お節介オヤジの呟き

多くの仮想通貨が値下がり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute



仮想通貨についてこれから取引を始めようと色々と調べているのですが、変動のふり幅が非常に大きいですよね。今、値下がりをしているので”買い時”なのか?それとももう少し待った方が良いのか非常に迷ってます。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

ビットコイン価格 一時100万円を下回る

NHK NEWSWEB 2月1日 23時44分配信記事より引用

インターネット上の大手取引所から多額の仮想通貨が流出した問題などを背景に、1日の仮想通貨の取り引きでは売り注文が膨らみ、代表格のビットコインの価格が一時100万円を下回りました。

仮想通貨の大手取引所「ビットフライヤー」によりますと、1日の取り引きで幅広い種類の仮想通貨に売り注文が広がり、代表格のビットコインは一時、1ビットコイン当たり100万円を下回りました。
ビットコインは去年1年間でおよそ20倍に値上がりし、去年12月に220万円という最高値をつけました。
このため投機の過熱を指摘する声が高まっていましたが、このところ価格の下落が続き、半分以下に落ち込んだことになります。

値下がりの背景として専門家は、国内の大手取引所で多額の仮想通貨が流出する問題が起きたことに加え、世界各国で今後、仮想通貨の規制を強化する動きが強まることを懸念して、投資家が買い注文を控えていると指摘しています。
専門家は「仮想通貨は適正な価格の裏付けはなく、取り引きする場合は価格が乱高下するリスクに注意が必要だ」としています。


多くの仮想通貨が値下がり 時価総額は1週間で24%減少

NHK NEWSWEB 2月2日 16時10分配信記事より引用

大手取引所の「コインチェック」が不正なアクセスを受けて「NEM」と呼ばれる仮想通貨が大量に流出した問題をきっかけに、このところ多くの仮想通貨が値下がりしていて、全体の時価総額は、この1週間で24%減少しています。

NEMを扱っている仮想通貨の取引所「Zaif」によりますと、NEMの1単位当たりの価格は2日の午前中に一時、55円を割り込みました。
コインチェックからの流出が起きる前は100円前後で取り引きされていて、NEMはこの1週間で半分近くに値下がりした形です。

このほか、仮想通貨の代表格とされるビットコインも、国内の大手取引所での価格が午前中に一時、1ビットコイン当たり90万円を下回り、この1週間で30%程度下落するなど、流出問題をきっかけに多くの仮想通貨が値下がりしています。

この結果、仮想通貨の情報サイト「コインマーケットキャップ」によりますと、仮想通貨全体の時価総額は、2日の正午時点で46兆円余りと、この1週間でおよそ15兆円、率にして24%減少し、過去最大だった先月上旬のおよそ92兆円から半分になっています。

専門家は「去年は多くの仮想通貨が投機的に値上がりした。しかしこのところは各国で規制が強化されることへの懸念が出ている上、今回の流出問題で取引所のセキュリティーの課題も浮かび上がり、大幅な値下がりを招いている」としています。




関連記事:熱狂ビットコイン パーティは終焉へ


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください