iPhone・MVNO

スマホで確定申告可能に 国税庁、iPhone非対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Reading Time: < 1 minute



今年?実際には来年ですが確定申告はしますが、iPhoneで申告書類を作る気はありませんが、何故か?スマホで確定申告が可能になるのにiPhoneは対応しないみたいです。何ででしょうか?理由を詳しく知りたいです。 スマホで確定申告可能に 国税庁、iPhone非対応

2017/11/1 10:00 日本経済新聞 電子版より引用

国税庁は2019年1月から、スマートフォン(スマホ)を使って確定申告ができるようにする。本人確認に使うマイナンバーカードと、このカードの情報を読み取れる機能がついたスマホの普及を見据え、現在の申告システムを刷新する。副業の広がりで確定申告が必要な人が増えていることを踏まえ、税務申告と納税をしやすい環境を整える。

スマホでマイナンバーカードを読み取り、電子証明書を取得することでネット上で申告できるようにする。国税庁はスマホ申告用の申告書作成ページを開設。スマホの操作だけで確定申告ができるようにする。

これまでもスマホから国税庁のホームページにアクセスすると、所得税などの申告書を作成できたが、そのデータを自宅などで紙に印刷して税務署などに提出する必要があった。本人を特定するデータの「電子証明書」がないためスマホで申告を完結できず、使い勝手が悪かった。

現在、マイナンバーカードの読み取り機能があるスマホは十数機種。米アップルのiPhoneは対応していない。マイナンバーカードも普及率は10%にも満たない。国税庁や総務省はカード読み取りができるスマホの普及をメーカーに求めていく。

スマホ申告はスウェーデンやエストニアなどが導入済みで、政府税制調査会(首相の諮問機関)でも導入が議論されていた。働き方が多様化することで申告が必要になる人も増えるとみられ、申告・納税しやすい環境づくりを急いでいる。

関連記事:大混乱のiPhone X予約 守られなかったアップルブランドの約束

最短4分で広告を掲載できる『忍者AdMax』
にほんブログ村 40代の恋愛
にほんブログ村 40代の転職・転職活動
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ




スポンサー

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください