ビデオオンデマンド・BS・CS情報

映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お節介オヤジのNote to self
Reading Time: 3 minutes



地上波のドラマでは何かと規制が多くて、仮に同作のドラマ化となっても暴力とか性的表現などはかなり緩くなるんでしょうね。公式フライヤーのコメントで古舘伊知郎さんは”アウトレイジに対する東映の答えですね”とコメント。舞台も暴対法施行前の広島ですから現実にあった?お話しでは?と思ってしまいます。YouTubeでの公開動画みるだけで公開が楽しみになってしまいます。

 

 

躰が痺れる、恍惚と狂熱の126分

映画”孤狼の血”公式HPより引用

映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?

“血湧き肉躍る、男たち渇望の映画“が誕生した。
昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた映画『孤狼の血』。決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。観る者は生々しいまでの欲望にあぶられ、心は必ず火傷する。『警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した本作は、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、数々の【衝撃作】を世に送り出してきた東映が放つ【超衝撃作】である。

規格外の作品へのチャレンジ精神に豪華キャストが賛同し、集結した。『警察じゃけ、何をしてもええんじゃ』。手段を選ばない捜査方法から、やくざとの癒着など黒い噂が絶えない刑事・大上章吾役を演じるのは、日本映画界を代表するスターであり且つ名優の役所広司。荒々しく強烈な存在感で、観る者を強く惹きつける。大上のやり方に疑問を持ちながらも徐々に影響を受けていくエリート新人刑事・日岡秀一には松坂桃李。もがき、葛藤しながら成長していく姿を情熱的に演じ切り、俳優としての新たな境地を見せている。五十子会、加古村組から抗争を仕掛けられる老舗・尾谷組の若頭・一之瀬守孝役には江口洋介。極道に生きる昔気質の男を演じ、他を寄せ付けない鋭さで極限の世界へと観客を誘う。そして、大上とは旧知の仲で、捜査に協力するクラブ「梨子」のママ・高木里佳子には真木よう子。裏社会に関わる強い女性を妖艶に演じ魅せている。大上の過去を探る新聞記者役には中村獅童。時に大上へ情報を提供する全日本祖国救済同盟代表・瀧井銀次にはピエール瀧。強い凶暴性を帯びる加古村組の若頭には自身初の極道役挑戦となる竹野内豊。加古村組を裏で操る五十子会・会長には唯一無二の貫録で圧倒的な存在感を誇示するベテラン俳優の石橋蓮司。さらに、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、矢島健一、田口トモロヲら、日本屈指の俳優陣による演技合戦がスクリーンに炸裂する。

STORY

映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原―。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をもむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

警察じゃけ、何をしてもええんじゃ

映画”孤狼の血”フライヤーより引用

マル暴のベテラン刑事・大神章吾を演じるのは、日本映画界を代表するスターであり且つ名優の役所広司。エリート新人刑事・日岡秀一には松坂桃李。ほか江口洋介、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら日本屈指の俳優陣による演技合戦がスクリーンに炸裂する。

原作は”警察小説×仁義なき戦い

原作は第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子著”孤狼の血”(角川文庫刊)”仁義なき戦い”があったからこそ生まれた小説(柚月談)を、そのDNAを受け継ぐ東映が映画化。監督は”凶悪”、”彼女がその名を知らない鳥たち”などで世界的評価も高い白石和彌。飢えた狼たちの物語を極上のハードボイルドエンターテイメントへと昇華させた。

5.12(土)全国公開

孤狼の血


映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?

広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化。「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督がメガホンをとった。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。ベテランのマル暴刑事・大上役を役所、日岡刑事役を松坂、尾谷組の若頭役を江口が演じるほか、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら豪華キャスト陣が脇を固める。

2019年11月11日 23:59まで配信©2018「孤狼の血」製作委員会

孤狼の血の生みの親と言ってもいい”仁義なき戦い”をみるならU-NEXT

※配信期間については2018.04.20現在の情報です。配信期間の変更等についてはU-NEXT公式ホームページでご確認下さい。

仁義なき戦い

1973年 見放題
血で血を洗う抗争が勃発!リアルな描写で観客を熱狂させたヤクザ映画の金字塔
見どころ
義理人情を重んじる任侠道を描くそれまでのヤクザ映画に一石を投じた衝撃作。大ヒットを記録し、深作欣二監督、菅原文太ら日本映画界を牽引した大御所の代表作となった。
ストーリー
複数の組が乱立する終戦直後の広島・呉。復員した広能は、その度胸ときっぷの良さを買われて弱小勢力である山守組の身内となり、敵対する土居組の組長の暗殺を実行する。しかし、それを機に山守組内にも不協和音が流れることとなり、抗争が激化していく。
ここがポイント!
実在のヤクザ、美能幸三の獄中手記を基にした原作小説では、登場人物に実名を使用。一方、映画では実名に近い役名を用いている。
2018年6月30日 23:59まで配信 R15+  2020年2月12日 23:59まで配信© 東映

仁義なき戦い 広島死闘篇

1973年 見放題
ヤクザの壮絶な生き様を描く人気シリーズの第2弾。北大路欣也と千葉真一が激突!
見どころ
広島抗争を背景に極道たちの壮絶な生き方をリアルに描く大ヒットアクションの第2弾。今回は対照的なふたりのヤクザに焦点を当て、前作の主演・菅原文太は脇に回っている。
ストーリー
駅前の利権をめぐって博徒の村岡組とテキ屋の大友連合会が対立する中、博打トラブルに巻き込まれた工員の山中は刑務所に入れられてしまう。3年後、彼は出所するが、大友連合会の連中に袋叩きにされたことで村岡組へ入り、壮絶な抗争に身を投じていく。
ここがポイント!
北大路欣也と千葉真一が、愚直な復員兵と粗暴で下品なヤクザをそれぞれ熱演しているが、最初は逆の配役であった。

2018年6月30日 23:59まで配信 2020年2月12日 23:59まで配信© 東映

仁義なき戦い 代理戦争

1973年見放題
復讐が復讐を呼ぶ!広島ヤクザの生き様を描いた人気シリーズの第3弾!
見どころ
「仁義なき戦い」シリーズの第3弾で、実質的には菅原文太主演の第1弾から直接つながる続編となっている。深作欣二監督が、欲望と裏切り、そして凄惨な復讐を描く。
ストーリー
昭和35年。広島最大のヤクザ組織・村岡組のナンバー1である杉原が殺される。これを機に、村岡組の跡目を巡って熾烈な抗争が勃発。それは、西日本最大の組織である神戸・明石組を巻き込んだ一大抗争へと発展していく…。

2018年6月30日 23:59まで配信 2020年2月12日 23:59まで配信© 東映



孤狼の血主演 役所広司主演作品をみるならdTV

失楽園

映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?1997年 見放題

あらすじ

出版社の敏腕編集者だった久木祥一郎(役所広司)は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな久木の前に、彼の友人・衣川(寺尾聰)が勤めるカルチャーセンターで書道の講師をしている松原凛子(黒木瞳)という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だったが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。そして、週末毎に逢瀬を重ねていくうちに、凛子はいつの間にか性の歓びの底知れない深みに捕われていく…

解説
閑職に追いやられた中年サラリーマンと、冷めた夫婦関係に体を持て余した人妻が、激しい恋におちて情事を重ねていく姿を描いた性と愛のメロドラマ。監督は「(ハル)」の森田芳光。渡辺淳一による同名ベストセラーを、「119」の筒井ともみが脚色。撮影を「不法滞在」の高瀬比呂志が担当している。主演は「シャブ極道」の役所広司で、本作と「うなぎ」を合わせて、キネマ旬報主演男優賞を2年連続で受賞した。共演は「藏」の黒木瞳。日本で公開されたR指定版では、過激な絡みのために濡れ場シーンを暗くプリントしていたが、海外向けヴァージョンでは修正部分をオリジナルの形に戻し、成人指定として公開された。

監督:森田芳光
出演:役所広司黒木瞳星野知子柴俊夫寺尾聰平泉 成木村佳乃岩崎加根子中村敦夫小坂一也あがた森魚石丸謙二郎原千晶金久美子速水典子村上淳井上肇ローガン・ピーク銕仙会
脚本:筒井ともみ
原作:渡辺淳一
製作総指揮:角川歴彦(C)1997「失楽園」製作委員会

配信期間はdTV公式ホームページでご確認下さい。

日本のいちばん長い日


映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?

2015年 見放題
あらすじ
1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。
解説
「わが母の記」で第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリを獲得した原田眞人監督が、昭和史に関する著作を多く手がける半藤一利が緻密な取材を積み上げ著したノンフィクション『日本のいちばん長い日 決定版』を映画化。日本がポツダム宣言を受諾し太平洋戦争が終結した1945年8月15日に向け、その直前に何が行われていたのか、それぞれの苦悩や思いとともに描く。陸軍を背負う阿南大臣を「わが母の記」に続き原田監督と5度目のタッグとなる役所広司が、国民を思う昭和天皇を「おくりびと」の本木雅弘が、終戦に向け動く鈴木首相を「マルサの女」の山崎努が演じるほか、「ツナグ」の松坂桃李、「クライマーズ・ハイ」の堤真一らが出演。

監督:原田眞人
出演:役所広司本木雅弘松坂桃李堤真一山崎努神野三鈴蓮佛美沙子大場泰正小松和重中村育二山路和弘金内喜久夫鴨川てんし久保耐吉奥田達士嵐芳三郎井之上隆志木場勝己中嶋しゅう麿赤兒戸塚祥太田中美央関口晴雄田島俊弥茂山茂植本潤宮本裕子キムラ緑子野間口徹池坊由紀松山ケンイチ
脚本:原田眞人
原作:半藤一利
製作総指揮:迫本淳一 (C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

配信期間はdTV公式ホームページでご確認下さい。

三度目の殺人


映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?

2017年
あらすじ
勝利にこだわる弁護士・重盛(福山雅治)はやむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を担当することになる。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴された三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。重盛は、どうにか無期懲役に持ち込もうと調査を開始する。三隅は会う度に供述を変え、動機が希薄なことに重盛は違和感を覚える。やがて重盛が三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)の接点にたどりつくと、それまでと異なる事実が浮かび上がっていく。

解説
「そして父になる」の是枝裕和監督が再び福山雅治とタッグを組んだ法廷心理ドラマ。弁護士・重盛は、殺しの前科がある三隅の弁護を担当する。三隅は工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されていた。しかし調査を進めると意外な事実が浮かび上がる。出演は、「関ヶ原」の役所広司、「ちはやふる」シリーズの広瀬すず、「グラッフリーター刀牙」の斎藤由貴、「ちょっと今から仕事やめてくる」の吉田鋼太郎、「風俗行ったら人生変わったwww」の満島真之介、「永い言い訳」の松岡依都美、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の市川実日子、「家族はつらいよ」シリーズの橋爪功。

監督:是枝裕和
出演:福山雅治役所広司広瀬すず斉藤由貴吉田鋼太郎満島真之介松岡依都美市川実日子橋爪功
脚本:是枝裕和

(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

配信期間はdTV公式ホームページでご確認下さい。

この作品は個別課金(レンタル)作品です。ご視聴いただくには別途料金がかかります。

この作品は個別課金(レンタル)作品です。ご視聴いただくには別途料金がかかります。

標準 ¥400(税抜) HD ¥500(税抜)

関連記事:今さら聞けない関ヶ原の戦い


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください