ビデオオンデマンド・BS・CS情報

高畑勲追悼「かぐや姫の物語」制作時のドキュメントがWOWOWで再放送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute



アニメ界で物凄い功績を残された高畑勲監督の追悼番組など地上波ではあまり放送とかされていないのは何故なんでしょうか?まぁいろんな事情があるのでしょうかね?それでも今はBS、CSなどもあるのでそちらで視聴する事ができる時代になっているので便利な時代になったと考えるべきなんでしょうかね?

高畑勲追悼「かぐや姫の物語」制作時のドキュメントがWOWOWで再放送

映画ナタリー 2018年4月17日 12:10配信記事より引用

「ノンフィクションW 高畑勲、『かぐや姫の物語』をつくる。ジブリ第7スタジオ、933日の伝説」

4月5日に82歳で死去した高畑勲。その功績をしのび、WOWOWでは4月22日に「ノンフィクションW 高畑勲、『かぐや姫の物語』をつくる。ジブリ第7スタジオ、933日の伝説」を再放送する。

高畑の遺作となった2013年公開作「かぐや姫の物語」。WOWOWは2011年5月からその制作現場を約2年半にわたり取材した。タイトルに含まれる「第7スタジオ」とは、スタジオジブリが本作のために新設したスタジオだ。高畑の持つビジョンはなかなかスタッフに共有されず現場は混乱。公開延期を経て、映画は完成に向け徐々に前進していく。番組では朝倉あき地井武男宮本信子といった俳優が参加したプレスコ方式の収録風景も見ることができる。

ノンフィクションW 高畑勲、「かぐや姫の物語」をつくる。 #1 ジブリ第7スタジオ、933日の伝説

アニメーション映画監督、高畑勲。彼の14年ぶりの作品『かぐや姫の物語』の制作現場を約2年半にわたって長期取材。その制作過程と高畑演出の現場が明らかになる。

2011年5月5日、東日本大震災から間もない頃に取材が始まる。東京都小金井市のスタジオジブリから少し離れて新設されたジブリ第7スタジオには、高畑勲監督の新作『かぐや姫の物語』のためアニメーション界の精鋭が結集し、新しい表現を模索しようとしていた。しかし、高畑のヴィジョンはスタッフたちになかなか共有されず、現場は混乱する。高畑と宮崎両監督によるジブリ2作品の同日公開が発表されるが、制作は遅れに遅れていた。数カ月後『かぐや姫の物語』の公開延期が決定される。絵を描かない高畑はスタッフに語りかけ、指示を書き込み、膨大なコミュニケーションを通して自らのイメージを伝え、映画は完成に向け前進する。また、この映画では、声の演技を先に録音する「プレスコ」方式が採られた。かぐや姫役の朝倉あき、これが映画出演における遺作となった故・地井武男、宮本信子といった名優たちを高畑が緻密に演出してゆく様子も捉える。

放送スケジュール

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください