お節介オヤジの呟き

仮想通貨はビットコイン以外にもたくさん!アルトコインについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



仮想通貨の取引って株取引とかと違って種類が多くて未だによく分かりません。乗るべきかやめるべきかその判断もなかなかできません。

仮想通貨はビットコイン以外にもたくさん!アルトコインについて

広がる仮想通貨

仮想通貨は広がりつつあり、使い道も拡大しています。投資としての仮想通貨だけでなく、ショッピングや日常生活でも使えるようになりつつあるのです。しかし、仮想通貨と言えばビットコインのイメージが強いです。実際に仮想通貨におけるビットコインのシェアは、非常に大きいのが現状となっています。そのため、仮想通貨の話題になるとビットコインに繋がってしまうのです。しかし、仮想通貨の種類は世界で1000種類を超えていると言われています。そして、ビットコイン以外の仮想通貨のことはアルトコインと呼ばれているのです。



 

アルトコインとは?

アルトコインはAlternative Coinの略称であり、直訳すると「代わるコイン」という意味になります。これは、ビットコインに代わるという意味であり、アルトコイン=ビットコイン以外の仮想通貨ということになるのです。アルトコインの種類は1000を超えているとされているが、価値がない仮想通貨もあるのが現状となっています。そのため、実際にアルトコインをトレードしたり、取引したりすることができる種類はもっと少ないのです。アルトコインの有名どころとしては、イーサリアムやリップル、ライトコインなどがあります。



アルトコインはどんな仮想通貨?

アルトコインのほとんどはビットコインを基にした仮想通貨であり、さほどビットコインと変わりがありません。なかには、ビットコインよりも高性能のシステムを採用しているアルトコインもあります。しかし、基本的にはビットコインに比べると知名度が低いため価格が低いです。また、「知名度が低い=売買をする人が少ない」という構図になるため、流動性が低いという特徴もあります。

アルトコインは長期投資

仮想通貨を投資として考えている人の中には、アルトコインへの投資を中心に行っている人もいます。アルトコインは知名度が低いため、流動性も低いという特徴があります。しかし、将来的には知名度が向上して価値が高くなっていく可能性があるのです。ビットコインも当初は1BTCが約0.07円だったのです。それが現在では1BTC何十万円もの価値があるのです。このように、知名度が高くなり注目されることで価値が大きく跳ね上がる可能性があります。そのため、知名度が低い間に有望なアルトコインに投資して、注目されるまで長期にわたり投資するという選択肢があるのです。


アルトコインにもリスクがある

仮想通貨で忘れてはいけないのが、絶対に利益が出るという確証はないということです。これはアルトコインだけでなく、ビットコインにも通じることです。どんな仮想通貨も価値が暴落することや、取引所が閉鎖されたりするリスクがあります。しかも、アルトコインは知名度も低いので詐欺に利用する悪人もいるのが現状です。そのため、アルトコインで投資をする際には取引所の信頼性の確認やリスクの分散などを行っておくべきです。仮想通貨=ビットコインではなく、アルトコインにも注目してみてください。


関連記事:ビットコインから見る仮想通貨の魅力について考える


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




 

スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください