ビデオオンデマンド・BS・CS情報

地上波で放送できない?作品はネット配信で!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 3 minutes



地上波のテレビ番組はお笑い番組にしても、ドラマにしても規制、規制で面白くないですね。特にドラマで逃走中の犯人(容疑者?)が車で逃走するシーンとかわざわざシートベルトをする。追いかける刑事もシートベルトをする。交通ルールを守るという事なんでしょうが急いでいる時にシートベルトしますか?視聴者だってドラマの流れで見てればわかると思うのですが…こんな規制があるから面白い番組が地上波からなくなってしまうんですかね?

楽しくなければテレビじゃない?



ネットで「野島伸司ドラマ」が支持されるワケ

東洋経済ONLINE 2018年04月07日配信記事より引用

見どころは「佐々木希の濡れ場」だけではない

Netflix、Amazonプライム、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないだろうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

どのサービスに加入すべき?

正直なところ、ネット配信番組の内容がわかるだけでは、有料であるネット動画配信サービスの場合、加入のきっかけになりにくいのかもしれません。4月に入り、無料で視聴できる地上波の新番組が続々と始まっていますし、会員になるために、クレジットカード番号をいざ登録しようとすると、躊躇してしまうこともありそうです。それに、どのプラットフォームを選んだらいいのか比較すればするほど、1つに絞りにくいのかもしれません。価格では配送特典の中で見放題サービスを受けることができるAmazonプライムがひとり勝ちですが、ジャンルが豊富なHulu、作品数では国内最大級のdTV、世界で圧倒的シェアを誇るNetflixにも惹かれます。

そんな「選びたいのに選べない」というときのカギはやはり、おカネを払ってまで見たくなる番組があるかどうかです。そして、「見たい作品が見つかる」きっかけになるのは、好奇心がくすぐられる理由があるとき。今回は、Huluオリジナル『雨が降ると君は優しい』(2017年9月配信開始)をご紹介します。 同作品は、2015年からクオリティ重視のオリジナルドラマ作品を製作し始めたHuluの中で、最も契約者の加入促進につながったものです。主演は玉山鉄二、その妻役が佐々木希。佐々木はこれまでのイメージを脱して大胆な濡れ場を見せ、「セックス依存症の妻」という難しい役どころを演じ切り、「女優としてのステージを上げた」とまで言われているほど。脚本家・野島伸司による「究極の試練の愛」をテーマにした野島ワールド全開のストーリー展開は、たとえ昼ドラを見る感覚で見始めたとしても、単なるエロ&ドロドロ系ドラマに終わりません。

佐々木希がセックス依存症の妻を演じる、Huluオリジナル『雨が降ると君は優しい』(写真:HJホールディングス)

主な登場人物は、新婚夫婦の立木信夫(玉山鉄二)と立木彩(佐々木希)。「のぶちゃん」「あや」と見つめ合って呼び合う、幸せそうな仲の良い夫婦が実は問題を抱えています。性嗜好障害の1つ、「セックス依存症」から抜け出せずにいる妻の姿と、間近で苦悩する夫。この夫婦を取り巻く、奥菜恵、笛木優子、古谷一行、木村多江、陣内孝則ら実力派俳優陣が演じる役もそれぞれ酒や共依存など「心の闇」を持ち、愛と憎しみの波がゆっくり深く、叙情的に繰り返されていきます。切なく、奥深いドラマとして見応えがあります。

それにしても、佐々木の抜擢は意外性があるのかもしれません。昨年4月にお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建との結婚を発表し、奇しくも役と同じ新婚状態。結婚後の出演作品ということで、キャスティングする側としては話題作りになりますが、実際はどのような経緯で決定されたのでしょうか。Huluオリジナルドラマを製作統括する毛利忍エグゼクティブプロデューサーが当時のことを教えてくれました。


話題性を期待する以上にピンとくるものがあった

玉山鉄二の「苦悩の表情」も見どころ(写真:HJホールディングス)

「難しい役なのでどなたにお願いするか、割と難航していたところ、キャスティング会議で佐々木希さんの名前が挙がり、結婚の話は知りませんでしたが、話題性を期待する以上にピンとくるものがありました。事務所もご本人も、女優としてちょうど次のステップを考えているタイミングなのではないかと思いました。オファーさせてもらったら早い段階でお返事をいただけたので、確信しました」(毛利氏)

劇中でも潔く、佐々木が際どい濡れ場のシーンを見せています。一方、役者陣の中で一番悩んでいたのは主演の玉山鉄二だといいます。キャリアを積んできた玉山でさえも「脚本を読んだ段階では、立木信夫の心理が理解できなかった」そうです。衣装合わせの時点になっても「どうしたらいいかわからない」と悩み、役作りのために長時間、制作陣と話し合ったという、そんなエピソードもあるほど。そんな過程を知ると、「玉山が作り出す苦悩の顔が特に女性視聴者から反響を得ている」という事実に納得させられます。見ればきっと、苦悩顔のバリエーションがこれほどにあるのかと、思い知らされることでしょう。

もともとこの作品は、野島氏が温めていた企画だったといいます。地上波も視野に入れていたそうですが、なぜHuluでドラマ化されることになったのでしょうか。

「今の地上波ではコンプライアンス的にも性依存症を扱うことは厳しい状況です。視聴率のうえでも民放を取り巻く環境では実現することが難しいと思います。ネット配信ドラマは、地上波では見ることができない作品を作ることが役割にありますから、日テレグループの制作会社アックスオンからこの企画が上がったとき、作るべきだと即決しました」(毛利氏)


20代女子も『高校教師』をHuluで視聴

『高校教師』や『人間・失格』(いずれもTBS)など1990年代に野島氏と多くのヒット作を一緒に作ってきた、アックスオン所属の松原浩プロデューサーが手掛けていますから、野島ブランドの引き出し方を知っている制作陣によるドラマであることも興味深いところです。

40~50代の野島作品ファン必見の作品であることは間違いないのですが、20代女性にも人気を得ているそうです。5話ぐらいまで劇的な展開は見せず、ゆっくりとしたペースで進み、今どきのダンスやグルメといった演出なども一切ありません。懐かしさを感じる昭和的な作風とも言えるのですが、意外にも若い世代にも刺さっています。「企画から『高校教師』や『聖者の行進』『未成年』が好きだった世代の男女に向けて作っています。宣伝についても、当初は野島世代に向けて集中させるプランでしたが、それが一変したのはHulu内で野島先生の過去作品が20代女性にも視聴されていることがわかったからです。これは発見でした。出演者に佐々木希さんがいたことにより、支持を集めるF1層(20~34歳の女性)をターゲットに宣伝を打ったほうが効果的なのではと戦略を変えました。まずは若い女性に視聴してもらい、そこから幅広い層に広げていくことで成功する方法は、これまで地上波のドラマで立証されています」(毛利氏)

幅広い世代で共有できるドラマが少なくなってしまっている今、話のきっかけを作るうってつけの作品です。「愛を語るうえで、一番の障害は何かと考えたときに、理解し難くハードルの高いセックス依存症にした」という野島氏の言葉を解説できるのは、経験を積み重ねている野島世代のみがなせる業です。リリースからワンテンポ遅れても、『雨が降ると君は優しい』語りを野島世代がリードできるでしょう。Huluで全話配信中です。これから見始めても決して遅くはありません。


雨が降ると君は優しい

雨が降ると君は優しい公式HPより引用

野島伸司が「セックス依存症」を題材に「いま本当に描きたいドラマ」を世に放つ!

映像化不可能と目されていた小説を初実写化した尾野真千子主演のサイコサスペンス『フジコ』(’15)、ハリウッド監督が製作総指揮を務めた渡辺麻友(AKB48)×宮脇咲良(HKT48)のW主演ホラーサスペンス『CROW’S BLOOD』(’16)、そして日米同時配信もされて高評価を得た小栗旬主演のクライムサスペンス『代償』(’16)――。“地上波のドラマでは決して味わえない、刺激的で心に響く物語”を次々と制作して視聴者をうならせてきたHuluが、この秋、最新オリジナル連続ドラマ『雨が降ると君は優しい』を世に放つ! 脚本を務めるのは鬼才・野島伸司。『高校教師』(’93)、『家なき子』(’94)を始め、数多くの衝撃作を生み出して社会現象を巻き起こしてきた野島が、Huluと初タッグを組む!
『雨が降ると君は優しい』は、野島が「本当に描きたいドラマ」を形にするべく、3年もの歳月をかけて丁寧に紡ぎ出した作品だ。この渾身の最新作の題材として野島が選んだのは、“男女の間に横たわる究極のカセ”…地上波作品では描くことが極めて困難な「セックス依存症」!その呼称と症状から好奇の目で見られがちだが、実は「性嗜好障害」という病気の一つで、患者ひとりの力では到底抗えない深刻な心のエラーである。本作で野島は、心から愛し合いながらも“妻のセックス依存症”という究極の試練を与えられた新婚夫婦を中心に、“心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇”を描写した。心のひだをすくい取る繊細さ、胸をえぐる鋭さを、すべてを包み込むような詩的で優しい描写と巧みに共鳴させながら、観る者を、狂おしくも切ない愛の世界へといざなう――。



かつてない何役!玉山鉄二が会いに苦悩する夫を、佐々木希がセックス依存症の妻を熱演

主人公・立木信夫を演じるのは、連続ドラマ『薔薇のない花屋』(’08)以来、野島作品への挑戦は2度目となる玉山鉄二。実力派がひしめきあう30代俳優の中でも、その精細な演技が群を抜く、目が離せない存在だ。NHK連続テレビ小説『マッサン』(’14~’15)では“ストレートな夫婦の純愛”を演じ切り、世の喝采を浴びた。彼が今作では、まったく違う形の純愛を表現する! 玉山が今回演じるのは、一途に愛する妻がセックス依存症だと知り、計り知れない苦悩にさいなまれていく夫。その身を切られるような精神状態、愛という名の両刃の剣の痛みは、玉山をもってしても表現に腐心することは想像に難くない。そんな難役に、覚悟をもって挑む玉山。魂の叫びとも言えるその演技は、確かな愛を求める女性たちの心を捕まえて離さないだろう。
そして、信夫の妻・立木彩を演じるのは、佐々木希。野島作品への挑戦は今回が初となる。今年4月に結婚し新妻となった彼女が、本作でも新婚の妻を演じる! しかも、ただの新妻ではない。今回、彼女に与えられた役どころは…心の底から夫を愛しながらも、不特定多数の男に抱かれずにはいられないセックス依存症の妻!その想像を絶する心理状態を体現するには、深い洞察と理解に基づいた豊かな表現が必要となる。表面的な解釈では太刀打ちできないこの難役を、佐々木はどのようにして自分自身の中に落とし込み、体現していくのか…。初共演となる玉山と痺れるような感情を通わせ合いながら、佐々木は、身も心も捧げる演技で、女優としての新境地を切り拓いていく!※「セックス依存症」という言葉は俗語であり、正式には「性嗜好障害」という病名になります。


陣内孝則、木村多江、古谷一行、奥菜恵、笛木優子ら実力派俳優が集結!上質かつ深慮な”愛と憎しみが交錯する群像劇”を深く繊細な演技で彩る

心から愛し合いながらも“妻のセックス依存症性(性嗜好障害の一つ)”という究極の試練を与えられた新婚夫婦、立木信夫(玉山鉄二)と立木彩(佐々木希)を中心に、“心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇”を切なく鋭く描く『雨が降ると君は優しい』。数々の社会現象を巻き起こしてきた鬼才・野島伸司の最新オリジナルドラマとなる本作は、地上波作品では描くことが困難なそのテーマ性も相まって、早くも大きな話題を呼んでいる。この話題作で玉山と佐々木を囲む主要キャストが、このたび情報解禁となった。なんと、『愛しあってるかい!』(’89年)以来28年ぶりに野島作品に挑む陣内孝則をはじめ、木村多江、古谷一行(特別出演)、奥菜恵、笛木優子ら豪華出演者が集結! “上質かつ深遠な大人の群像劇”である本作にふさわしい、十全なキャリアと実力を誇る顔ぶれだ。本作で、陣内は、アルコール依存に陥った文芸誌の編集長・倉田和馬を、木村は、倉田と依存症の治療を発端に恋人関係にあって彩のカウンセリングを担当する臨床心理士・小早川志保を、奥菜は、公私ともに親しい関係にある信夫と彩にも言えない秘密を抱えるファッション誌編集長・新城玲子を、笛木は、最後に視聴者をあっと驚かせる謎めいた流行作家・雫石奈美を、そして古谷は、女性編集者を次々と食い物にしてきたと噂される怪しげな大物作家・小野田史郎を演じる。いずれも一筋縄ではいかない役どころだ。彼らは皆その感性を研ぎ澄まさせ、繊細かつ深みある演技で、“人には言えない秘密や心の闇を抱えた男女”を見事に立体化! 彼らの存在によって、物語が進むにつれ奥行きを増していく大人の群像劇から目が離せない!
信夫と彩の夫婦を取り巻く個性的な登場人物たちによって、物語は、予想しえない衝撃の展開へと深化していく。
すべてのキャストが複雑に絡み合い、愛と憎しみが交錯する野島伸司ワールドとなって炸裂する!


関連記事:やっぱりルパンは大人のアニメ?!

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください