iPhone・MVNO

進化が止まらないiPhoneの「メモ」、書類や音声もとりあえず保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: 2 minutes



“iPhone”や”スマートフォン”にデフォルトでついている機能を使いこなせていない。これは高齢者だけでなく頻繁に使っているいる皆さんも使っていない機能があったりしませんか?これを書いているお節介オヤジも”iPhone”の基本機能と言うかアプリを半分も使っていないのが事実ですね。

目指せ!合計-8cmやせる体験【エルセーヌ】

進化が止まらないiPhoneの「メモ」、書類や音声もとりあえず保存

ITPRO あなたが知らないiPhone 伊藤 朝輝=ライター/システムエンジニア より引用

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)

ビジネスでもプライベートでも必携のツールとなりつつあるiPhone。この連載では、長く使っている人でも気付いていない、iPhone標準の機能や、標準アプリの知られざる便利機能を紹介する。

当初はテキストのちょっとしたメモ情報しか扱えないシンプルなアプリだったiPhone標準の「メモ」アプリ。実は多機能なデジタルノートアプリに進化しているのをご存じだろうか。 手書きのメモはもちろん、写真や動画、音声、Webページのリンク、マップ情報など、さまざまな形式の情報を保存しておけるようになっている。この「メモ」を活用する方法を探っていこう。

 

紙の書類をスキャンしてメモに保存しよう

「メモ」を起動してキーボード上部にある「+」をタップするとこの画面になるので「書類をスキャン」をタップしよう

まずは「メモ」の多機能ぶりを表す「書類をスキャン」機能を紹介したい。最新のiOS 11で追加されたこの機能を使うと、紙の書類をiPhoneのカメラでスキャンし、メモに保存できる。

カメラで捉えた書類の形を自動的に認識し、斜めの角度から撮影しても正面から撮影したように取り込んでくれる補正機能付きだ。書類を撮影した時に写り込んだiPhoneの影、照明の反射を自動的に取り除く機能も優秀。きれいで読みやすく取り込めるので、書類を写真に撮って保存していた人にもお勧めしたい方法だ。

こうした機能は、サードパーティー製のドキュメントスキャナアプリを愛用しているユーザーにはお馴染みかもしれない。「メモ」がサポートしたおかげで、わざわざアプリを探してインストールしなくても使えるようになった。名刺やレシート、手書きのメモなども手軽にiPhoneに取り込めるので、誰にとっても利用価値は高いだろう。

書類をスキャンするには、画面のキーボード上部にある「+」をタップして表示されるメニューから「書類をスキャン」を選ぶ。画面にキーボードが表示されていない場合は、画面下部の「+」をタップしよう。

カメラの画面になるので、取り込みたい書類全体が入る位置に構えて安定させると、書類を自動的に認識してシャッターが切れる。画面右上に「自動」と表示されている状態なら、そのまま別の書類を写せば連続で取り込める。

 

カメラで書類を捉えると認識したことを示す黄色い枠が現れ、自動的にシャッターを切る。書類の取り込みが終わったら画面右下の「保存」をタップ

「自動」をタップして「手動」に切り替えた場合は、シャッターボタンを自分で切らなければならないが、その後トリミング枠が表示されるので、書類の一部のみを取り込むこともできる。会議で使ったホワイトボードの記録用に「書類をスキャン」を使う場合は、手動の設定で分割して取り込む方法がお勧めだ。

書類の取り込みが終わったら画面右下の「保存」をタップしよう。

取り込んだ書類はメモのページに貼り付いた状態で保存され、タップするとiPhoneの画面全体で確認できる。この状態で共有ボタン(四角から矢印が上に出ているアイコン)をタップすると書類をメールやメッセージで送ったり、PDFファイルとして書き出したりできる。

ここまでできるのに、「なぜ?」と思える残念な点もある。文字データへの変換、いわゆるOCR(Optical Character Recognition)機能が無いことだ。

書類内のテキストを検索することもできない。これらの用途なら、サードパーティー製のドキュメントスキャナアプリや「Evernote」のようなOCR機能搭載のノートアプリの方が優秀だ。

 

 

メモ上の書類をタップするとiPhoneの画面全体で確認できる。1度に取り込んだ複数枚の書類は1つの書類として扱えるので都合が良い

 

書類を表示した状態で「共有」ボタンをタップし表示されたメニューからメールに添付したり、PDF形式で書き出したりできる

とりあえずメモに保存しておけばいい

キーボード上のメニューから表や写真、チェックリストなどを追加できる。異なるフォーマットのデータを混在させられるので関連情報をまとめておくにも都合が良い

 メモというと、覚書のように短い文章を記録していくもの、と考えがちだ。しかしiPhoneの「メモ」は、様々なデータを保存しておけるので、情報を集約させる場所としても便利だ。1つのページにいくつものデータを混在させ、関連情報をまとめておくのに都合が良い。

キーボード上のメニューからは、表、チェックリスト、手書きメモ、写真を追加できる。前述のように、スキャンした書類を追加するのもよいだろう。

入力したテキストにスタイルを設定して強調したり、箇条書きに変更したりなど、見た目を整えることも可能だ。

情報を「メモ」に集約させておけば、記録した覚えがあるのにどこに保存したのか分からないということは少なくなるはずだ。

 

 

 

 

ボイスメモも「メモ」にまとめておく

他のアプリからでも、共有機能で様々なデータを「メモ」に保存できる。図は「ボイスメモ」で録音した音声を「メモ」に保存し、コメントと写真を追加した例

 「メモ」は、他のアプリと連携させるとさらに活用の幅が広がる。例えば「マップ」アプリで検索した場所や経路、「Safari」で開いたWebページのリンクは、標準の「ボイスメモ」の録音をメモに保存しておくことも可能だ。

各アプリの「共有」ボタンをタップして表示されるメニューで、「メモに追加」をタップすればよい。新規のメモを作成するか、既存のメモに追加するかを選んで保存する。これで「メモ」内にバナーとして貼り付く形で保存できる。

会議の音声を「ボイスメモ」で録音したときに困るのが、音声にタイトルしか情報を追加できない点だ。でも「メモ」に保存しておけば、コメントや議事のメモなども加えられるようになる。ホワイトボードを撮影した写真を、同じメモのページに貼り付けておくといった活用方法もあるだろう。

筆者がiPhoneの「メモ」を活用し始めたのは、「Evernote」の無料プランで同期できる端末数が2台に制限されたときだ。iPhoneの「メモ」もちょうどそのタイミングで多機能になり、「共有」機能もサポートした。

もちろん「Evernote」と「メモ」は目指すところが違うので、完全に置き換えることはできないのだが、やってみると意外に「メモ」で済む内容もあった。

何より標準アプリなので、iPhoneをバックアップさえしておけば、「メモ」の内容も自動的にバックアップされ復元も簡単なところが良い。安心感から、「メモ」を使う機会が増えてきた。個人的には、次に「タグ」機能を搭載してほしいと思っている。

 

 

関連記事:寒冷地での不具合なるは本当だった?「iPhone X」画面の問題修正


最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください