ビデオオンデマンド・BS・CS情報

鬼平犯科帳”おまさ”梶芽衣子さんの魅力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes


鬼平犯科帳”おまさ”梶芽衣子さんの魅力!

梶芽衣子さんというとやはり代表作の筆頭といっていい「鬼平犯科帳」での”おまさ”ですよね。その鬼平シリーズが終了してしまって活躍の場所が拡大していますよね。そんな梶芽衣子さんの魅力をまとめてみました。

次の鬼平は誰?

梶芽衣子がタランティーノ監督とのエピソードを明かす『サワコの朝』3・10放送

TVLIFE 2018年03月09日配信記事

鬼平犯科帳”おまさ”梶芽衣子さんの魅力!MBS/TBS系全国ネットで放送中の『サワコの朝』(毎週(土)朝7・30)に、女優の梶芽衣子が登場する。

17歳の時に日活映画「青春前期 青い果実」で女優デビューした梶は、映画「野良猫ロックシリーズ」への出演で一躍人気女優へ。そして、女優として確固たる地位を築き上げた『女囚さそり』シリーズで演じたほとんどせりふのない囚人役の誕生秘話を語る。

また、その後出演したドラマ「鬼平犯科帳」では、28年もの間同じ役を演じ続けた梶。41歳のときに始めた“36歳の役”を演じ続けるため、体形維持をはじめ、あらゆる変化に注意を払っていたという当時のエピソードを披露する。 さらに、梶の熱狂的なファンだという世界的に有名な映画監督クエンティン・タランティーノとの話題も。ビデオショップの店員だった頃、梶の出演作を見て大ファンになったというタランティーノが、梶にどうしても会いたいと思ってとった驚くべき行動が明かされる。

ブレないプロ意識を抱き続ける梶の“女優魂”に迫る『サワコの朝』は3月10日(土)放送。

「女囚さそり」のコスプレも 梶芽衣子70歳にして若い世代を魅了するワケ

AERAdot.2018.3.18 11:30 配信記事より引用

「芽衣子さん、カッコイイ!」

鬼平犯科帳”おまさ”梶芽衣子さんの魅力! ひときわ大きな声援を送るのは、1970年代の映画「女囚さそり」シリーズで知られる梶芽衣子の女性ファン。往年の中高年男性ファンに混じって外国人や、幅の広い帽子に黒のトレンチコートを身にまとい、「さそり」のコスプレをした若い女性の姿も。

梶は、43年ぶりのオリジナルフルアルバム「追憶」を発表、3月13日、それを記念したライブを東京・新宿で開催した。現在70歳。国籍、年齢、性別を超えて、人びとを魅了する理由は何なのか――。

【送料無料】追憶/梶芽衣子[CD]【返品種別A】

価格:3,240円
(2018/4/17 12:17時点)
感想(0件)


梶は、「野良猫ロック」「鬼平犯科帳」シリーズなどに出演し、歌手としても活動。クエンティン・タランティーノ監督が梶の大ファンで、映画「キル・ビル」で彼女の曲「修羅の花」「怨み節」を使用したことでも知られる。

新作ではこれまでとは雰囲気を変えて、ロック調のアプローチに挑戦した。ステージでは5人編成の若手バンドをバックに、存在感ある声と凛とした立ち姿で熱唱。若いときは激しい曲で、次第に齢を重ねると「枯れていく」のが歌手としては一般的だが、梶はちょっと違うようなのだ。
「私の場合は逆ですね」

ステージでは持ち歌の怨み節も披露。それも、新作に収録されているアレンジで、ハードなロック調の曲に生まれ変わっていた。

ボーカリストとしての梶芽衣子の最大の魅力は

音楽評論家の原田和典氏は、ボーカリストとしての梶芽衣子の最大の魅力は声だと話す。

「中身がぎっしり詰まっている声。1曲1曲の主人公になりきって歌われています。ノリがよくて、自分の筋を通す姿のカッコよさ。ワンアンドオンリーの存在ではないでしょうか」

芸能リポーターの石川敏男氏はこう語った。

「バラエティーに出演して意外な姿がウケたしたこともありましたが、やはり原点に帰るというのか、“カッコイイお姐ちゃん”だった時代の雰囲気に、もう一度近づいてきたのではないでしょうか。現在の彼女が見せるその姿が、若い世代にもカッコよく映るんだと思います」

アンコールまで迫力あるステージを見せてくれた梶芽衣子。今回のアルバムほど楽しんでレコーディングできたものはなく、その記念ライブも心から楽しめたという。

「観客には私に近い年齢の方も多く、その方々が手拍子したり身体を揺すったりして聴いてくれる様子が舞台から見えて、それが何よりうれしかったです。世界中で暗いニュースもある中、世の中を明るくできるのは、いい娯楽を提供することだと思います」(梶)

自身初となる自伝「真実」も出版されたばかり。女優として、歌手として。ますます精力的な活動が期待できそうだ。

梶芽衣子71歳、若さや美しさの評価の壁にぶつかった過去も「未来は必ず開ける」

週刊女性2018年4月24日号 2018/4/14配信記事より引用

鬼平犯科帳”おまさ”梶芽衣子さんの魅力!

「今度こそダメだと思うことも多々ありましたけど、自分でもあきれるほどの勇気と決断力で人生を切り開いてきました」

山あり谷ありの女優人生をそう振り返るのは梶芽衣子(71)。芸能界入りしてから半世紀以上の生きざまを記した自伝『真実』(文藝春秋)を出版。

43年ぶりのオリジナルフルアルバム『追憶』も4月18日に発売予定と、70歳を越えても女優の枠を越えた活動をしている。1960年代の日活時代は、石原裕次郎らと共演して、’70年代には任侠映画に多く出演。『女囚さそり』シリーズではセリフがほとんどなく、独特の目ヂカラで存在感を放っていたが

「役のイメージから、ずいぶんと誤解されてきたんですよ。実際の私は、あんなにイヤな女ではないと思いますよ」

’80年代に入るころにはテレビドラマへの出演も増え『鬼平犯科帳』では、密偵・おまさ役を30年近く演じた。近年は映画『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノ監督の“憧れの女優”としても知られるように。

「私は、はっきりとものを言う性格なので損もしてきたと思います。女優という仕事も向いていないと思いながら続けてきました。でも、その場その場で、スパッと割り切って決断をしてきました」

人生で唯一、悔いが残っていること

女性特有の悩みもあったようだ。

「女優は男優に比べて年齢を重ねると、若さや美しさがなくなったと評価が下がることが多く、私もその壁にぶつかり苦しんできました。仕事や育児でもそういう悩みにぶつかる女性は多いと思いますが、未来は必ず開けるという気持ちがあれば何とかなると思います」

そんな梶のモットーは、「後悔を引きずるのは嫌い」「気持ちが落ち込むことはあっても、ひと晩で忘れるようにする」だが、ひとつだけ心残りが……。

「結婚して子どもを産むことができなかったのが私の人生で唯一、悔いが残りますね」

40年前の週刊女性では、26歳ごろに結婚寸前だった男性との別れについて、「あんなに疲れる恋はもうこりごりよ」と告白。現在まで独身を貫いているが、その傷はまだ癒えていないのだろうか。

「これからも恋はしていきますよ。恋をしないと人生やっていけませんから。でも今、ステキだなと思える男性はいませんね!」

ちゃめっ気たっぷりに語るが、かつては「結婚は80歳で」という理想があったという梶。70代の10年間は、その実現に向けてさらに活躍することになりそう。

11種類を使い分ける! 歯磨きマニアの一面も

上の奥歯を磨く子ども用のアンパンマン歯ブラシから、日本では購入できない強力な洗口液。歯間ごとに異なるデンタルフロスまで、たくさんの歯磨きグッズを常用している梶。健康と美の秘訣だとか。

女囚さそり見るなら

女囚さそり 第41雑居房


鬼平犯科帳”おまさ”梶芽衣子さんの魅力!


1972年 見放題
篠原とおる原作の劇画を梶芽衣子主演で映画化した人気シリーズ第2弾

見どころ
梶芽衣子が気迫のこもった迫真の演技を披露。非情な権力に対する怨念と復讐がこれでもかと描かれ、サスペンスかつバイオレンスな展開はさらにパワーアップしている。
ストーリー
法務省の巡閲官の面前で、松島ナミは刑務所長・郷田の隻眼にナイフを突き刺した。郷田は辛くも失明を免れるが、石切場での苦役や強姦などでナミを追い詰めていく。ナミは半死半生となるも屈することなく、女囚のボス・大場らと共に脱走を成功させるが…。

2018年5月26日 23:59まで配信

©東映

女囚さそり けもの部屋


1973年見放題
篠原とおる原作の劇画を梶芽衣子主演で映画化した人気シリーズ第3弾

見どころ
「けもの部屋」とは、都会のこと。女をくいものにする輩がひしめいていて、主人公・ナミがそれらに容赦のない復讐を果たしていく。その姿に強いカタルシスが生まれる。
ストーリー
脱獄を果たした松島ナミは、権藤刑事の腕をドスで切り落とすことで追跡から逃れてみせた。そんな中、彼女は精神に異常をきたした兄を養う女・ユキと出会う。そして、士地のヤクザ・鮫島興業と、刑務所時代に敵対した女囚・カツが、ナミの前に現れる。
2018年5月26日 23:59まで配信
2020年1月22日 23:59まで配信©東映

女囚さそり 701号怨み節


鬼平犯科帳”おまさ”梶芽衣子さんの魅力!

1973年 見放題
篠原とおる原作の劇画を梶芽衣子主演で映画化した人気シリーズ第4弾

見どころ
同じ境遇、同じ男に怨みを持つ者同士と知って心を許す。しかし事態はねじれていき、裏切られたという思いがさらなる復讐を生む…。悲しくも救いのない展開に胸を打たれる。
ストーリー
刑務所を脱走した松島ナミだったが、児玉警部の執拗な捜査によって逮捕された。だが護送中の隙を突き、再び脱走する。逃げ込んだヌード劇場で、彼女は元学生運動家・工藤と出会う。彼もまた、壮絶な拷問を与えた児玉警部に復讐の念を抱えていて…。
ここがポイント!
今作では、監督が伊藤俊也から長谷部安春に変わっている。
2018年5月26日 23:59まで配信

2020年1月22日 23:59まで配信

©東映

関連記事:鈴木おさむ初監督作品『ラブ×ドッグ』ネタバレ


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください