティストや、世界で活躍したい!という日本人アーティストのサポートもしていけたら」と未来像を描く。外国人観光客に向けたアプリの制作などの構想もあるという。



クリス・ハート『こころのうた 2018』4 月22 日(日)よる9:00~ WOWOWライブで放送

PRTIMES 株式会社WOWOW

こころがほっこりと温かくなる歌声で、幅広い世代から愛される、クリス・ハート。昨年12 月に学びと育児への専念を理由に音楽活動の休止を発表し、休止前ラストとなるワンマンコンサートを、思い出の地、NHK ホールで行った。この模様を、WOWOWで4月22 日(日)よる9:00~放送する。

特別なこの日、最初の楽曲に選んだのは「僕はここで生きていく」だった。アコースティックギターを抱えつつアカペラで歌い出したナンバーは、次第にウォームなバンドサウンドを伴って色彩豊かな音の世界を展開した。そしてにっこりと笑いながら「楽しんでいこう!」と呼びかけ、印象的はギターリフが響いた「ラブ・ストーリーは突然に」では、自然と客席から手拍子がわき起こった。
「ハロー!今日のライブは楽しい時間を過ごしたい。伝えたいこと、メッセージはすべて歌詞に込められています。」そう挨拶してから歌い始めたのは、我が子や親への大きな愛を歌った「あなたへ」と「memento」。「『紅白歌合戦』などで何度も立ってきたNHK ホール。ここで新しい思い出を(皆さんと)作りたいと思った。僕がデビュー前にレコーディングして、みなさんと一緒に完成させてきた曲です。」そう伝えてから歌い始めたのは「I LOVE YOU」だった。真心を込めて誠実に、そして切実に歌い上げるボーカルに心を優しく揺さぶられた気がした。

ライブが中盤に差し掛かると、「スペシャルゲストです!」と、クリスの47 都道府県ツアーなどにも帯同した盟友、村上佳佑を招き入れた。2人で作った曲だという「ファンファーレ 村上佳佑×クリス・ハート」は、この日のライブが初披露だという。「新しい夢を追いかける僕と、メジャーデビューしたばかりの村上くん。この歌には(歌い手として)バトンタッチする意味も込めています」と語ったクリス。力強いギターのストロークに導かれ、華やいだ空気が満ちた。CM ソングとしても話題になった「まもりたい〜magic of a touch〜」や、「うれしい!たのしい!大好き!」では、オーディエンスが総立ちとなり手拍子を送り、体を揺らした。不滅の応援ソング「どんなときも。」は、観客と共に拳を突き上げたが、それはまるで夢に向かうクリスにエールを送るような光景に見えた。

会場のテンションが急上昇する中、もう一人のスペシャルゲストとして招き入れたのは、クリスのライブにもはや欠かせない存在となったMay J.だった。2 人で「I Believe〜手をつなごう〜 with May J.」を歌い始めたが、ゆったりとしてスケールの大きなナンバーを歌い合う2人のハーモニーの美しさと、歌詞に込められた願いの強さに誰もが胸を打たれただろう。
ライブ終盤では中島みゆきの「糸」をカバー。名曲に聞き入っていると、ファンにはおなじみのキャラクター「くりぷー」が登場し一気に和やかなムードに。キャノン砲が飛び出した「TOMORROW」や、「WE are FAMILY!」では、くりぷーも華麗にステップを踏み、観客を笑顔にした。
いよいよラストが目前に迫る中、クリスが再び語り始めた。「デビューから5 年。歌手としてだけでなくソングライターやプロデューサーとしても活躍したい。新しい夢に向かって頑張ることにしましたが、さよならじゃないから、さよならは言いません。今の自分にぴったりの曲を歌います。」

静けさが漂う「YELL」で「サヨナラは悲しい言葉じゃない」「忘れはしない誇りよ 友よ」と、観客一人ひとりに呼びかけると、会場からはすすり泣きながらも惜しみない拍手が送られた。

『美女と野獣』がdTVだけで見放題!

最後の曲として歌い上げた「幸せをみつけられるように」では、観客がスマートフォンをライトのように灯しながら歌声に合わせて明かりを揺らした。美しい光景はどこか幻想的で、とても感動的なものだった。
カーテンコールで幕を閉じ、公演終了かと思った瞬間、クリスだけがステージに残り、デビュー・シングル「home」をアカペラで歌い始め、途中からはオーディエンスとの大合唱となった。この曲が、ライブの最後を飾ったのである。

言葉は交わさずとも、ファンと深い絆で結ばれていること、音楽が言葉を超える瞬間を、クリス・ハートが見せてくれた。そんな奇跡のような感動の夜の模様を、WOWOWで4月22 日(日)よる9:00~放送する。是非クリス・ハートの想いを、この番組を見て、その目で、耳で、「こころ」で感じていただきたい。

【番組情報】

クリス・ハート『こころのうた 2018』4 月22 日(日) 夜9:00~ WOWOWライブで放送
【放送予定楽曲】
僕はここで生きていく、ever white、ラブ・ストーリーは突然に、あなたへ、memento、I LOVE YOU、Still Loving You、Goodbye Today、ファンファーレ村上佳佑×クリス・ハート、まもりたい~magic of a touch~、うれしい!たのしい!大好き!、どんなときも。、I believe~手をつなごう~ with May J.、さよなら大好きな人、いのち~My song for you~、糸、TOMORROW、WE are FAMILY!、YELL、Dreams、幸せをみつけられるように、home

【プレゼント情報】

抽選で 100 名様にクリス・ハート×WOWOW オリジナル革製リボンをプレゼント!※WOWOWテレビ会員限
【締切】5/31(木) 22:00 
詳細は番組オフィシャルサイトへ!
http://www.wowow.co.jp/chris-hart/



関連記事:今さらながらWOWOWは凄い!


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください